痛みが少なく、治療期間が短い矯正デーモンシステム

「痛みが少なく、治療期間が短い」デーモンシステム

デーモンシステムとは

従来の一般的な矯正治療である「ブラケット矯正治療」は、矯正装置のブラケットにワイヤーを通して固定するために、ゴムやリングなどを取り付けて結紮(けっさつ)する必要がありました。そのため、ブラケットとワイヤーの間に大きな摩擦が生じてしまうので、歯の動きが妨げられ痛みを生じやすいのですが、このブラケットとワイヤーにかかる摩擦力を抑えるブラケット矯正治療法が開発されました。それがデーモンシステムです。

アメリカの矯正医「Dr.Dwight Damon」によって開発された、新しい矯正治療システムであるデーモンシステムに使用される矯正装置は、「セルフライゲーションブラケット」というワイヤーを、開閉式のシャッタータイプのブラケットで挟み込む「自己結紮」によって、ワイヤーとブラケットにかかる摩擦力を従来の約1/600まで抑えることができるため、従来のブラケット矯正に比べ歯にかかる力を抑えながら矯正治療を進めることが可能です。これによって、弱い力でも効率良く歯を動かすことができ、さらに生理学的にも無理がないため、患者さんの唇や舌の筋肉と調和した自然な歯列を作ることもできるのです。デーモンシステムによる矯正治療期間は、従来の矯正治療よりも平均して約20~30%、最大で約50%も短縮することが可能といわれており、結紮する必要もないので治療時間も短く済むことができます。

当院では、デーモンシステムの中でも、装置が透明で目立ちにくい「デーモンクリア」を採用しています。

デーモンシステムのメリット

治療期間が短い

従来のブラケット矯正よりも、ブラケットとワイヤーの間の摩擦力が軽減されるため、弱い力で無理なく効率的に歯を動かすことができます。そのため、正しい位置に早く歯を動かすことが可能になるので、治療期間を短縮することができます。

通院回数を減らせる

持続的に力がかかる形状記憶のワイヤーを使用することで、従来のブラケット矯正では4週間に1回だった通院を、6週間から場合によっては10週間に1回での通院で治療がおこなえるため、通院回数を減らすことができます。

痛みを軽減できる

従来のブラケット矯正の10/1程度の弱い力で、効率よく歯を動かすことができるため、矯正治療における痛みを軽減することができます。そのため、矯正治療中も快適に過ごすことができます。

非抜歯治療の可能性が高くなる

デーモンシステムは、その周辺組織である歯槽骨や歯周組織も、歯とともに大きく動かします。そして、患者さんの舌や口腔周囲の筋肉から力を受けて、調和したところまで歯列が側方へ自然に拡大するため、非抜歯での治療の可能性が高まります。ただし、口元や噛み合わせの状態によっては抜歯の必要もあるため、全ての患者さんが非抜歯で治療をおこなうことができるというわけではありません。

口腔内を清潔に保つことができる

従来のブラケット矯正では、ブラケットとワイヤーを固定するためにゴムやリングなどを使用していたため、装置に汚れが付着しやすかったのですが、デーモンシステムは自己結紮であるため、汚れがつきにくく歯磨きもしやすいため、口腔内を清潔に保つことができます。

拡大装置がほとんど必要ない

歯列が狭い場合は、裏側に拡大装置をつけることがあります。しかし、デーモンシステムでは、ブラケットとワイヤーの力だけで歯列を拡大できるため、拡大装置はほとんど必要ありません。

歯周組織に悪影響を及ぼさない

歯に無理な力を加えないので、歯周組織への影響が少なくてすみます。さらに、歯根の吸収が起こりにくくなります。

デーモンシステムのデメリット

費用が従来に比べ高額になる

デーモンシステムは、一般的なブラケット矯正よりも高額になる傾向があります。そのため、治療における費用も高くなってしまいがちです。

通常のブラケットよりも大きく厚みがある

デーモンシステムのセルフライゲーションブラケットは、ブラケットにワイヤーを固定するクリップが内蔵されているため、一つひとつのブラケットが従来のブラケットに対して、大きく厚みがあります。そのため、装置が目立ってしまうことがデメリットとされていましたが、近年では新しい小型化されたセルフライゲーションブラケットも発表されており、ブラケットの装着感は従来のブラケットと比較してもほとんど変わりません。

デーモンシステム以外のセルフライゲーションブラケット

Clippy-C

日本の「トミーインターナショナル社」が開発した、セラミック製のセルフライゲーションブラケットです。ブラケットの素材に半透明のセラミックを使用しており、強度を保つ必要があるワイヤー接続部を、白色の金属であるロジウムでコーティングしているため、目立ちにくいのが特徴です。

Smart Clip

世界でもトップクラスの矯正材料のメーカーである、「3Mユニテック社」が開発したセルフライゲーションブラケットです。ニッケルチタン製のクリップでワイヤーを固定するため、ワイヤー交換も簡単におこなうことができるので、矯正治療時間が短縮できます。また、シンプルな構造のため口腔内を清潔に保ちやすいです。

クリアティSL

Smart Clipの機能性に加えて、審美性を改良したのが「クリアティSL」です。細かいセラミック粒子を使用した半透明のブラケットのため、より目立ちにくいです。

Doctor’s コラム

2021/2/27
ブラケット矯正とマウスピース矯正の違い
歯列矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法がありますが、矯正装置がそれぞれ異なるため、治療方法やメリット・デメリットも違います。
2021/1/13
矯正治療中に注意が必要な食べ物
一般的なブラケット矯正の場合、治療期間中は装置を外すことができないので、食事の際は注意が必要になります。
2020/12/27
侵襲性歯周炎とは??
10代や20代の若い年齢の方に発症して急速に進行して重症化すること歯周病があるのです。この歯周病を「侵襲性歯周炎」といい、別名「若年性歯周炎」とも呼ばれます。
2020/12/15
だらだらと時間をかける食事は虫歯の原因?
虫歯は、歯が虫歯菌に溶かされてしまうことで引き起こされるのですが、虫歯になる要因の一つとして、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられるのです。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング