大分県で受け口でお悩みの方は別府市の矯正歯科、新港イトセ歯科へ

下顎前突(受け口)

まずは動画にて歯が動いていく
過程をご確認ください。

step.01 /初診時

下顎が前に出ていて受け口の症例です。上顎前歯は歯並びが悪くそう生の改善が必要です。 上の左右2番目の前歯は下の左右の2番目の歯よりも舌側(内側)に入っており審美的に問題が見られます。 奥歯も6番目の歯が所定の位置より前方にでてきており3級不正咬合となります。 矯正治療に際して抜歯はしたくないとのことでしたので非抜歯でインビザラインの治療となります。 下顎前突(反対咬合)の状態も比較的軽度ですので非抜歯での治療が可能となりました。

受け口の初診時

step.02 /3ヵ月後

下顎の奥歯を遠心方向(後方)に移動し下の前歯が後方移動できるためのスペースを作っています。 前歯はまだ動いてません。

受け口の3カ月後

step.03 /6ヵ月後

下顎の奥歯の遠心移動(後方移動)が終わりその前の4番目と5番目の遠心移動(後方移動)が行われています。 下顎の前歯の両側犬歯(3番目の歯)の後ろにスペースができてきております。上顎はそう生の改善が進んでおります

受け口の6カ月後

step.04 /9ヵ月後

下顎の前歯の内側への移動が進み下顎前突の状態は完全に解消された状態です。 奥歯も1級正常咬合をほぼ達成しております

受け口の9カ月後

step.04 /11ヵ月後

前歯のトルクコントロールが終了し奥歯の緊密なかみ合わせを獲得し完成となります。 抜歯しての治療と比較し大幅に治療期間を短縮しております。

受け口の11カ月後

<< 症例別の治療法一覧に戻る
  • インビザラインi7 25~30万円(税込)
  • インビザラインライト40~60万円(税込)
  • インビザライン   70~90万円(税込)
  • ※矯正治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は1~3年、治療回数は10~20回程度です。
  • ※治療終了後は後戻り防止のため保定を2年間程度行う必要があります。

Doctor’s コラム

2021/2/27
ブラケット矯正とマウスピース矯正の違い
歯列矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法がありますが、矯正装置がそれぞれ異なるため、治療方法やメリット・デメリットも違います。
2021/1/13
矯正治療中に注意が必要な食べ物
一般的なブラケット矯正の場合、治療期間中は装置を外すことができないので、食事の際は注意が必要になります。
2020/12/27
侵襲性歯周炎とは??
10代や20代の若い年齢の方に発症して急速に進行して重症化すること歯周病があるのです。この歯周病を「侵襲性歯周炎」といい、別名「若年性歯周炎」とも呼ばれます。
2020/12/15
だらだらと時間をかける食事は虫歯の原因?
虫歯は、歯が虫歯菌に溶かされてしまうことで引き起こされるのですが、虫歯になる要因の一つとして、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられるのです。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング