アデノイド顔貌の特徴と治療法|大分県別府市の矯正歯科

アデノイド顔貌の特徴と治療法

アデノイド顔貌とは

アデノイドとは、鼻腔の奥にあるリンパ組織のことで「咽頭扁桃」とも呼ばれます。アデノイド顔貌とは、ウイルスや細菌から身を守るための免疫機能が過剰に作用することで、アデノイドが肥大してしまうことでみられる特有の顔つきのことをいいます。 アデノイド顔貌は、子供の頃からの口呼吸が癖になっている方に多く見られるとされており、鼻呼吸ができないことから、口呼吸になってしまうことで口内に侵入する細菌やウイルスの数が増えてしまうため、アデノイドが肥大してしまうと考えられています。

また、口呼吸をしていると口周りの筋肉が緩んでしまい、前歯に舌の力がかかるようになるため、前歯が前方に押し出され、出っ歯(上顎前突)になってしまう場合が多いです。さらに、アデノイド顔貌の中で最も危険な症状といえる、眠っている間に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」を発症することもあります。顔の筋肉の緩みによって、舌根沈下が起こり気道が塞がれてしまうため、呼吸が止まってしまうのです。他にも、耳管の開口部を圧迫してしまうことで開口部が塞がれしまい、中耳(鼓膜より奥の部分)に溜まった滲出液が排出されなくなることで、鼻と耳を繋ぐ耳管の開口部に位置するアデノイドが腫れてしまい、「急性中耳炎」や「滲出性中耳炎」になりやすくなります。

アデノイド顔貌の特徴

下顎が小さい

アデノイド顔貌の特徴として、下顎が小さいことが挙げられます。また、ほとんど下顎がない状態も珍しくありません。口呼吸が習慣化することで、下顎の発達が悪くなることが主な原因です。

下顎が引っ込んでいる

アデノイド顔貌の方は、口呼吸のため常に口を小さく開けていることで、口周りの筋肉が衰えていきます。それによって下顎が発達せず、下顎が小さく後退している傾向にあります。

顔が面長になる

アデノイド顔貌の特徴として、口呼吸によって顔の筋肉が緩んでしまい、顔が引っ張られてしまうことで面長の輪郭になることが多いです。

下唇が厚い

下顎が小さいと、下唇が下に引き伸ばされたような状態になります。そのため、下唇が厚く見えるという特徴があります。さらに、口呼吸は唇を自然に前に突き出す呼吸法なので、下唇がめくれているような状態になる方も少なくありません。下唇がめくれてしまうことで、唇が乾燥していることも多いです。

いびきをかきやすい

アデノイドが肥大すると、鼻を後ろ側から塞ぐことになるため、鼻汁が溜まりやすくなります。人は就寝時に鼻呼吸をしていますが、鼻の通りが悪いために口呼吸になってしまうことで、舌が喉の奥に落ち込み気道が狭くなるため、いびきをかきやすくなります。

アデノイド顔貌の治療法

口呼吸を鼻呼吸に変える

アデノイド肥大の原因は口呼吸にあるため、口呼吸を鼻呼吸に変えることが重要です。口呼吸は、口周りの筋肉の緩む原因となり、それによって不正咬合などの悪影響を及ぼしてしまいます。そのため、まずは口呼吸から意識的に鼻呼吸へと変えていくことが大切です。口呼吸を止めるために、鼻呼吸を促すためのマスクや、口を閉じるためのテープなどを使用することも効果的です。これらは薬局などで購入できます。

アデノイド肥大を治療する

アデノイド肥大が続いている場合は、鼻呼吸がしにくいため、どうしても口呼吸になってしまいがちです。そのため、アデノイド肥大を治療して鼻の気道を確保すれば鼻呼吸がしやすくなるので、アデノイド顔貌の改善が期待ができます。アデノイド肥大の治療法は、抗生剤や消炎剤を服用かアデノイドの切除手術になります。アデノイド肥大は、アデノイドに炎症が起こっている状態ですので、抗生剤や消炎剤を服用することで、アデノイドの炎症に効果的です。
アデノイド肥大が慢性化しており、睡眠時無呼吸症候群などの悪影響がでてきている場合には、アデノイドの切除手術も考慮されます。アデノイドを切除することで、根本的に問題を解決することができますが、この手術は歯科医院では対応できないため、耳鼻咽喉科などの専門の医療機関で診てもらうようにしましょう。

歯列矯正治療

歯列矯正治療がアデノイド肥大の改善に効果的な場合があります。口呼吸が原因で出っ歯になってしまった場合、矯正治療によって歯並びを改善することで、呼吸法を口呼吸から鼻呼吸へと促していきます。歯列矯正治療は、2~3年程度の期間をかけて治療するため、治療期間と費用はかかりますが、噛み合わせに問題が起きやすいアデノイド顔貌の方には、見た目と噛み合わせを同時に改善できる治療法です。

顎骨体移動治療

歯列矯正治療では治らない場合、顎骨体移動治療と呼ばれる治療をおこないます。骨格を修正する外科手術で、「上顎骨体移動術」、「下顎骨体移動術」、「上下顎骨体移動術」、「上下顎分節骨切り術」などがあります。

上顎骨体移動術は、上顎が前に突き出ている場合におこなう外科手術で、上顎の前から4番目の歯を抜歯し、そのスペースの分だけ上顎を奥に引っ込める術式です。手術は全身麻酔でおこない、数時間で終わることがほとんどですが、手術のために数日の入院が必要です。

下顎骨体移動術は、受け口などの下顎が突出している場合や、噛み合せ全体が反対咬合になっている際におこなう術式です。下顎の前から4本目の歯を抜歯して、そのスペースの分だけ顎を引っ込めます。手術時間は全身麻酔でおこない、数時間で終わりますが、2~3日の入院が必要です。

上下顎骨体移動術は、上下の顎が前に突出している場合に、上下の顎を引っ込める術式です。その他の手術と同じく、全身麻酔でおこない数時間で終わり、2~3日は入院が必要になります。 上下顎分節骨切り術は、顎の付け根部分の骨を切除し、骨格を整形し直すという術式です。上下の顎の骨を切断するというかなり大がかりな手術となるため、手術は3時間以上かかる場合もあります。上下の顎の前から4番目の歯の抜歯をおこない、そのスペースの分だけ前歯部分の歯を後退させます。手術は全身麻酔でおこないますが、場合によっては入院せずに帰宅することが可能です。

Doctor’s コラム

2020/2/18
失敗しない矯正歯科医院の選び方
歯並びが悪くて矯正治療を受けたいけれど、どの矯正歯科医院を選べばいいのか分からないと、お悩みの方も多いと思います。矯正歯科医院を選ぶ上で、目安となるポイントをご説明いたします。
2020/2/13
インプラント治療に使われるパーツ
インプラントは、基本的に「インプラント体(人工歯根)」、「アバットメント」、「人工歯(被せ物)」の三つのパーツからできています。
2020/2/6
矯正歯科の費用
不正咬合(悪い歯並び)の治療方法の歯列矯正治療ですが、費用がどのくらいかかるのか分からないという方も多いかと思います。こちらでは一般的な費用をご紹介いたします。
2020/1/31
インプラントと差し歯の違い
歯を失ってしまった場合に、歯の見た目や機能を取り戻す治療法としてインプラント治療があります。当院ではインプラント治療もおこなっております。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング