口臭の予防|大分県別府市の矯正歯科

口臭の予防

口臭の発生源の約90%が口腔内にあります。口臭には生理的口臭と病的口臭がありますが、その原因の約60%は舌苔(舌の表面につく白い苔状のもの)です。口臭の改善として、舌の清掃をおこなう舌苔の除去が非常に効果的です。さらに口腔内では、歯周病が口臭の原因の可能性があります。また、口腔内以外の病的疾患が原因での口臭もあるため、もしもご家族や他の方から口臭の指摘を受けた場合は、歯科医院や専門の医療機関での専門的な検査を受けて頂くことをお勧めいたします。

生理的口臭の予防と治療

口臭は口腔内にあることが多いため、ご自身に何らかの病的疾患がない場合は、歯科医院で口腔内の検査をおこない、原因を確かめることが重要です。

舌苔が原因の場合

生理的口臭の予防のためには、ご自身でおこなう歯磨きの際に、舌の清掃もおこない舌苔を除去し、舌を清潔に保つことが大切です。 舌苔の付着には個人差があり、舌の運動や唾液の分泌量と大きく関係していることから、時間帯や体調によっても付着の量が異なります。

舌苔の除去方法

基本的に舌の清掃により舌苔は除去できます。洗口剤や、口臭予防剤は、あくまでも補助療法にすぎないため、舌専用の清掃用具を使用します。舌清掃用具には、舌ベラや舌ブラシなどがあります。舌ベラは舌ブラシに比べて、口臭予防効果が低いため、舌ブラシを使用することをお勧めいたします。舌ブラシの方が、舌の隙間や舌乳頭間にまでブラシが入り掃除ができるため、揮発性硫黄化合物の減少効果が高く、持続時間が長いです。

また舌苔は、舌の後方が好発部位であるため、舌の前方はあまり清掃する必要はありません。舌ブラシを後方の溝にあて、必ず後方から前方へと掻き出すようにして磨きましょう。一日の舌清掃の回数は、多くても舌の粘膜を傷つけてしまう場合があるため、起床時の一回で十分です。また、舌に傷や口内炎があるときはおこなわないでください。 ご自身でのセルフケア以外でも、歯科医院での舌専用のエンジン用ブラシでのクリーニングをおこなうことで、効率的に舌苔を除去することが可能です。

病的口臭の治療と予防

何らかの病的な疾患が原因で口臭が強くなることがあります。これを病的口臭といいます。口腔内での代表的なものが歯周病です。歯周病の原因の多くが揮発性硫黄化合物を産生する嫌気性菌です。歯周病の他には、悪化した虫歯や口内炎などが原因となる場合がありますが、これらとは違い歯周病はほとんど痛みを感じることなく進行していきます。もしも、何の自覚症状もないのにもかかわらず、ご家族や他人から口臭を指摘されるようになったら、一度、歯科医院を受診して頂くことをお勧めいたします。

また、口腔内以外では副鼻腔炎や、糖尿病、腎機能障害や肝機能障害、肺癌などの全身疾患が原因となって口臭が強くなることがありますが、これらは口臭以外にも何らかの自覚症状が現れることがあるため、自覚症状を伴う口臭がある場合は、専門の医療機関での検査を受けるようにしましょう。

歯周病が原因の場合

歯科医院で、歯茎の炎症や歯周ポケット、口腔内の清掃状態などを診察します。
歯周病が原因で起こる口臭は、歯周ポケットに存在する歯周病菌と、その中から出てくる炎症性の液体が原因であることが多いので、それらを治療することにより口臭を改善させることができます。

歯周病の治療法

歯周病の治療法は主に、歯周病の原因である歯垢(プラーク)を取り除くことが重要です。ご自身でおこなう毎日の正しい歯磨きや、歯間ブラシ、デンタルフロスを使用してのプラークコントロール以外にも、歯科医院でのスケーリング、ルートプレーニングや専門の器具を使用して歯垢や細菌の集合体であるバイオフィルムなどを取り除くPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)などをおこなうことで、歯周病を治療・予防をおこなうことができると共に、口臭も改善できます。

予防歯科をおこないましょう

ご自身での歯磨きなどのセルフケアだけでは、どうしても磨き残してしまうため、食べカスや歯垢が残ってしまいます。時間が経つとそこから原因菌が増えていくため、数ヶ月に一度、定期的に歯科医院でのクリーニングで口腔内をリセットすることが重要です。クリーニングでは歯のクリーニング以外にも、口腔内の健康状態のチェックや、ブラッシングのチェックや改善の指導もおこないます。歯が痛くなってから歯科医院で治療するのではなく、痛くなる前に歯科医院でクリーニングをおこなう「予防歯科」をおこなうことが、口腔内の健康を維持できると共に、口臭予防にも繋がるのです。

Doctor’s コラム

2019/12/10
歯根膜とは
歯根膜とは、歯根と歯槽骨の間にある薄い膜のことをいい、歯周靭帯ともよばれます。噛む力をコントロールする際に、重要な働きをしているのが歯根膜なのです。
2019/12/8
起きてる時の歯ぎしり(覚醒時ブラキシズム)
一般的に歯ぎしりは、就寝時に無意識におこなっていると思われがちですが、実は起きている時にも歯ぎしりはおこなわれているのです。起きている時の歯ぎしりを覚醒時ブラキシズムといいます。
2019/12/3
口臭の予防
口臭は口腔内にあることが多いため、ご自身に何らかの病的疾患がない場合は、歯科医院で口腔内の検査をおこない、原因を確かめることが重要です。
2019/11/30
口臭の原因
口の中にもにおいがありますが、それが病気や様々な要因で他人に不快な思いをさせてしまうようなにおいを発することがあります。 口臭のほとんどの原因が口腔から引き起こされるものだといわれています。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング