口臭の原因|大分県別府市の矯正歯科

口臭の原因

口の中にもにおいがありますが、それが病気や様々な要因で他人に不快な思いをさせてしまうようなにおいを発することがあります。これを口臭といいます。 口臭のほとんどの原因が口腔から引き起こされるものだといわれています。

口臭の原因

口臭の主な原因は、硫化水素やメチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの揮発性硫黄化合物です。その中でも硫化水素とメチルメルカプタンが約90%を占めています。また揮発性硫黄化合物は、口腔内の細菌や食べカス、歯垢、舌苔などのたんぱく質が分解された際に産生されます。その中でも約60%が舌にある、舌苔より産生されています。舌苔とは、口の粘膜の細胞が剥がれ落ちて、白く溜まり腐敗したものが、舌に付着したものをいいます。舌苔は、主に舌の後方部に多く付着しています 。

口臭の種類

口臭の種類には、真性口臭症と、仮性口臭症、口臭恐怖症に分けられ、さらに真性口臭症には、生理的口臭と病的口臭に分類されます。

真性口臭症(生理的口臭)

朝起床時や、昼食前・夕食前などの空腹時、また女性の場合は、生理時やその前後のホルモンバランスの不調によって唾液分泌が抑制されるため、口臭の強さが変化し、口臭を感じることがあります。唾液の分泌量が減少することにより、舌苔が多量に付着する場合も口臭は強くなり、さらに加齢に伴い唾液の分泌量も少なくなるため、舌苔は年齢と共に付着やすくなります。 生理的口臭は、ある程度個人差はありますが、一般的にほとんどの方に見られる口臭です。なお、ニンニク、ニラ、ネギなどのにおいの強いものを食べたり、アルコールや喫煙などは、一度体内に取り込まれたにおいの元になる成分が、胃の中で消化され血液を介して全身に循環し、肺を経由して吐き出されることでにおいを発します。この場合は原疾患がない一過性のものであるため、口臭の分類ではありません。

真性口臭症(病的口臭)

口腔内での病的口臭として、先ず考えられるのは歯周病です。歯周病原菌が大量に産生するメチルメルカプタンによる口臭が主体となります。歯周病は進行することで、歯周ポケットができてしまい、細菌の住処になってしまいます。その細菌の中でも嫌気性菌は、代謝の過程で硫化水素やメチルメルカプタンを産生することから、口臭のもとになってしまうのです。また歯周病の進行に伴って、舌苔の量も増加してしまうため、進行によって歯周ポケットと舌苔の両方から揮発性硫黄化合物が産生されることになります。 揮発性硫黄化合物のうち硫化水素は、口腔内に疾患がなくても生理的口臭によって産生されますが、歯周病になってしまうと、揮発性硫黄化合物の中でもメチルメルカプタンが高濃度に産生されます。メチルメルカプタンは硫化水素に比べ、口臭の強度が強くなるため、歯周病の方から強い口臭を感じるのです。 口腔以外の全身の病的口臭疾患には、疾患が重度な場合に口臭を認めるようになります。

鼻咽喉疾患

副鼻腔炎・副鼻腔癌 タンパク質の壊疸臭

代謝性疾患

糖尿病 甘酸っぱいにおい(アセトン臭)
腎機能障害 魚の腐ったようなにおい
肝機能障害(肝硬変、肝臓癌)アンモニア臭

呼吸器疾患

肺癌・肺腫瘍 タンパク質の壊疸臭

消化器疾患

胃癌・食道ヘルニア タンパク質の壊疸臭

仮性口臭症

患者さんが口臭を感じるけれど、他人に不快な思いをさせてしまうようなにおいを発しておらず、検査などの結果を説明することにより改善が期待できる症状をいいます。

口臭恐怖症

真性口臭症を治療によって解消したのにもかかわらず、口臭があると思い続ける方もいます。このような場合、患者さんの心理的な要因が大きく、治療では改善が期待できないため、口臭恐怖症と診断されることもあります。この場合、他科を紹介することが多いです。

口腔乾燥症

口臭の原因一つに、唾液の分泌量が低下して口が乾いた状態の、口腔乾燥症があります。口臭の他にも、虫歯や歯周病のリスクの増加、口の中や舌の痛み、嚥下しにくいなどと、様々な症状を引き起こす原因になります。 口腔乾燥症は、服薬による副作用や、糖尿病や腎不全などの全身疾患、貧血、ビタミンB欠乏症や、ストレスや喫煙、さらには唾液腺などが萎縮してしまうシェーグレン症候群などから起こる、唾液の分泌量の減少が原因と考えられます。 予防法としては、歯科医院のクリーニング等で口腔内を清潔に保つことや、生活環境を変えることによるストレスの改善や、食生活全体の見直しも大切です。亜鉛や鉄を多く含む肉類や魚介類と、新鮮な野菜・果物などのビタミンCを多く含む食品を同時に摂ることで吸収率が上がります。

口腔乾燥症は、貧血やビタミンB欠乏で起こることもあるため、多種類の食品を少しずつ満遍なく摂取することが予防に繋がります。それに加えて、噛みごたえのある食べ物を食べることで唾液の分泌を促すことや、日常的に意識してこまめに水分補給をおこなうことなども効果的です。

Doctor’s コラム

2019/12/10
歯根膜とは
歯根膜とは、歯根と歯槽骨の間にある薄い膜のことをいい、歯周靭帯ともよばれます。噛む力をコントロールする際に、重要な働きをしているのが歯根膜なのです。
2019/12/8
起きてる時の歯ぎしり(覚醒時ブラキシズム)
一般的に歯ぎしりは、就寝時に無意識におこなっていると思われがちですが、実は起きている時にも歯ぎしりはおこなわれているのです。起きている時の歯ぎしりを覚醒時ブラキシズムといいます。
2019/12/3
口臭の予防
口臭は口腔内にあることが多いため、ご自身に何らかの病的疾患がない場合は、歯科医院で口腔内の検査をおこない、原因を確かめることが重要です。
2019/11/30
口臭の原因
口の中にもにおいがありますが、それが病気や様々な要因で他人に不快な思いをさせてしまうようなにおいを発することがあります。 口臭のほとんどの原因が口腔から引き起こされるものだといわれています。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング