歯周病は腫れや出血がおさまっても安心できない|大分県別府市の矯正歯科

歯周病は腫れや出血がおさまっても安心できない

歯周病とは

歯周病は、歯茎などの歯周組織が歯周病菌に感染してしまうことによって引き起こされる炎症性疾患です。口腔内を清潔に保っていないことで、食べカスや細菌の塊である歯垢(プラーク)などの汚れが溜まってしまいます。歯垢の中の歯周病菌は、酸素を嫌う(嫌気性細菌)であるため、歯と歯茎の間の歯肉溝に溜まり、停滞しながら繁殖していきます。これにより、歯茎が歯周病菌に感染して炎症を起こしてしまうと、歯茎が赤くなったり腫れたりします。しかし、痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気付けずに進行してしまう場合が多く、次第に歯肉溝の溝が深くなり歯周ポケットができてしまうと、歯を支える歯槽骨にまで進行して徐々に骨を溶かし始めます。骨が溶かされていくことで、歯を支えることができなくなってしまうと、歯がグラグラと動くようになり最終的に歯が抜け落ちてしまいます。

歯茎の腫れの原因

疲れやストレスによって免疫力が下がると、歯が痛みだしたり歯茎が腫れたりする場合があります。基本的に歯茎が腫れてしまう原因は、口腔内に存在している口腔常在菌が関係しているといわれており、ストレスや体調の悪化によって免疫力が低下すると、細菌に対する抵抗力が弱まってしまい歯茎が腫れることがあるのです。しかし、歯茎の腫れの原因が歯周病による場合もあります。特に、歯茎が腫れているだけではなく、歯磨きの際に出血を伴うようなケースだと、歯周病の初期症状である歯周炎の可能性が高くなります。歯周病を悪化させないためにも、普段からストレスや疲労を感じたときに歯茎が腫れやすい方は、歯周病の疑いもあるので歯科医院で診てもらうことをお勧めいたします。

歯周病は腫れや出血がおさまっても安心できない

ストレスを解消したり、体を休めて疲れを取ることで、歯茎の腫れや出血が治まったからといっても安心できません。歯茎が健康な状態であれば、ストレスや疲労を感じたとしても歯茎が腫れたり出血するということはほとんどないのです。歯周病による歯茎の腫れは、歯茎と歯の間の歯肉溝に溜まった歯垢により引き起こされます。ストレスや疲労によって体の免疫力が低下すると、炎症を抑える力も弱まってしまうため、歯垢の中の歯周病菌が出す毒素によって歯茎が腫れたり出血してしまうのです。

健康なときには、免疫力により抑えられていた歯周病を原因とする歯茎の炎症が、ストレスや疲労によって表面化されるというわけです。ですので、歯茎の腫れや出血が見られるときは、治まったとしても安心せずに一度歯科医院で診てもらい、歯周病の治療が必要であればしっかりと治すことが、口腔内の健康だけでなく身体の健康のためにも重要なのです。

歯周病の進行段階

健康な歯茎

歯茎が健康な場合、歯は歯周組織によりしっかりと支えられており、歯と歯茎の隙間もなく色も健康的なピンク色をしています。歯磨きをしても出血することはありません。

歯肉炎

歯肉炎は歯周病の初期段階で、歯と歯茎の溝に歯垢が溜まり、歯茎が炎症を起こしてしまっている状態で、歯茎の腫れや歯磨きの際に出血が見られることがあります。歯肉炎の段階では痛みなどの自覚症状がほとんどないため、ご自身で症状に気付くことは難しく、多少歯茎の腫れや出血があってもそのまま放置してしまうことが多いです。しかし、歯肉炎を治療せずに放置してしまうことで「歯周炎」へと進行してしまいます。歯周病は、歯肉炎の段階で治療することが大切になるので、定期的に歯科医院で検診を受けるようにしましょう。

軽度歯周炎

歯肉炎よりも進行が進み、歯茎の炎症が悪化した状態です。歯と歯茎の溝の歯周ポケットが2mm~4mmと深くなり、歯を支える歯槽骨にまで進行して骨を溶かし始めます。しかし、この段階になっても痛みをあまり感じることはないため、症状に気付くことが難しいです。

中度歯周炎

軽度歯周炎よりもさらに進行し、症状が悪化した状態です。歯槽骨はさらに溶かされ、歯周ポケットも4mm~6mmとかなり深くなってしまいます。この段階では痛みや口臭、歯がグラグラするといった自覚症状も現れてくるため、すぐ歯科医院で適切な治療をおこなわないと歯を残すことが難しくなる場合があります。

重度歯周炎

重度歯周炎になってしまうと歯槽骨がほとんど溶かされてしまうため、放置すると歯を支えることができなくなってしまい、最終的に自然に抜け落ちてしまう歯周病の末期の症状です。歯茎が腫れて膿がでることもあり、口臭が強くなります。また、痛みもさらに増し、歯周ポケットは6mm以上になります。他にも歯が長くなったと感じたり、歯と歯の間の隙間が大きくなったり、物がつまりやすくなります。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング