咀嚼(噛むこと)の重要性|大分県別府市の矯正歯科

咀嚼(噛むこと)の重要性

食べ物を食べる際に、当たり前のようにおこなっている「噛む」という動作は、私たちが生きていく上でとても重要なことです。健康な歯で食べ物をしっかり咀嚼すること(噛むこと)は、体の健康維持に大きな効果があるのです。咀嚼が私たちの体にとってどれだけ重要なのか、ご説明いたします。

咀嚼の重要性

消化、吸収を促す

しっかりと咀嚼することは、食べ物の消化・吸収を促進します。人は食べ物を胃の消化液によって溶かすことができますが、胃で消化しやすくするためには、食べ物をよく噛み砕く必要があります。そうすることで消化液が十分に機能することができるようになります。反対に、食べ物をしっかりと噛まずに飲み込んでしまった場合、消化液の機能が十分に機能しないため、消化器官に負担がかかってしまうのです。また、咀嚼をしっかりとおこなうことは、唾液の分泌量を増やします。このときに出される唾液を刺激唾液といい、消化酵素のアミラーゼを多く分泌する他、咀嚼運動が刺激として脳へ伝えら、胃に対して胃液の分泌を促します。そのため、胃は十分な胃液を分泌することができ、消化をスムーズにおこなうことができるのです。

虫歯や歯周病の予防

しっかりと咀嚼をすることで唾液が多く分泌されますが、食事中に分泌される唾液の中にはリゾチームやラクトフェリンという抗菌物質が含まれているため、常に口の中をきれいに洗い流し、細菌の繁殖を抑えてくれます。また、唾液にも口の中をきれいに洗い流す自浄作用があります。これによって、虫歯や歯周病の原因菌が繁殖するのを抑えることができるため、虫歯や歯周病の予防に繋がるのです。

脳を活性化させ、老化を防止する

咀嚼することによって、顎を閉じるための筋肉である咬筋や、頬や唇、舌や喉などの多くの筋肉が動くため、血液の循環がよくなります。さらに、味覚や、硬い、柔らかい、熱い、冷たいといった感覚などが脳に伝わります。それによって脳神経が刺激され、脳を活性化させるため、脳の発達や、老化の防止にも繋がります。また、咀嚼の際に生じる力はとても強く、その力が頭蓋骨にも伝わることで、脳に作用して脳血流量が増加することもわかっています。

肥満の防止

しっかりと時間とかけて食べ物を咀嚼することは、肥満の防止にも繋がります。咀嚼によって分泌される唾液の中には、消化酵素のアミラーゼが含まれており、よく噛むことでアミラーゼが作用しやすくなり、食べ物が口の中で糖に変化する量が増えます。さらに舌が甘みを感じたり、血糖値が上がることにより、脳内の満腹中枢が働くため、食べ過ぎを防止するのです。満腹中枢は機能するのに少し時間がかかるため、よく噛まずに食べると満腹中枢が働いたときには、すでに食べ過ぎの状態になってしまっているため、注意が必要です。 現代人の食事は、硬いものよりも、柔らかく食べやすいものを好む傾向にあります。そのため、しっかりと咀嚼してから飲み込むという習慣がついていないことが、現代人に肥満体質の方が多くなっている原因の一つであると考えられます。

顎の骨や顔の筋肉の成長を助ける

食べ物をしっかりと咀嚼して食べることで、口周りの筋肉が働き、血流が良くなります。そのため、上下の顎の骨や顔の筋肉が発達し、顎の骨の成長を促したり、顔の表情が豊かになります。顎が充分に発達していないと、歯が並ぶためのスペースがなくなってしまい、歯が重なって生えたりといった不正咬合(悪い歯並び)に繋がります。 生まれてすぐの赤ちゃんの場合、母乳を吸うときに、顎や唇、頬など顔全体の筋肉を使います。顎や顔の発達のためにも、なるべく母乳で育てるのが良いということが分かっています。

咀嚼と噛み合わせ

噛み合わせが整っていることで、しっかりと咀嚼をすることができます。しかし噛み合わせが悪いと、上下の歯がしっかりと噛み合わないため、食べ物をうまく噛み砕くことができなくなります。噛み合わせは歯並びと深く関係しており、歯並びが悪いことで噛み合わせも悪くなってしまうこともあるのです。逆に歯並びが整うことで噛み合わせも良くなることもあります。歯列矯正治療は、矯正装置を歯に装着することで、不正咬合や悪い噛み合わせを整える治療方法です。

矯正治療方法は大きく分けて、ブラケットという装置を歯の表側もしくは裏側に装着して、ワイヤーを通して歯を引っ張るブラケット矯正治療と、透明のマウスピース型の装置を歯に装着して、7~10日毎に動いた歯に合わせて新しいマウスピースに交換していくことで歯を動かしていくマウスピース矯正治療があります。 歯列矯正治療をおこなうことで、しっかりと食べ物を咀嚼できるようになることは、歯の健康と共に体の健康にも繋がるため、快適な毎日を過ごすことができるのです。

不正咬合や噛み合わせが悪いことで、咀嚼がしっかりできない場合は、事前に一度、当院でのカウンセリングを受けて頂くことをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング