歯列矯正か差し歯を選択するか|大分県別府市の矯正歯科

歯並びを整えるのに歯列矯正か差し歯を選択するか

歯がデコボコしていたり、出っ歯といった不正咬合(悪い歯並び)の治療方法として、一般的な治療方法としてブラケット矯正や、マウスピース矯正などの「歯列矯正治療」があります。しかし、場合によっては差し歯によって歯並びを整える矯正方法もあるのです。差し歯を使用した矯正方法を「クイック矯正」といい、「セラミック矯正」とも呼ばれます。ブラケットなどを使用した歯列矯正治療と、差し歯による矯正治療はどのような違いがあるのでしょうか。ご説明いたします。

歯列矯正治療と差し歯の違い

歯列矯正治療は、主に歯の表面にブラケットという装置を装着し、ブラケットにワイヤーを通して歯を引っ張ることで、歯を正しい位置に動かしていくブラケット矯正治療や、透明なマウスピース型の装置を歯に装着して、一定期間ごとに動いた歯に合わせて新しいマウスピースと交換していくことで歯を動かしていく、マウスピース矯正治療があります。歯列矯正治療は、歯に装置を装着して歯に少しずつ力を加えることで、歯全体を動かしていきます。その際に、通常よりも顎が小さかったり、歯が大きいことで、歯を動かすための十分なスペースが確保できない場合、歯を抜歯してスペースを作ることがありますが、基本的には健康な歯を傷つけることなく歯を正しい位置に整える治療法です。

差し歯とは、歯冠が虫歯や事故などで欠けてしまった場合に、人工歯を被せることで歯を補填する治療法です。この差し歯を使用して歯を整える場合、ご自身の健康な歯を削る必要があります。「健康な歯を削るか削らないか」ということが、歯列矯正と差し歯の大きな違いです。 治療方法は、まず歯冠を削り差し歯の土台となる部分を作ります。差し歯の型取りをしてから仮歯を被せます。差し歯が完成したら、仮歯を外して差し歯を被せ、噛み合わせを調整します。通常の歯列矯正治療よりも短い治療期間で歯並びを整えるため、「クイック矯正」というのです。

歯列矯正によって歯並びを整えるメリット

健康な歯の寿命を延ばすことができる

歯列矯正治療によって歯並びを改善することで歯磨きがしやすくなるため、口腔内を清潔に保つことができます。そのため、虫歯や歯周病のリスクを下げることに繋がるので、歯の寿命を延ばすことができるといえます。

歯ぎしりや食いしばりを軽減できる

不正咬合によって歯ぎしりや食いしばりが起きている場合、歯列矯正治療によって歯ぎしりや食いしばりを軽減させることが可能です。それによって、顎にかかる負担も軽減させることにも繋がるため、顎関節症の予防にも効果的です。

歯列矯正によって歯並びを整えるデメリット

装置が目立ってしまう

一般的なブラケット矯正治療の場合、金属製の装置が目立ってしまうため、周囲に矯正治療をしていることが知られてしまいます。また、接客業や営業職などの人前に出ることが多い職業の方は、仕事に支障をきたす場合もあるため、矯正装置が目立つことがデメリットに感じてしまいます。

歯磨きがしづらくなる

ブラケット矯正治療は、ブラケットと歯の間などに食べ物が挟まりやすくなったり、歯磨きがしにくくなったりするため、磨き残しが多くなってしまい、虫歯のリスクが高くなってしまいます。

矯正装置による痛みがある

ブラケット矯正治療はワイヤーで力を加えて歯を引っ張るため、治療開始時や調整時に痛みを伴うことが多いです。マウスピース型矯正治療は、比較的痛みは少ないのですが、全くないということではありません。

治療期間が長い

歯列矯正治療は、歯並びが整うまで1年〜3年ほどの期間がかかってしまいます。さらに、装置を取り外した後に歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」を防ぐための保定期間も、治療期間と同じくらいかかってしまうため、治療期間が長くなってしまいます。

差し歯によって歯並びを整えるメリット

治療期間が短く、後戻りも起こらない

一差し歯によって歯並びを整える場合、数年かかってしまう歯列矯正治療に比べて治療期間が早く、1ヶ月程度で治療が終了することもあります。さらに、歯列矯正治療のように歯を動かしながら歯並びを整えていないため、後戻りも起こりません。

矯正装置による痛みがない

歯列矯正治療の中でも、ブラケット矯正治療は治療開始時や調整時に痛みを生じることが多いです。しかし、差し歯の治療の場合は装置を使用しないため、痛みがありません。

見た目を気にする必要がない

差し歯の治療は装置を使用しないので見た目を気にする必要がなく、早期に歯並びがキレイに整います。

差し歯によって歯並びを整えるデメリット

健康な歯を削る必要がある

差し歯の治療は、歯並びを整えるために健康な歯を削らなければいけません。また、場合によっては神経の近くまで削ってしまった歯が痛むことがあり、その場合は歯の神経を抜く処置をおこなうこともあります。健康な歯を削ってしまうと元に戻ることはないため、結果的に歯の寿命を短くすることに繋がります。

経年劣化で変色することがある

人工歯の種類によっては、経年劣化で色が変色してしまうことがあります。変色のために差し歯が目立ってしまうことがあります。人工歯を作り替える事になった場合は、治療と同じ費用がかかってしまいます。

見費用が高額になる場合がある

差し歯による歯並びの治療は、基本保険適用外治療(自由診療)であるため、歯の部位と使用する素材によって費用が高額になってしまう場合があります。

まとめ

差し歯を使った歯並び治療は、治療期間が短く早期にキレイな歯並びを手に入れることが可能ですが、健康な歯を削ってしまうことで歯の寿命を短くしてしまうリスクもあります。治療期間はかかってしまいますが、歯列矯正によって整えた方が将来的にご自身の歯を残すことができます。 歯並びの治療の際に、歯列矯正と差し歯のどちらが適しているか分からない場合は、一度歯科医院に相談してみることをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング