正しい歯の磨き方|大分県別府市の矯正歯科

正しい歯の磨き方

口腔内を清潔に保つためにも、ご自身での歯磨きがとても重要です。しかし、正しい歯磨きをしないと、口腔内を不衛生にしてしまい、虫歯や歯周病のリスクを高くしてしまうだけでなく、歯や歯茎を傷つける場合もあるのです。そのため、正しい歯磨きを適切におこない、食べカスや細菌の塊である歯垢(プラーク)などの汚れをしっかりと取り除くことが大切です。歯垢は水に溶けにくく粘着性があるので、歯の表面に付着してしまうと、うがいでは除去することができません。また、歯垢は歯と歯の間や歯と歯茎の境目などに付きやすいので、歯ブラシが届きづらく、正しく磨かないと磨き残しが多くなってしまうため、歯磨きで気を付ける歯や順番を決めておくこともお勧めです。さらに、歯と歯の間の汚れは、デンタルフロスや歯間ブラシを併用して使用すると、より効果的に除去することができるので、歯磨きの際に取り入れるようにしましょう。

正しい歯の磨き方

歯ブラシの持ち方

歯ブラシの持ち方には、握るようにして持つ「パームグリップ」という持ち方と、鉛筆を持つような持ち方の「ペングリップ」があり、磨く箇所によって持ちやすい持ち方で磨きましょう。その際に、力が入りすぎてしまう場合は、ペングリップの持ち方で毛先が広がらない程度の強さで磨くようにしましょう。

歯ブラシの選び方

市販されている歯ブラシには様々な種類がありますが、ご自身の歯並びの状態や、使用しやすさに合わせて選択しましょう。また、歯ブラシの毛先が開いたり長く使用した歯ブラシは、細菌が付着しているうえにしっかりと磨けませんので、1ヶ月に1本を目安に新しい歯ブラシに取り替えるようにしましょう。

歯の磨き方

歯は部位によって磨き方が異なります。表側の歯は、歯と歯茎の境目に歯ブラシを当てて、歯茎をマッサージするように2~3mm程度、小刻みに動かしながら磨きましょう。前歯の裏側は、歯ブラシを縦向きに当てて、汚れをかき出すようにして磨きます。奥歯は、噛み合わせ部分の溝に歯ブラシが届きづらいので、歯垢などの汚れが溜まりやすいため、小刻みに歯ブラシを動かして丁寧に汚れを取り除きましょう。奥歯の裏側を磨く際は、歯ブラシを45度の角度に傾けると届きやすくなります。歯と歯茎の境目も、奥歯の裏側同様に歯ブラシを45度の角度に当てて、回転させながら汚れをかき出すように磨き、歯ブラシを5mm幅程度で前後に動かすことで、歯周ポケットの歯垢の除去が効果的におこなえます。歯と歯の間は、歯ブラシを小刻みに動かして毛先が歯と歯の間に留まるように磨き、デンタルフロスや歯間ブラシを併用しながら歯垢を取り除きましょう。

デンタルフロス

デンタルフロスには、「糸巻きタイプ」と「ホルダータイプ」があり、ご自身の使いやすい方を使用しましょう。

糸巻きタイプの使用方法

まずフロスを40cm程度引きだして切り、指と指の間が10~15cm程度になるように両端を左右の中指に数回巻きつけます。歯と歯の間に入れ込む際は、歯の箇所によって人差し指もしくは中指の腹に当てながら、糸が張った状態を保つようにしてフロスを入れていきます。フロスを差し込んだら、抜き差しするだけではなく歯の表面を擦るようにして、動かしながら汚れを取り除きましょう。差し込んだら引き抜くという動作を繰り返すことで、歯と歯の隙間の根元の部分までキレイに磨くことができます。歯の隙間が詰まっていて、抜き差しが大変な方は、糸巻きタイプのデンタルフロスがお勧めです。一度使用したフロスには目に見えない雑菌がついているので、一箇所の歯の清掃が終わったら指に巻いてあるフロスを取り、キレイな部分を引きだして使用しましょう。

ホルダータイプの使用方法

ホルダータイプのフロスは、一般的なデンタルフロスで糸巻きタイプのように準備の必要もありません。まず、歯の隙間に入れ込んだら、糸巻きタイプ同様に前後に動かしながら歯の表面を擦るように歯垢を取り除きましょう。さらに根元まで下ろして、両側の歯の表面もキレイに磨きましょう。ホルダータイプのフロスは糸が太いものが多く、糸巻きタイプのフロスのように簡単に引き抜くことができず、必ず歯と歯の隙間から外すように抜かなければいけないため、無理に引っ張るようにすると歯に負担がかかる可能性があります。そのため、歯と歯の隙間が詰まっていて、差し込みづらかったり抜きだしにくい場合は、ゆっくりと前後左右に動かしながら丁寧に使用しましょう。 デンタルフロスは最低でも2~3日に1回は使用するようにして、歯の隙間の汚れを除去することをお勧めいたします。

歯間ブラシ

歯間ブラシの形状には「L字型」と「ストレート型」があります。一般的に、L字型は奥歯に使用し、ストレート型は前歯に使用します。また、様々な隙間の大きさに対応できるように、歯間ブラシは大小いくつかのサイズがありますが、歯や歯茎を傷めないために隙間の大きさより少し小さめのものを選ぶようにしましょう。 歯間ブラシの使用方法は、歯と歯の間に優しく差し込んで、歯面に沿わせて2~3回往復させて磨きます。その際、奥歯は内側と外側からの両方向から使用すると、より効果的です。使用後は流水でよく汚れを落としてから、風通しの良い所で保管して、歯間ブラシの毛が乱れたり短くなったら取り替えましょう。歯間ブラシの性状、商品によっては使い捨てのものもあるため、注意が必要です。

食べたら磨きましょう

食べ物を食べた後などは、歯垢の中の細菌が糖を栄養として酸を作りだすことで、歯の表面はカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出して酸性状態になります。口腔内が唾液の作用によって中性状態に戻るには、40分〜1時間ほどかかるため、その間はミネラルが溶けやすい状態が続くので、食事後は歯を磨く習慣を身につけるようにしましょう。 また、就寝中は唾液の分泌量が少なくなり、唾液の自浄作用が低下してしまうことから、口腔内に細菌が増殖しやすくなります。そのため、就寝前の歯磨きは特に丁寧におこないましょう。細菌の増殖を防ぐために、デンタルリンスを使用することもお勧めです。

Doctor’s コラム

2020/9/17
正しい歯の磨き方
正しい歯磨きをしないと、口腔内を不衛生にしてしまい、虫歯や歯周病のリスクを高くしてしまうだけでなく、歯や歯茎を傷つける場合もあるのです
2020/9/3
親知らずは抜くべき?
親知らずとは、永久歯の中で一番最後に生えてくる歯です。親知らずが生えてくる時期は個人差がありますが、10代後半から20歳前後に生えるのが一般的といわれています。親知らずの影響についてご説明いたします。
2020/8/22
目立ちにくい歯列矯正治療とは
目立ちにくい矯正装置を使用した治療を選択することで、周囲に矯正治療をしていることが気づかれにくくなるため、口元を気にすることなく歯列を整えることができるのです。
2020/8/11
虫歯は遺伝するの?
虫歯の原因菌は、「ミュータンス菌」という細菌です。この菌が食べ物に含まれる糖を栄養源として酸を出し、その酸によって歯のエナメル質を溶かしていきます(脱灰)。はたして虫歯は遺伝するのでしょうか。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング