大分の矯正歯科治療は新港イトセ歯科へお任せください

menu

大分の矯正歯科なら新港イトセ歯科

TAGインビザライン

抜歯を伴う難症例

上下顎前突をインビザラインを使用する治療する症例(抜歯を伴う難症例)

インビザラインは従来非抜歯用の矯正装置として普及してきましたが最近では多くの抜歯症例が報告されており世界的に最新のスキームとして広く使用されるようになってきております。 抜歯を伴う大きな移動はそれなりの技術とインビザラインの経…

抜歯を必要とするインビザライン治療

矯正はやりたいけれどなるべく他人にわからないように見えないようにやって欲しいというご要望が最近多くなりました。当院では以前は裏側矯正(舌側矯正)で行うことが多かったのですが最近はインビザランによるマウスピース矯正で行うことがほとんどです。 …

反対咬合のインビザライン症例

現在インビザラインで治療中の患者さんです。 しばらく裏側矯正を行っておりましたが出産で他県へしばらく帰るため通院が1定期間困難になったり、ライフスタイルの変化に伴い事情が変わるということは少なくありません。矯正治療は長期にわたるためそ…

杵築市からのインビザラインの患者様

上顎前突の抜歯症例 インビザライン治療

杵築よりインビザラインの治療のため当院に通院中の患者さんです。 最初は裏側矯正を行っておりましたがインビザラインへの装置へ変更を希望されましたので現在はインビザライン治療を進めております。インビザラインは従来抜歯の必要ない軽度な症例に…

反対咬合(受け口)の非抜歯でのインビザライン

現在治療途中ですが今回は反対咬合の治療を希望され半年ほど前に大分市より当院へ来院された患者さんの治療紹介です。 歯列矯正治療を行うにあたり出来る限り歯を抜きたくないとのご希望がありましたので抜歯した場合と非抜歯で治療した場合の違いを詳…

大分のマウスピース矯正治療

大分県のマウスピース矯正

大分県のマウスピース矯正(インビザライン矯正) 「歯列矯正」と聞くと想像するのは、歯の前面に金属の銀色のブラケットや白いブラケットなどの装置を取り付けて、そこにワイヤーをとめて歯並びを治療するものではないでしょうか。「歯並びは治したいけれ…

インビザライン開咬症例

インビザライン開咬症例

今回は開咬のケースをインビザラインで治療した症例のご紹介となります。 開咬(オープンバイト)とは奥歯が噛んでいるにもかかわらず上下の前歯が接触しておらず全然噛んでいない状態のことです。開咬の問題点は前歯で食べ物が噛み切れないことや発音に支…

インビザラインとワイヤーを併用した症例のイメージ画像

インビザラインとワイヤーを併用した症例

上下そうせいと2級不正咬合をワイヤーとインビザラインを併用した矯正治療中の症例 治療前は前歯を治療したいとのことで来院されましたが奥歯のかみ合わせが不正咬合であることをお伝えし上下全顎的に治療してきた症例です。上顎小臼歯を2本と下顎小臼歯…

インビザラインの症例3

狭窄歯列弓と上顎前突症(出っ歯)

奥歯が内側に入り込み前歯が突出する状態を狭窄歯列弓といい外側への拡大が必要となります。 今回は上顎の左右4番と下顎の左右5番を抜歯しスペースを獲得し上顎前歯の後方移動を行いました。装置はセラミックブラケットによる表側矯正でワイヤー…

インビザラインの症例

高度のそう生と開咬の症例

歯並びの改善を希望されて来院された患者さんです。 開咬があるので発音もしにくい状態で審美性の改善と発音の改善を目標に矯正治療を開始しました。 ◇初診時 上顎の歯列弓が狭窄しているので側方拡大し上下左右の5番目の歯を抜歯しました…

さらに記事を表示する

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031