矯正歯科とは|大分県別府市の矯正歯科

糖尿病と歯と健康の関係

近年、歯の病気である「歯周病」と、全身疾患である「糖尿病」には密接な関係があることがわかっています。糖尿病によって慢性の高血糖の状態が長く続くと、合併症を発症する確率が高くなるのですが、歯周病は「網膜症」「腎症」「神経障害」「心疾患」「脳卒中」に次いで「糖尿病の第6の合併症」といわれるほどになりました。そのため、糖尿病の疾患がある方は、歯周病になるリスクが高くなってしまうのです。糖尿病と歯周病の関係をご説明いたします。

歯周病とは

近年、歯の病気である「歯周病」と、全身疾患である「糖尿病」には密接な関係があることがわかっています。糖尿病によって慢性の高血糖の状態が長く続くと、合併症を発症する確率が高くなるのですが、歯周病は「網膜症」「腎症」「神経障害」「心疾患」「脳卒中」に次いで「糖尿病の第6の合併症」といわれるほどになりました。そのため、糖尿病の疾患がある方は、歯周病になるリスクが高くなってしまうのです。糖尿病と歯周病の関係をご説明いたします。

糖尿病とは

糖尿病とは、膵臓から出るホルモンで血糖を一定の範囲におさめる働きを担う「インスリン」が十分に働かないため、血液中の血糖値が増えてしまう疾患で、血糖値が何年間も高いままで放置されてしまうと、血管が傷ついてしまい、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、重篤な病気に繋がります。(慢性合併症)また、血糖値が著しく高くなると、それだけで昏睡などを起こしてしまう危険性があります。(急性合併症)

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病が歯周病に与える悪影響

糖尿病になってしまうと、症状によって口腔内の唾液の分泌量が減ってしまうため、口や喉が渇いた状態になります。唾液の分泌量が減ってしまうと、唾液の浄化作用や殺菌作用が機能しなくなるため、食べカスや細菌を洗い流すことができず、細菌が増えてしまうため、口腔内が不衛生な環境下になってしまいます。そのため虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまうのです。さらに細菌に対する抵抗力や、組織の修復力の低下も伴うため、歯周病をより重症化させてしまうのです。

歯周病が糖尿病に与える悪影響

歯周病が悪化してしまうと、歯周組織にまで歯周病が進行してしまいます。この歯周病関連細菌から出される内毒素は、歯茎から歯髄に通る血管内に侵入し、全身に運ばれてしまいます。さらに血管内に入り込んだ内毒素は、インスリンの働きを鈍らせようとします。すなわち歯周病が重症化した歯周炎によって血糖値が上昇し、糖尿病の血糖コントロールをますます困難にしてしまい、同時に歯周炎もさらに進行してしまうという、悪循環に陥ってしまうのです。インスリンの働きを鈍らせようする内毒素に対して、体はより多くのインスリンを産生しようとします。(高インスリン血症)しかし、高インスリン血症が長く続くことで、インスリン産生細胞である膵β細胞が疲労困憊してしまい、最悪の場合、末期の糖尿病となる危険性があるのです。

歯周病を治療することで血糖コントロールが改善される

歯周病と糖尿病は密接に関係していることから、歯周病の治療をおこなうことで血糖コントロールが改善することも、研究によって分かっています。反対に、糖尿病の治療が歯周病にもよい影響を与えるという報告もあります。歯周病の症状の一つに、歯茎からの出血がありますが、糖尿病の治療前には多くの部位で出血していたのが、治療半年後には出血部位が減ったという報告もされているのです。そのため、糖尿病と歯周病の双方の治療を適切におこなうことが重要なのです。

歯周病の治療のためには、毎日のご自身での正しい歯磨きなどのセルフケアが大切です。さらに、定期的に歯科医院で歯のクリーニングをおこない、炎症の原因となっている歯垢や歯石を取り除くことが必要です。その際にスケーリングの他に、専門の器具を使用するPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)をおこなうことで、通常取り除くことができない歯茎の中の歯垢や、細菌の集合体であるバイオフィルムをきれいに取り除くことができます。歯周病の治療後も口腔内を清潔に保つことで、インスリンの抵抗性が改善できるため、同時に血糖コントロールも改善されていくのです。 糖尿病治療は、これまでの薬物療法・運動療法・食事療法から、禁煙と歯周病治療を加えることで症状の改善を目指します。

Doctor’s コラム

2020/7/2
災害時には口内ケアが重要です
災害時の口腔ケアは命を守るためのケアの一つであり、とても重要です。断水などによって水不足になると、後回しにされがちになってしまいます。
2020/6/30
ホワイトニングとクリーニングの違い
近年、歯の美しさへの意識が高くなってきたこともあり、歯を白くする「ホワイトニング」をおこなう方が多くなっています。その際、「歯のクリーニング」と混同してしまう方も少なくありません。
2020/6/19
歯を失う原因
歯を失ってしまうことは、口腔内だけでなく身体全身にも様々な悪影響を及ぼしてしまいます。虫歯や歯周病を予防することは、歯を守ることにも繋がるため、予防歯科」の徹底が重要です。
2020/6/1
歯周病は腫れや出血がおさまっても安心できない
歯周病は、歯茎などの歯周組織が歯周病菌に感染してしまうことによって引き起こされる炎症性疾患です。口腔内を清潔に保っていないことで、食べカスや細菌の塊である歯垢(プラーク)などの汚れが溜まってしまいます。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング