失敗しない矯正歯科医院の選び方|大分県別府市の矯正歯科

失敗しない矯正歯科医院の選び方

歯並びが悪くて矯正治療を受けたいけれど、どの矯正歯科医院を選べばいいのか分からないと、お悩みの方も多いと思います。歯列矯正治療は、基本的に保険適用外治療となり、治療期間も保定期間を含めると長い期間がかかってしまい、経済的・身体的・精神的に負担がかかってしまいがちです。高い費用と長い期間をかけて治療をおこなうため、失敗しない矯正歯科医院を選ぶことは、とても重要だといえます。矯正歯科医院を選ぶ上で、目安となるポイントをご説明いたします。

失敗しない矯正歯科医院の選び方

丁寧なカウンセリングをおこなっている

矯正治療をおこなう前には、事前のカウンセリングをおこないます。その際に、丁寧なカウンセリングをおこなっている医院を選ぶことは大切です。歯列矯正治療は、患者さんの口腔内や顎の骨の状態の確認が必要になるため、歯科用CTやX線などの精密検査をおこないます。そのため、治療を始める前にどのような検査をおこない、検査の結果どのような状態なのかを分かりやすく説明をしてくれる医師がいる医院は、良い医院だといえます。また、治療にかかる費用や、治療期間、治療の流れなどの治療計画を、メリットだけではなくデメリットを含めて詳しく説明をしてくれるかどうかも重要です。矯正治療方法は患者さんの症状と、口腔内や顎の状態によって治療方法が異なりますが、患者さんの意向も踏まえた上での治療方法を立案してくれる医師は信頼できるため、治療もスムーズにおこなうことに繋がります。できるだけ患者さんの気持ちに寄り添った治療をおこなうためにも、患者さんが納得できるまでしっかりと話を聞いてくれるといった「インフォームドコンセント」を重視している医院を選ぶようにしましょう。

医療設備が充実している

歯列矯正治療は、一般的な歯科治療とは違い、より綿密な治療計画が必要になります。特にマウスピース型矯正治療の「インビザライン」は、より正確な装置を作製するために、歯科用CTスキャン以外にも専用の口腔内スキャナー「iTero element」を使用しての歯型のデータの取得や、治療開始から治療終了までの歯が動いていく過程と治療後の歯並びを、コンピュータ上で患者さんと一緒に確認する「クリンチェック」と呼ばれるシミュレーションソフトを使用することで、より確実な治療計画を立案することができます。そのため、患者さんの症状によって矯正治療方法を選択することが可能な、医療設備の整った医院を選ぶことも大切です。

衛生管理が徹底している

歯列矯正治療は、患者さんの症状によっては外科的措置が必要になることもあります。そのため、専用の手術室を完備していたり、患者さんの口の中で使用するものは全て消毒し、専用の機器によって滅菌をおこない、さらに紙エプロンやコップ、歯科医師や歯科衛生士が使用するグローブなどの使い捨てできるものは常に新しいものと交換するような、衛生管理の徹底した医院を選ぶのも良いでしょう。

矯正治療中の適切な口腔ケアをおこなってくれる

矯正治療の中でもブラケット矯正治療は、治療が終わるまで装置を取り外すことができないため、装置と歯の隙間などの歯磨きがしづらくなってしまうので、食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。ご自身での歯磨きなどのセルフケアを丁寧におこなっても、なかなか全ての汚れを取り除くことが難しいため、定期的な通院の際に歯の動きの確認や、装置の調整をおこなうだけではなく、口腔内の健康状態もしっかりと確認することが大切です。さらに、歯が動くことで一時的に噛み合わせが悪くなってしまうことも考えられることから、噛み合わせの確認・調整をおこなう必要もあります。そのため歯列矯正治療は、単に矯正治療をおこなうだけでなく、治療中の口腔内全体のケアをしっかりとおこなってくれる医院を選ぶことも良いでしょう。

症例数の多い医院である

歯列矯正治療は、患者さん一人ひとりの口腔内の状態が異なるため、様々な症例から、患者さんにとって最も適した治療計画を立案することが重要です。そのため、症例数の多い経験豊富な医師のいる医院を選ぶことも大切です。中でもインビザラインでは、一年間のインビザラインを用いた矯正治療の症例数に応じて、年に一度実績評価をおこなっており、決められたランクが医師に与えられているため、歯科医院選びの一つの基準となります。

 

まとめ(新港イトセ歯科の特徴)

当院では、事前に無料カウンセリングをおこなっており、患者さんの悩みや希望の治療方法などを伺い、必要であれば口腔中の写真を撮影し、一緒に確認しながら説明をします。その後、口腔内の診察をおこなってから、治療に必要な処置や治療期間、費用なども詳しく説明して、患者さんが納得した上で治療をおこないます。また、矯正治療を安心・安全におこなうために、全て完全個室の治療室を完備しており、手術中は清浄度クラス10000に保ち、無菌状態で治療をおこなうことができる専用の手術室も保有しています。

医療設備においても、「iTero element」や歯科用CTなどの高度な機器を導入しており、それ以外にもオートクレープによって、使用する機材はすべて高温で滅菌しており、口腔内で使用するタービンやエンジンなども専用の機器で滅菌し、使い回しは一切しておりません。矯正治療中も、口腔内の状態の確認や装置の調整、噛み合わせの状態の確認もおこなっています。

インビザラインの症例数では、当院はダイヤモンドプロバイダーを獲得しています。2019年5月の段階では、九州でダイヤモンドステータスの医院は当院のみが認定されており、全国でも20件ほどの歯科医院が認定されているようです。さらに抜歯を伴う矯正治療においても、多数の症例を経験していますので、安心して矯正治療を受けて頂くことができます。

新港イトセ歯科のダイヤモンドステータスとiTero2導入>>

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング