災害時の口内ケア|大分県別府市の矯正歯科

災害時には口内ケアが重要です

災害時の口腔ケアは命を守るためのケアの一つであり、とても重要なのですが、断水などによって水不足になると、後回しにされがちになってしまいます。しかし、避難所生活や水不足のため、口腔内を清潔に保つことができずに口腔内の菌が増殖すると、身体に悪影響を及ぼす可能性があるのです。災害関連の死因で上位となる肺炎を引き起こす要因に、口内細菌の増加があり、これによって起こる肺炎を「誤嚥性肺炎」といい、高齢者の方に多く見られます。さらに、低栄養や免疫力低下によっても肺炎のリスクが高くなることから、災害時には口腔内を清潔に保つことが命を守ることにも繋がるのです。

災害時の口腔ケアの方法

歯ブラシがないときの口腔ケア

避難所生活などで歯ブラシがない場合は、食後に30ml程度の水やお茶でしっかりうがいをしましょう。また、ハンカチやティッシュなどを指に巻いて歯の正面の汚れを拭うのも効果的です。

唾液マッサージをおこない口腔内の乾燥を防ぐ

唾液には、口腔内の汚れや細菌を洗い流す「自浄作用」があります。そのため、水分をできるだけ摂り、また耳の真下の部分(顎の付け根)をマッサージしたり温めたりして、唾液の分泌を促すよう心がけてください。他にも、ガムを噛むことも唾液の分泌を促す良い方法です。

水が少ない場合の歯磨き

約30mlの水をコップに入れ、その水で歯ブラシを濡らしてから歯磨きをおこないます。徐々に歯ブラシが汚れてくるので、ティッシュやウェットティッシュなどで汚れをできるだけ拭き取ってから歯磨きを再開します。これを小まめに繰り返し、最後にコップの水で2~3回口の中をすすぎます。この場合、一度に全ての水を含むのではなく、2~3回に分けておこなう方がキレイになります。

入れ歯のお手入れ

入れ歯を口腔内に入れたままにしていると、入れ歯と顎の粘膜の間に汚れや細菌が増殖し、炎症を起こすことがあります。炎症は痛みにも繋がるため、必ず入れ歯は外して洗うようにして、可能であれば夜間は外しましょう。また、お手入れの際は入れ歯専用のブラシか歯ブラシがあれば、歯磨き粉をつけずに水で濡らした歯ブラシで磨いてください。歯ブラシがない場合は、水で濡らしたガーゼやティッシュで拭いましょう。

液体ハミガキは効果的です

液体ハミガキは、口腔内全体に広がるので、万一の災害時のオーラルケアに非常に効果的です。使用方法は、約10mlを口に含み、20秒程すすいだ後にブラッシングをします。災害時などで水が少ない状況でも、水ですすぐ必要のない殺菌成分のある液体ハミガキを使用することで、口腔内の汚れや細菌を減らすことができます。また、通常の保存状況で未開封の状態であれば、製造から3年程度経過しても品質に問題なく使用可能ですので、非常時に備えて購入しておくことをお勧めいたします。

誤嚥性肺炎とは

食べ物などの、ものを飲み込むことを「嚥下」といい、嚥下によって食べ物は口から食道、そして胃へと送られます。しかし、嚥下の機能が低下してしまうと、食べ物が誤って気管に入ってしまう「誤嚥」を起こしやすくなります。その際に、口腔内の細菌が唾液や食べ物と一緒に誤嚥されて、気管支や肺に入ることで起こる肺炎のことを「誤嚥性肺炎」といいます。 嚥下機能の低下は、高齢者や脳梗塞後遺症、パーキンソン病などの神経疾患を抱えている方、寝たきりの方に多く見られます。口腔内が清潔に保たれていないと、肺炎の原因となる細菌が口腔内で増殖してしまうため、誤嚥性肺炎を引き起こすリスクが高くなるのです。また、嘔吐などの際に食物と胃液を誤嚥してしまうことで、誤嚥性肺炎を引き起こす場合もあり、これは高齢者に限ったことではありません。

誤嚥性肺炎の症状

高齢者の場合、発熱、咳、痰といった、肺炎としての主な症状があまり見られず、何となく元気がない、食欲がない、傾眠などの症状が見られることが多いのが特徴です。また、睡眠中など知らないうちに気管や肺へ唾液が垂れ込んでしまい、いつの間にか誤嚥を繰り返している「不顕性誤嚥」も、高齢者に多く見られる特徴です。

誤嚥性肺炎の治療

誤嚥性肺炎の治療は、肺炎を起こした細菌に対して有効な抗菌薬による薬物療法をおこないます。全身状態や呼吸状態が不良な場合は、入院による治療をおこないます。一般的に誤嚥性肺炎と診断された場合は、一旦飲食を禁止して治療をおこなうため、体力や栄養状態の低下が生じやすくなります。また、誤嚥性肺炎は再発しやすいこともあり、抗菌薬治療を繰り返すことにより、抗菌薬に抵抗性のある耐性菌が体内で発生してしまうこともあるので、予後不良となる場合も少なくありません。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング