大分県で受け口でお悩みの方は別府市の矯正歯科、新港イトセ歯科へ

下顎前突(受け口)

まずは動画にて歯が動いていく
過程をご確認ください。

step.01 /初診時

下顎が前に出ていて受け口の症例です。上顎前歯は歯並びが悪くそう生の改善が必要です。 上の左右2番目の前歯は下の左右の2番目の歯よりも舌側(内側)に入っており審美的に問題が見られます。 奥歯も6番目の歯が所定の位置より前方にでてきており3級不正咬合となります。 矯正治療に際して抜歯はしたくないとのことでしたので非抜歯でインビザラインの治療となります。 下顎前突(反対咬合)の状態も比較的軽度ですので非抜歯での治療が可能となりました。

受け口の初診時

step.02 /3ヵ月後

下顎の奥歯を遠心方向(後方)に移動し下の前歯が後方移動できるためのスペースを作っています。 前歯はまだ動いてません。

受け口の3カ月後

step.03 /6ヵ月後

下顎の奥歯の遠心移動(後方移動)が終わりその前の4番目と5番目の遠心移動(後方移動)が行われています。 下顎の前歯の両側犬歯(3番目の歯)の後ろにスペースができてきております。上顎はそう生の改善が進んでおります

受け口の6カ月後

step.04 /9ヵ月後

下顎の前歯の内側への移動が進み下顎前突の状態は完全に解消された状態です。 奥歯も1級正常咬合をほぼ達成しております

受け口の9カ月後

step.04 /11ヵ月後

前歯のトルクコントロールが終了し奥歯の緊密なかみ合わせを獲得し完成となります。 抜歯しての治療と比較し大幅に治療期間を短縮しております。

受け口の11カ月後

<< 症例別の治療法一覧に戻る
  • インビザラインi7 25~30万円(税込)
  • インビザラインライト40~60万円(税込)
  • インビザライン   70~90万円(税込)
  • ※矯正治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は1~3年、治療回数は10~20回程度です。
  • ※治療終了後は後戻り防止のため保定を2年間程度行う必要があります。

Doctor’s コラム

2020/9/3
親知らずは抜くべき?
親知らずとは、永久歯の中で一番最後に生えてくる歯です。親知らずが生えてくる時期は個人差がありますが、10代後半から20歳前後に生えるのが一般的といわれています。親知らずの影響についてご説明いたします。
2020/8/22
目立ちにくい歯列矯正治療とは
目立ちにくい矯正装置を使用した治療を選択することで、周囲に矯正治療をしていることが気づかれにくくなるため、口元を気にすることなく歯列を整えることができるのです。
2020/8/11
虫歯は遺伝するの?
虫歯の原因菌は、「ミュータンス菌」という細菌です。この菌が食べ物に含まれる糖を栄養源として酸を出し、その酸によって歯のエナメル質を溶かしていきます(脱灰)。はたして虫歯は遺伝するのでしょうか。
2020/7/29
虫歯が痛くなくなった場合は要注意
基本的に虫歯は初期の虫歯の状態を除いて自然に治ることはありません。反対に虫歯が痛くなくなった場合は、虫歯がさらに悪化しているということなので注意が必要です。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング