ブラケット矯正とマウスピース矯正の違い|大分県の矯正歯科

ブラケット矯正とマウスピース矯正の違い

歯列矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法がありますが、矯正装置がそれぞれ異なるため、治療方法やメリット・デメリットも違います。ブラケット矯正は、装置を歯の表側に装着する「唇側矯正」(表側矯正)が一般的ですが、歯の裏側に装着する「舌側矯正」(リンガル矯正)もあります。マウスピース矯正は、透明なマウスピース型の装置を歯に装着するので、目立ちにくい矯正方法として、近年多くの方が治療を受けています。

ブラケット矯正とマウスピース矯正

ブラケット矯正とマウスピース矯正の特徴

ブラケット矯正

金属製のブラケットという装置を歯の表面に装着して、ワイヤーを通し引っ張ることで歯を動かしていく「唇側矯正」は、歯列矯正治療として一般的な矯正方法です。唇側矯正は様々な症例にも対応ができ、費用も抑えることができる治療法ですが、金属製の装置が目立ってしまうため、人前に出る機会の多い職業の方は仕事に支障をきたしてしまう可能性があります。その場合、装置を歯の裏側に装着する矯正方法の「舌側矯正」であれば、装置が表から見えないので周囲に矯正治療をしていることが気付かれにくいです。ただし、費用が唇側矯正よりも高額になってしまいます。 ブラケット矯正は装置がデコボコしていることで、特に治療開始時は口内の粘膜に当たってしまい、傷つけたり口内炎ができることが多く、口腔内の違和感も感じやすいです。さらに、金属製の装置を使用するブラケット矯正は、金属アレルギーを起こしてしまう場合もあることから、金属アレルギーの方は治療をおこなうことができないケースもあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、透明なマウスピース型の装置を歯に装着して、定期的に動いた歯に合わせて新しいマウスピースと交換していくことで徐々に歯を動かしていく矯正方法です。装置が透明なマウスピースなので目立ちにくく、周囲に矯正治療をおこなっていることが気付かれにくいことから、口元を気にすることなく歯を整えることができます。また、装置をご自身で自由に取り外すことができるため、食事や歯磨きの際も取り外すことで普段通りにおこなうことが可能です。さらに、金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも安心して使用することができます。しかし、歯を計画通りに動かすためには、装置を決められた時間装着する必要があり、装着時間が守れないと歯が計画通りに動かないだけでなく、歯が装置に入らなくなる場合もあります。マウスピース矯正治療をおこない歯を正しい位置に整えるためには、患者さんの自己管理が重要になるのです。

ブラケット矯正とマウスピース矯正の違い

装置の目立ちにくさ

一般的な唇側矯正の場合、歯の表側の装置が目立ってしまいますが、舌側矯正の場合は装置自体が表面から見えないため、目立ちにくいです。また、近年ではセラミック製のブラケットと、白くコーティングしたワイヤーを使用した唇側矯正もあり、通常よりも目立ちにくくなっています。マウスピース矯正は、透明で薄いマウスピース型の装置を歯に装着するので、装置が目立ちにくいです。

食事や歯磨き

ブラケット矯正は、矯正治療期間中は装置を取り外すことができないため、硬いものや粘着性のあるものは装置の破損などのトラブルの原因になってしまうことから、食べやすいように工夫を加えながら食事を摂る必要があります。また、歯磨きも装置があることで磨きづらくなってしまうので、普段よりも丁寧に時間をかけてケアをおこなわないと虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。 マウスピース矯正はご自身で装置を取り外すことが可能であり、装置を外すことで普段通りに食事や歯磨きをおこなうことができます。

治療中の痛み

ブラケット矯正の場合は、治療開始時や装置の調整をおこなった際に、強い痛みがでることが多いです。また、装置がデコボコしていることで口内の粘膜に当たりやすく、傷つけたり口内炎ができてしまい、痛みを生じやすいです。ただし装置が当たる痛みは、矯正によって歯が整っていくと徐々に改善していきます。 マウスピース矯正は少しずつ歯を動かしていくため、装置による痛みが少ないです。さらに、装置が滑らかなので口内を傷つけることもありません。

費用

ブラケット矯正は、使用する素材や装置の装着方法によって費用が異なります。唇側矯正は矯正治療の中でも費用が安いですが、舌側矯正は費用が高額になってしまいます。その際に、上の歯列が目立ちにくい舌側矯正で、下の歯列が唇側矯正という「ハーフリンガル矯正」をおこなうことで費用を抑えることも可能です。 マウスピースも装置によって費用は異なりますが、マウスピース矯正の中でも普及率の高い「インビザライン」は、矯正治療の中でも高額になりがちです。

通院回数

ブラケット矯正は、定期的に装置の調整や交換が必要なるため、通院回数は多くなってしまいます。マウスピース矯正の場合、インビザライン以外は定期的に新しいマウスピースに交換するごとに受診が必要になるので、通院の頻度は多くなってしまいます。インビザラインの場合は、治療開始時に全ての「アライナー」と呼ばれるマウスピースを作製し、2枚目以降のアライナーはご自身で交換するので、通院回数は少なくて済みます。

Doctor’s コラム

2022/10/18
歯列矯正治療は何歳まで可能か?
歯列矯正治療は、健康な歯と歯茎であれば何歳からでも始めることができるので、年齢制限はないとされています。ただし、
2022/7/14
最新のiTero5-Dを導入しました
上当院では患者さんにより安全・安心した治療を受けて頂くため、iTreo elementの新型である「iTero5-D」を導入いたしました。
2021/6/4
上顎前突(出っ歯)の症状と治療法
上顎前突とは、上の前歯が前方に大きく突出している、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる不正咬合です。重度の上顎前突は顔の印象の影響も大きいことから、見た目をコンプレックスに感じてしまう方も多いです。
2021/5/29
妊娠中に歯列矯正治療はできる?
歯列矯正治療を開始した後に、妊娠が判明する場合があります。この場合、妊娠中でも矯正治療をそのまま継続して良いのかどうか分からない方も多いかと思います。そんなお悩みにお答えします。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング