時間をかける食事は虫歯の原因?|大分県別府市の矯正歯科

だらだらと時間をかける食事は虫歯の原因?

これまでに、虫歯になってしまい歯科医院で治療したことがある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。虫歯は口腔内の中でも非常に多い病気で、歯を失ってしまう大きな要因です。この虫歯は、歯が虫歯菌に溶かされてしまうことで引き起こされるのですが、虫歯になる要因の一つとして、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられるのです。

虫歯のメカニズム

虫歯の原因となる虫歯菌である「ミュータンス菌」は、もともとは口腔内には存在しない菌ですが、多くの場合がミュータンス菌を持っている保護者などから口の中に入ってしまい、常在菌として口腔内に留まります。このミュータンス菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖分をエサにして、ネバネバした水に溶けにくい「グルカン」という物質をつくり、歯の表面のエナメル質に付着します。グルカンは粘着性が強く、多くの細菌がくっ付いてしまうことで、大きな細菌の塊である歯垢(プラーク)になります。歯垢の中のミュータンス菌は、糖分を分解して酸を作ります。この酸によって、エナメル質の表面から歯のミネラル分であるカルシウムイオンやリン酸イオンが溶けだします。これを「脱灰」といいます。しかし、それを防ぐのが唾液です。唾液には、飲食物によって酸性に唾液に傾いてしまった口腔内を中性に戻す「緩衝作用」や、唾液に含まれるカルシウムイオンとリン酸イオンによって、脱灰を起こした表面を修復する「再石灰化作用」の働きがあり、再石灰化作用によってエナメル質は修復されるのです。

「脱灰」と「再石灰化」のバランスが保たれていることで虫歯になることはありませんが、歯磨きが不十分で磨き残しが多くなってしまうと歯垢は繁殖していき、やがて歯石となって歯に強固に付着します。口腔内に歯垢や歯石が増えてしまうと、多くの酸が作られるため、脱灰に対して歯の再石灰化が追いつかなくなってしまい、脱灰ばかりが進んでしまうことでエナメル質が溶かされ虫歯になってしまうのです。

だらだらと時間をかける食事はやめましょう

現代人に多い食習慣として、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられますが、時間をかけて食事をすることで口腔内が酸性に傾いてしまう時間が長くなります。それによって、エナメル質のミネラル成分が溶けだしてしまうのです。さらに、だらだらと食べることで唾液の緩衝作用や再石灰化作用がうまく機能しなくなり、脱灰ばかりが進むことで虫歯ができやすい歯をつくりだしてしまうのです。

虫歯の予防方法

食後は必ず歯を磨きましょう

現代人に多い食習慣として、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられますが、時虫歯予防に大切なのは、口腔内を清潔に保つことです。そのため、食事の後は必ず歯を磨くようにしましょう。その際、食べカスや歯垢などの汚れが溜まりやすい奥歯や歯と歯の隙間は、より丁寧に意識してしっかりと磨きましょう。

就寝前の歯磨きは特に丁寧に磨きましょう

細菌がもっとも繁殖しやすい時間帯は就寝中です。寝ている間は唾液の分泌量が少なくなるので、口腔内が乾燥してしまうことで細菌が繁殖しやすい環境になるため、歯磨きが不十分で食べカスなどの汚れが残ってしまうことで、虫歯のリスクが高くなってしまいます。ですので、就寝前の歯磨きは磨き残しがないように時間をかけて丁寧に磨くことを心がけましょう。

しっかり噛んで食べましょう

しっかりと物を噛んで食べることで、唾液の分泌量が増えます。唾液には浄化作用や殺菌作用があるので、口腔内の細菌の繁殖を防ぎます。また、脱灰によって溶かされたエナメル質を修復する再石灰化作用もあります。そのため、初期の虫歯であれば唾液の作用によって自然治癒する場合もあるのです。他にも、しっかりと噛んで食事することで満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐので、肥満防止にも繋がります。

糖分の多いものは食べ過ぎないようにしましょう

現代の食生活では、糖分の多い飲食物を手軽に口にすることができるため、間食などで甘いものなどの糖分の多いものを食べることが習慣になっている方も少なくありません。このような食習慣を続けていることで、虫歯のリスクが高くなってしまいます。この場合の対処法として、間食は糖分の控えめなものを食べるようにしたり、代替甘味料を使用したものに変えるようにして、なるべく食べた後はこまめに歯を磨きましょう。

歯科医院で定期的に歯のクリーニングをおこないましょう

毎日の歯磨きなどのセルフケアだけでは、どうしても口腔内の全ての汚れを取り除くことは難しいです。そのため、歯科医院で定期的に歯のクリーニングをおこなうことが大切なのです。歯科医院での歯のクリーニングでは、スケーラーという器具を使用して歯石を除去する「スケーリング」や、歯科医師や歯科衛生士が専用の機器を使用した歯のクリーニング「PMTC」によって、歯茎の中の歯石や、細菌の集合体である「バイオフィルム」もキレイに除去することができます。また、フッ素塗布をおこなうことで、歯垢が付きにくく虫歯になりにくい強い歯に仕上げます。

Doctor’s コラム

2021/6/4
上顎前突(出っ歯)の症状と治療法
上顎前突とは、上の前歯が前方に大きく突出している、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる不正咬合です。重度の上顎前突は顔の印象の影響も大きいことから、見た目をコンプレックスに感じてしまう方も多いです。
2021/5/29
妊娠中に歯列矯正治療はできる?
歯列矯正治療を開始した後に、妊娠が判明する場合があります。この場合、妊娠中でも矯正治療をそのまま継続して良いのかどうか分からない方も多いかと思います。そんなお悩みにお答えします。
2021/5/8
虫歯があっても矯正治療はできる?
歯列矯正治療は、不正咬合や悪い噛み合わせを矯正装置によって動かすことで正しい位置に整える治療法ですが、悪い歯並びや噛み合わせは虫歯のリスクが高くなるため、治療前に虫歯がある方も少なくありません。
2021/4/28
歯石取りの重要性
食後の歯磨きなどのお手入れが十分でない場合、口腔内が不衛生になり、歯の表面に細菌の塊である歯垢(プラーク)が付着してしまいます。歯垢は粘着性が強いため、うがいをするだけでは取り除くことができません。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング