ドライマウス|大分県別府市の矯正歯科

ドライマウス

今までに、普段の生活の中で感じるストレスや緊張などによって、口が渇いてしまうといった口腔内が乾燥する症状を経験したことがある方は多いと思います。このような場合は、水を飲んだりすることで改善されるのですが、中には口の中の渇きを常に感じてしまう状態が3ヶ月以上も続いてしまうこともあります。このような症状をドライマウス (口腔乾燥症)といいます。現在、ドライマウスの症状だと確認された方は約800万人と推測されています。さらに、ドライマウスだと診断されていない方も約3,000万人いると推定されていることから、日本の人口の4人に1人が潜在的ドライマウスであるということになります。 そんなドライマウスですが、どのような原因で起こるのでしょうか。また、症状にはどのようなものがあるのかをご説明いたします。

ドライマウスの原因

薬の副作用

普段私たちが服用する、薬の副作用によってドライマウスが起きることがあります。原因となる薬の種類は多く、頭痛などの痛みを抑えるために使用する鎮痛薬や、花粉症の治療などに使われる抗ヒスタミン薬、精神的な高揚や落ち込みなどの起伏を抑える抗うつ薬や向精神薬、血圧を下げる降圧薬などが原因となることがあります。また、高齢者にドライマウスが多くみられることが分かっていますが、その原因の一つとして薬の服用が多いため、薬の副作用によってドライマウスが起こると考えられています。

加齢による筋力の低下

加齢によって口の周りの筋肉は徐々に衰えていきます。筋力が衰えると、咀嚼する力も弱まるため、唾液も分泌しにくくなり口腔内が乾燥して、ドライマウスを引き起こしてしまうことがあります。また全身の筋肉が衰えると、体を支えることが困難になるため姿勢が猫背のように丸まってしまい、さらに顎が前に出ることで鼻呼吸ではなく、常に口を開けたままの口呼吸になりやすくなるため、ドライマウスになりやすくなります。

精神的な緊張やストレスの多い日常生活

精神的に緊張したときや、ストレスを感じたときは、自律神経のバランスが乱れてしまい唾液の分泌が少なくなります。緊張やストレスの緩和されることによって唾液の量も正常に戻りますが、常に緊張やストレスの状態が続いてしまうと、口の渇きが慢性化してしまいドライマウスになってしまうことがあります。

生活習慣

唾液は、しっかりと咀嚼することで顎や舌の筋肉を動かす時に多く分泌されやすくなります。しかし、近年の食生活では比較的柔らかい食べ物が好まれており、硬い食べ物を頻繁に食べなくなってしまったため、十分な顎や舌の筋肉が発達できなかったり、衰えてしまいがちになってしまっているため、唾液の分泌量が少なくなり、口腔内が乾きやすくなってしまいます。また、喫煙やアルコールの摂取も唾液の分泌を減らしてしまう原因になってしまうため、注意が必要です。

ドライマウスをともなう疾患

糖尿病は、体内のインスリンの分泌や作用が低下することによって血糖値が慢性的に高い状態になってしまいます。そのため、血糖コントロールができない場合、糖を含んだ尿が大量に排出されるため、体内が脱水状態になってしまい、ドライマウスになることがあります。他にも免疫の異常によって起こる、膠原病の一種であるシェーグレン症候群もその一つです。口や目、皮膚など全身に乾燥がみられ、さらに息切れや関節痛、気持ちが落ち込んでしまうという症状がでることも多くあるためドライマウスを起こしてしまいます。

さらに、くも膜下出血や脳出血、脳梗塞などの脳卒中により、口の周りの筋肉が麻痺してしまうことによって、唾液の分泌が減少してしまい、ドライマウスを引き起こしてしまうことがあります。また、女性ホルモンのバランスが急激に変化し、心や体にさまざまなトラブルを引き起こす更年期障害もドライマウスの原因の一つといわれています。

ドライマウスの症状

ドライマウスの自覚症状として、口腔内の乾燥や、乾燥によって舌がもつれて話しにくくなる、口の中がネバネバする、唾液の分泌が減るためパンやビスケットなどの乾いた食べ物が食べにかったり、飲み込みにくくなってしまうといった症状が見られます。さらに、口臭が気になる、味覚がおかしくなる、舌や口の粘膜に痛みを感じるという症状も見られます。その他にも唾液の分泌量が減ることで、口腔内を清潔に保つことが難しくなるため、口内環境が虫歯や歯周病になりやすくなってしまったり、唾液の抗菌作用が弱まるため、細菌やウイルスが口腔内で繁殖してしまうため、風邪をひきやすくなってしまう原因にもなってしまいます。

ドライマウスの対処法

ストレスを減らす

緊張や不安などのストレスのある状態が続くと、口の渇きが慢性的に起こります。そのため日頃からストレスをためない生活を心がけることが大切です。また運動は、ストレスに強い心身をつくるのに効果的なため、出来るだけ体を動かすことを心がけましょう。

食べ物をよく噛む

柔らかい食べ物ばかりを食べていると、口周りの筋肉が衰えてしまいます。唾液は、食べ物を噛めば噛むほど分泌されることから、硬く噛みごたえのある食べ物を積極的にとって、よく噛むようにしましょう。

口腔内の乾燥を防ぐ

エアコンなどで乾燥している場所では、口腔内も乾燥しがちになってしまうため、ご自宅では部屋の湿度に気をつけたり、外ではペットボトルを持ち歩き、常に口の中を潤せるようにしておきましょう。飴やガムなども唾液の分泌を促すため効果的です。

口周りの筋力を鍛えたり、マッサージをする

唾液腺を刺激するマッサージや、口の運動などをおこなうことも唾液の分泌を促すために効果的です。

病院で診察を受ける

ドライマウスの症状である、口の渇きを長期間にわたり感じる場合は、糖尿病や脳卒中などの疾患のサインである場合があります。そのため、かかりつけの医院での診察を受けることをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2019/7/13
子供の口腔習癖
私たちが、無意識におこなっている癖が、歯並びや噛み合わせを悪くしてしまう原因になっていることがあります。特に子供の頃の悪い癖は、歯並び顎の発達に大きく影響を及ぼしてしまうために注意が必要です。
2019/7/9
インビザライン、ブラックダイヤモンドドクター
インビザラインをおこなっている医院を選んでいただく一つの基準として、インビザラインは年間症例数に応じて年に一度実績評価をおこなっており、当院はダイヤモンドステータスの認定を受賞しております
2019/7/6
口腔内スキャナ―iTeroとは
矯正治療を成功させるためにも、正確なマウスピースを製作することが重要であり、iTero口腔内スキャナーはその大きな役割を担っています。
2019/7/3
ドライマウス
ドライマウスとはどのような原因で起こるのでしょうか。また、症状にはどのようなものがあるのかをご説明いたします。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング