大分県で上下顎前突でお悩みの方は別府市の矯正歯科、新港イトセ歯科へ

上下顎前突(上下の前歯が出ている)

まずは動画にて歯が動いていく
過程をご確認ください。

step.01 /初診時

上下の前歯がかなり前突しており前歯に押されて上下の口唇も突出しており抜歯を伴う矯正治療を行います。 そう生も見られますので歯並びの改善と前歯の後退が目標になります。 前歯を大きく後退させたいので抜歯スペースを有効に利用するため奥歯がなるべく前に来ないように固定源にします。 インビザラインマウスピースを使用し8ヶ月で治療を終えらる計画を作成しました。

上下顎前突の初診時

step.02 /3ヵ月後

上下とも前歯部を同時に後方移動し抜歯したスペースを閉鎖している段階です。 前方にスペースができたらそうせいを改善しつつ前歯の後方移動が開始されます

上下顎前突の3カ月後

step.03 /6ヵ月後

前歯部分を中心に後方移動を継続し6ヶ月が経過しこの時点でインビザラインマウスピースは18個使用しています。 抜歯スペースはわずかとなり前歯のそうせいはほぼなくなり前突感のある前歯の傾斜も少なくなっております。

上下顎前突の6カ月後

step.04 /8ヵ月後

抜歯スペースが全てなくなり前歯の後方移動も終了したところです。上下とも前歯の突出感がなくなりそれに伴う口唇の突出感もなくなります。トータルで10mmほど前歯を後退させているので顔貌の変化も期待できます。

上下顎前突の8カ月後

<< 症例別の治療法一覧に戻る
  • インビザラインi7 25~30万円(税込)
  • インビザラインライト40~60万円(税込)
  • インビザライン   70~90万円(税込)
  • ※矯正治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は1~3年、治療回数は10~20回程度です。
  • ※治療終了後は後戻り防止のため保定を2年間程度行う必要があります。

Doctor’s コラム

2021/2/27
ブラケット矯正とマウスピース矯正の違い
歯列矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法がありますが、矯正装置がそれぞれ異なるため、治療方法やメリット・デメリットも違います。
2021/1/13
矯正治療中に注意が必要な食べ物
一般的なブラケット矯正の場合、治療期間中は装置を外すことができないので、食事の際は注意が必要になります。
2020/12/27
侵襲性歯周炎とは??
10代や20代の若い年齢の方に発症して急速に進行して重症化すること歯周病があるのです。この歯周病を「侵襲性歯周炎」といい、別名「若年性歯周炎」とも呼ばれます。
2020/12/15
だらだらと時間をかける食事は虫歯の原因?
虫歯は、歯が虫歯菌に溶かされてしまうことで引き起こされるのですが、虫歯になる要因の一つとして、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられるのです。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング