八重歯は不正咬合の一種|大分県別府市の矯正歯科

チャームポイントにもなる「八重歯」は実は不正咬合の一種

日本では昔から八重歯は可愛いとされています。

笑ったときに見える八重歯に幼さを感じたり、チャームポイントといった、ファッション性があると思う方が多いのです。八重歯は小さな牙が生えているようにも見えるので、小動物のようなイメージを与えて、女性においては特に幼く見えて、男性ではやんちゃな明るい印象を与えるようです。近年では、八重歯がない方が付け八重歯という人工歯を貼り付ける治療まであるのです。 しかし、八重歯は本来叢生という不正咬合の一種なのです。日本人は顎が細く小さいという特徴がある上に、生活環境や遺伝によって顎の骨が発達しきれない場合があります。その場合、歯が正しく並ぶためのスペースを確保できなくなるため、歯が重なって生えてしまうことで不正咬合が起きてしまいます。

犬歯は他の永久歯よりも遅く生えてくるため、歯列に並ぶことができなくなることがあり、その場合は八重歯になりやすくなってしまうのです。この八重歯も不正咬合には変わりないため、そのままにしておくと様々なトラブルの原因にもなってしまいます。

八重歯が起こす口腔内のトラブル

虫歯や歯周病になりやすい

八重歯の周辺は歯が正しく並ぶための隙間がないため、歯が重なっています。そのため、歯磨きの際に歯ブラシが届きづらい箇所ができてしまうため、磨き残しが増えてしまい歯垢や細菌が溜まってしまうので、虫歯や歯周病になってしまうリスクが高くなってしまいます。しかも、歯が入り組んでいるため虫歯を見つけづらいので、気づいたときには進行してしまっているケースもあります。そのため八重歯周辺は、より丁寧な歯磨きや口腔ケアが必要となります。通常の歯ブラシでは磨き残しの原因となってしまう場合もあるので、磨きやすい歯ブラシを選ぶようにしましょう。さらにデンタルフロスやマウスウォッシュなどは、歯ブラシの届きにくい部分もしっかりとケアしてくれるため、八重歯のケアに効果的です。

知覚過敏の原因になる

犬歯には、咀嚼の際に他の歯にかかる負担を軽減する大切な役割があります。しかし犬歯が八重歯になってしまうことで、その働きが弱まる可能性があるため、他の歯にかかる力を受けとめる機能を果たせなくなってしまい、他の歯にかかる負担が大きくなってしまいます。また、咀嚼するときに犬歯が機能しなければ、奥歯に強い負担がかかってしまい、歯が欠けたり、割れたりすることで知覚過敏を引き起こす場合があります。

口内炎になりやすい

八重歯になってしまった犬歯は、先がすり減らず尖ったままのため、下唇の内側を傷つけてしまったり、激しいスポーツなどでぶつかったりすると、八重歯は出っ張っているため口腔内を傷つけることがあります。その傷口から細菌が入ると口内炎になる場合もあります。

口臭の原因になる

八重歯があることによって口が閉じにくくなると、口呼吸になってしまいがちになってしまいます。口呼吸は口の中を乾燥させてしまうため、唾液の分泌量を減少させてしまいます。唾液には殺菌作用や浄化作用があるのですが、口腔内に唾液が少なくなってしまうため細菌が繁殖してしまいます。そのため口臭もきつくなってしまうのです。

八重歯は矯正治療によって整えることができる

八重歯があることは、他の歯に強い負担をかけてしまうため、歯の寿命を縮めてしまう危険性があります。歯の寿命を伸ばすためにも、歯列矯正によって正しい位置に犬歯を誘導することで他の歯にかかる負担が減るため、歯全体の寿命を延ばすことができるようになります。さらに八重歯を矯正することで、犬歯自体やその周辺の歯も虫歯や歯周病になりにくくなるため、口腔内を健康に維持することができる場合が多いです。 矯正方法は、八重歯の後ろの歯を抜歯し、空いたスペースへ前に飛び出た八重歯を移動させる矯正治療方法が多く、ブラケット矯正治療やインビザラインなどの透明で目立ちにくいマウスピース矯正治療をおこなうことも可能です。

八重歯についてのまとめ

八重歯があることで可愛い印象を与えることができます。しかし、八重歯があることによって虫歯や歯周病になりやすい、知覚過敏になりやすいといった口腔内のトラブルのリスクも高くなってしまいます。さらに、八重歯は海外においては不正咬合として悪い歯並びとして捉えられています。またドラキュラの歯といって嫌うこともあるのです。国によって美しいとされる感覚が違うということもありますが、本体の美しい歯並びは正しい位置に歯がキレイに生えて揃っているということから、歯の美意識の観念からすると八重歯は矯正するべきだといえます。 八重歯を矯正するべきかお考えの方は、一度、事前に当院でのカウンセリングを受けて頂くことをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2021/2/27
ブラケット矯正とマウスピース矯正の違い
歯列矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法がありますが、矯正装置がそれぞれ異なるため、治療方法やメリット・デメリットも違います。
2021/1/13
矯正治療中に注意が必要な食べ物
一般的なブラケット矯正の場合、治療期間中は装置を外すことができないので、食事の際は注意が必要になります。
2020/12/27
侵襲性歯周炎とは??
10代や20代の若い年齢の方に発症して急速に進行して重症化すること歯周病があるのです。この歯周病を「侵襲性歯周炎」といい、別名「若年性歯周炎」とも呼ばれます。
2020/12/15
だらだらと時間をかける食事は虫歯の原因?
虫歯は、歯が虫歯菌に溶かされてしまうことで引き起こされるのですが、虫歯になる要因の一つとして、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられるのです。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング