二重歯列の原因と悪影響|大分県別府市の矯正歯科

二重歯列の原因と悪影響

二重歯列とは

二重歯列は、主に前歯部分の歯の並びがデコボコになっていて、歯が二列に並んでしまっている不正咬合のことをいい、叢生ともいわれます。口を大きく開けたときや、歯を出して笑ったときに目立ってしまうため、二重歯列がコンプレックスになっている方も多くいらっしゃいます。また稀に、乳歯が完全に抜けきらないまま残ってしまうことがあり、一列の並びに永久歯が生えてきてしまい、並んでしまうことがあります。これは二重歯列ではなく混合歯列と呼ばれるものです。

二重歯列になる原因

二重歯列になる原因は大きく分けると、顎が原因である場合と、乳歯が原因の場合があります。

顎が原因である場合

日本人は外国人に比べると、遺伝的に顎が小さいという特徴があります。また、近年の食生活にも原因があり、柔らかな食べ物が増えてきたことにより、子供の頃から硬い物を食べることが少なくなったため、顎が子供の頃からあまり発達せずに小さなままであることも原因です。顎が小さいままだと、親知らずを含める全ての永久歯が一列にきれいに並ぶためのスペースが不足してしまいます。生えるべき場所にスペースがないため、歯が後ろや前にずれて生えてしまうことで二重歯列になってしまうのです。さらに顎が一般的な大きさだとしても、歯の形が通常よりも大きい場合も歯が並ぶためのスペースが不足してしまうので、きれいに一列へ並ぶことが難しくなるため二重歯列になってしまう場合があります。

乳歯が原因である場合

乳歯が抜けきれずに残ってしまい、永久歯と一緒に並んでしまう混合歯列の状態の歯も原因になります。通常であれば、永久歯ができてくると乳歯の根は吸収されるため抜けるのですが、乳歯の根の吸収がうまくされていないのが原因で二重歯列になることがあります。また、乳歯が虫歯になってしまったことが原因で、予定より乳歯が早く抜けてしまうと歯並びが悪くなることがあります。乳歯が早く抜けてしまった箇所にスペースができてしまうため、永久歯が生えてくるまでの間にその周辺の歯が傾いてきてしまうため、本来生えるスペースがなくなってしまい二重歯列になってしまうのです。

そのほかにも、指しゃぶりをすることで指が歯を押してしまうため、歯並びのバランスが崩れてしまい二重歯列になってしまう場合があります。爪を噛む癖や、唇を噛む癖も不正咬合になってしまう原因となります。

二重歯列とは

虫歯や歯周病のリスクが高くなる

二重歯列によって歯が完全に重なってしまっている場合は、歯磨きの際に歯の間が磨きづらくなってしまいます。そのため磨き残しが増えてしまい、口腔内が歯垢や細菌が増えて不衛生になってしまいます。歯垢や細菌が増えてしまうことで、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまうのです。さらに二重歯列は虫歯や歯周病になったあとも進行しやすいため、注意しなければ最悪の場合は歯を失う危険性もあるのです。

コンプレックスになってしまう

二重歯列である場合の中でも、特に前歯が二重歯列である場合は見た目を気にしてしまう方が多いです。二重歯列がコンプレックスとなってしまうため、人前で話すときに歯を見せて笑うことができなくなったり、会話をするときに手で歯を隠してしまう癖がついてしまう場合があります。不正咬合のコンプレックスによって、性格も引っ込み思案になったりすることがあり、心の健康にも悪影響を及ぼしてしまいます。

噛み合わせが悪くなる

二重歯列によって、上下の歯の噛み合わせが悪くなってしまうことが多いです。中には歯がねじれてしまったり傾いていることもあり、そのまま放置すると口腔内環境がますます悪化してしまう場合があるため、早めに治療しましょう。

顎関節症になってしまう場合がある

上の前歯が二重歯列の場合、下の前歯が二重歯列に挟まってしまうことで下顎が可動域が制限されてしまったり、上下の顎がズレてしまうことがあります。そのため顎関節症になってしまう場合があります。顎関節症は、顎の筋肉や関節の痛みだけでなく、頭痛や肩こりも引き起こす可能性もあり、場合によっては顔や体の歪みの原因にもなってしまうのです。

二重歯列の矯正方法

二重歯列は、基本的には矯正治療によって歯並びを改善していきますが、歯が並ぶためのスペースがあるか、矯正治療後に下顎と上顎がしっかり噛み合うかなどの口腔内の状況によって、治療方法が変わってきます。顎が小さかったり、歯が大きいなどの顎と歯がアンバランスであるときは、歯の並ぶスペースを作るために抜歯が必要な場合もあります。

二重歯列は多くの場合、歯列矯正治療で治すことができます。二重歯列でお悩みの方は、一度当院のカウンセリングを受けていただくことをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2020/11/30
矯正治療における痛みの原因
矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法があり、症状や装置によって痛みの度合いが変わります。
2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング