大分県で開咬でお悩みの方は別府市の矯正歯科、新港イトセ歯科へ

開咬(オープンバイト)

まずは動画にて歯が動いていく
過程をご確認ください。

step.01 /初診時

開咬とは奥歯が噛んでいて前歯が噛んでいないいつも口が開いたような状態です。前歯で食事もできず発音にも支障があります。今回は前歯に高度のそう生もみられるため通常より多くのインビザラインマウスピースを使用し長い治療期間を要します。治療は上下左右の5番目の歯を抜歯し上下の前歯を後方に移動し前歯を噛ませ、そう生も改善するというものになります。

開咬の初診時

step.02 /6ヵ月後

5番目の歯を抜歯したため4番目の歯を後方移動し6番目の歯を前方に移動しております。抜歯スペースを効率的にかつ計算どおりに閉鎖していきます。インビザラインマスピースは10日に一度の交換ですので6ヶ月で18個のインビザラインマウスピースを使用しております。

開咬の6カ月後

step.03 /9ヵ月後

抜歯スペースがほぼ閉鎖しこれから前歯の移動が開始されます。6番目の歯の後ろにスペースが残っておりますのでこれから7番目の歯を前方に移動します。

開咬の9カ月後

step.04 /12ヵ月後

6番目の歯の後ろに残されたスペースも閉鎖し前歯のそう生も大幅に改善されてきております。上下の前歯の上下的かつ前後的な位置関係が整いつつあります。ここまでインビザラインマウスピースは36個使用することになります。

開咬の12カ月後

step.05 /15ヵ月後

上下の前歯のかぶさりが改善されそう生もなくなりました。 奥歯も1級正常咬合でかみ合わせの状態も良好。

開咬の15カ月後

<< 症例別の治療法一覧に戻る
  • インビザラインi7 25~30万円(税込)
  • インビザラインライト40~60万円(税込)
  • インビザライン   70~90万円(税込)
  • ※矯正治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は1~3年、治療回数は10~20回程度です。
  • ※治療終了後は後戻り防止のため保定を2年間程度行う必要があります。

Doctor’s コラム

2021/1/13
矯正治療中に注意が必要な食べ物
一般的なブラケット矯正の場合、治療期間中は装置を外すことができないので、食事の際は注意が必要になります。
2020/12/27
侵襲性歯周炎とは??
10代や20代の若い年齢の方に発症して急速に進行して重症化すること歯周病があるのです。この歯周病を「侵襲性歯周炎」といい、別名「若年性歯周炎」とも呼ばれます。
2020/12/15
だらだらと時間をかける食事は虫歯の原因?
虫歯は、歯が虫歯菌に溶かされてしまうことで引き起こされるのですが、虫歯になる要因の一つとして、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられるのです。
2020/11/30
矯正治療における痛みの原因
矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法があり、症状や装置によって痛みの度合いが変わります。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング