ホワイトニングとクリーニングの違い|大分県別府市の矯正歯科

ホワイトニングとクリーニングの違い

近年、歯の美しさへの意識が高くなってきたこともあり、歯を白くする「ホワイトニング」をおこなう方が多くなっています。その際、「歯のクリーニング」と混同してしまう方も少なくありませんが、ホワイトニングとクリーニングは全く違うものです。 ホワイトニングは、専用の薬剤を使用して歯を白くすることで、見た目の美しさを向上させる方法ですが、クリーニングはご自身では取り除くことのできない歯石や着色汚れ(ステイン)をキレイに除去することで、口腔内を清潔な環境に整え、健康な毎日を過ごすためのサポートをする方法です。また、クリーニングには保険適用と保険適用外の方法がありますが、ホワイトニングはすべての施術が保険適用外になります。

ホワイトニング

ホワイトニングには、歯科医院でおこなう「オフィスホワイトニング」と、ご自宅でおこなう「ホームホワイトニング」、この両方を併用しておこなう「デュアルホワイトニング」があります。 ホワイトニングは、消毒薬と同じ成分である「過酸化水素」を使用して、歯に染み込んだ着色成分を分解・漂白することで歯を白くしていきます。ホワイトニング直後は、一時的に歯が痛んだりしみたりしますが、これはホワイトニングの薬剤が歯の表面のエナメル質から内部にまで浸透してしまうことで起こる刺激によるものなので、時間が経つと次第に落ち着いていきます。また、薬剤の濃度が強ければ強いほど歯への刺激は強くなりますが、濃度が低くても長時間使用することで歯への刺激が強くなることがあります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院でおこなうホワイトニングで、歯に専用の薬剤を塗布し特殊なライトを照射することで歯を白くする方法です。1回の効果が高いため、1度の施術でムラのないキレイな白い歯を手に入れることができます。しかし色が後戻りをしやすく、平均で3ヶ月~6ヶ月ほどで元の色に戻ってしまいます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、ご自宅でおこなうホワイトニングです。歯科医院でご自身にあったマウスピースを作製してもらい、薬剤をマウスピースに入れて決められた時間だけ歯に装着することで歯を徐々に白くしていく方法です。個人差はありますが、連続して2週間ほど使用することで効果を発揮します。白さは6ヶ月~1年ほど持続しますが、決められた使用時間を守ることが重要です。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を併用しておこなうホワイトニングです。ホワイトニングの中でもっとも白くなる方法で、さらに白さも1年ほど維持します。しかし、薬剤による刺激で歯がしみやすくなる場合もあります。費用はホワイトニングの中でも一番高額になります。

クリーニング

クリーニングとは、ご自身では取り除くことのできない歯垢や歯石、表面についた着色汚れ(ステイン)を歯科医師や歯科衛生士が専門の器具を使用することでキレイに除去する方法です。口腔内を清潔に保つことにも繋がるため、虫歯や歯周病を予防する「予防歯科」でもよくおこなわれています。

スケーリング

歯科医師または歯科衛生士が、スケーラーと呼ばれる器具を使用して歯石を取り除く方法です。スケーリングによって、ご自身では取り除くことのできない細かな歯石や歯茎の中の歯石を除去していきます。スケーリングは保険適用でおこなえますが、保険範囲内でのクリーニングとなるため、一度ですべての歯の歯石を取ることができず、数回の通院が必要です。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCとは歯科医師や歯科衛生士が、専用の機械を使用しておこなう歯のクリーニングです。PMTCによって、歯周ポケットの奥の歯石や細菌の集合体であるバイオフィルムもキレイに除去することができます。さらに、フッ素入り研磨ジェルを使って歯面清掃をおこなうことで、着色汚れを除去し、虫歯になりにくい強い歯に仕上げます。PMTCは保健適用外となるため、費用はかかりますが一度ですべての歯をキレイにすることができます。

クリーニングは定期的におこないましょう

クリーニングによって歯垢や歯石を除去することは、虫歯や歯周病の予防に繋がります。特に歯石は、ご自身の歯磨きなどのセルフケアだけでは取り除くことができないため、放置すると歯石の中で歯周病菌が繁殖してしまい、歯周病の発症・進行のリスクが高くなってしまいます。そのため、歯科医院で定期的に歯のクリーニングをおこない、歯垢や歯石を除去することが必要なのです。クリーニングの際には、口腔内の状態も確認するので虫歯や歯周病を早期の段階で発見することも多く、その場合は早期治療をおこなうことができるのです。

Doctor’s コラム

2020/9/17
正しい歯の磨き方
正しい歯磨きをしないと、口腔内を不衛生にしてしまい、虫歯や歯周病のリスクを高くしてしまうだけでなく、歯や歯茎を傷つける場合もあるのです
2020/9/3
親知らずは抜くべき?
親知らずとは、永久歯の中で一番最後に生えてくる歯です。親知らずが生えてくる時期は個人差がありますが、10代後半から20歳前後に生えるのが一般的といわれています。親知らずの影響についてご説明いたします。
2020/8/22
目立ちにくい歯列矯正治療とは
目立ちにくい矯正装置を使用した治療を選択することで、周囲に矯正治療をしていることが気づかれにくくなるため、口元を気にすることなく歯列を整えることができるのです。
2020/8/11
虫歯は遺伝するの?
虫歯の原因菌は、「ミュータンス菌」という細菌です。この菌が食べ物に含まれる糖を栄養源として酸を出し、その酸によって歯のエナメル質を溶かしていきます(脱灰)。はたして虫歯は遺伝するのでしょうか。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング