のみ込みの障害|大分県別府市の矯正歯科

嚥下障害(のみ込みの障害) とは

嚥下障害とは

食物を噛んだり、噛み砕いた物を飲み込んで胃に送ることを「嚥下」といい、嚥下をうまくおこなうことができなくなる状態を「嚥下障害」といいます。普段私たちは、食事の際に食べ物を口の中で噛み砕き、舌を使って口の奥に送り込む動作をおこないます。この時に、口の奥の天井の部分である軟口蓋が鼻腔を塞ぐことで、喉頭蓋が閉じます。これにより、口の中の物が誤って気管や鼻に入り込むことを防ぎ、食道から胃へと送り込まれるのです。しかし、嚥下障害によって食べ物を上手く飲み込めないため、食事が取りづらいことから低栄養や脱水症状を起こしたり、喉に物が詰まってしまい窒息を起こすという危険性があるだけでなく、高齢者の命に関わる病気「誤嚥性肺炎」を引き起こしてしまう原因にもなるのです。

嚥下障害の症状

硬い物を食べるのが困難になる

しっかりと噛まないと飲み込めず、硬い食べ物などが食べづらくなるため、柔らかい食べ物や、噛まなくても食べることができる物を好んで食べるようになることで、栄養が偏ってしまったり低栄養になってしまいます。

食事中にむせてしまう

お茶などの水分や、味噌汁などの水分と固形物の入り混じった食べ物がうまく飲み込めず、むせてしまうことが多くなります。むせるのを避けるようになるため、水分を多く含む物を摂らなくなることで、体内の水分量が減ってしまい脱水症状を起こしてしまうこともあります。また飲食物だけでなく、ご自身の唾液でむせてしまう場合もあります。

口から食べ物がこぼれたり、食べ物が口内に残った感じがする

食事中に口から食べ物がこぼれやすくなったり、喉や口中に食べ物が残っている感じがするため、何度も噛んで飲み込もうとしてしまいます。そのため、食事に時間がかかり疲れてしまいます。

食べる意欲が低下してしまう

時間をかけてよく咀嚼しなければ飲み込めなかったり、飲み込んでも口内に食べ物が残ってしまうことから、食べられる物が制限されるため、食事の楽しみが奪われてしまい、食べる意欲が低下してしまいます。そのため、食事量が減ってしまい、十分な栄養が摂れなくなってしまいます。

舌の動きが悪くなり、痰が絡んだ声になる

舌の動きが悪くなるため、食べ物を飲み込みやすい塊にしたり、喉の奥に食べ物を送り込むことが困難になります。また飲み込む力が弱くなるため、喉に食べ物が残ってしまい痰が絡んだような声になったりします。

嚥下障害の原因

解剖学的な構造の異常

摂食嚥下のために必要な器官である、口腔、咽頭、食道などの構造の異常によって、口内から胃までの気管に食べ物の通過を妨げてしまうことで、うまく嚥下ができなくなるケースです。口蓋裂や、その他の原因による顎の形成不全といった先天的疾患や、舌癌や咽頭癌などの口腔・咽頭の腫瘍による場合や、術後の障害が原因となる後天的疾患が挙げられます。

筋肉や神経の異常

器官の構造には異常がなく、それらを動かす筋肉や神経に異常があるため嚥下障害を起こすケースです。脳血管疾患や、パーキンソン病などの神経変性疾患の他にも、多発性硬化症、脳炎、脳腫瘍、脳性麻痺、外傷性脳損傷、筋ジストロフィー、重症筋無力症、多発性筋炎などの脳神経系の障害が原因として挙げられます。また、加齢により咀嚼や嚥下に必要な筋力が衰えることで、飲み込む際に気道を閉じることができなくなり、食べ物が気管に入りやすくなります。

心理的な疾患

うつ病などによる食欲不振といった、心因性の疾患により嚥下障害を引き起こすケースがあります。

嚥下障害の治療方法

間接的訓練

嚥下障害の治療方法として、多く用いられるのが間接的な訓練で、摂食や嚥下に関係する器官に対しておこなう基礎的な訓練です。実際の食べ物を使用しないため、安全性が高いことから、飲食を制限されている患者さんでもおこなうことができます。また、介護施設などでは、食前の準備体操としておこなったり、ご自宅でもおこなうことができます。

直接的訓練

直接的訓練は、実際に食べ物を食べながらおこなう訓練で、段階的摂食訓練ともいいます。患者さんにとって、咀嚼や嚥下しやすい大きさや柔らかさの食べ物から、咀嚼や嚥下が難しい食べ物へと段階を踏みながら徐々に進めていく訓練です。30分程度の食事時間と、7割以上の摂取量を目安に、安全で適切な難易度を設定していきます。実際に食べ物を嚥下させる訓練であるため、誤嚥の有無や可能性の十分な判断が必要です。

手術による治療

嚥下機能改善手術

機能障害に陥っている器官の機能を改善するためにおこなう手術です。誤嚥をできるだけ減らし、口からの食事を可能にします。手術だけで嚥下機能が完全に回復するわけではないため、食事を摂れるようになるには術後のリハビリが大切です。

誤嚥防止術

嚥下機能改善手術をしても嚥下機能の回復や改善が見られない場合におこなう手術法です。食道と気道を分離する手術で、誤嚥の防止を目的としています。しかし、発声機能が失われるリスクがあるため、手術には医師による慎重な判断と、患者さんや家族の理解が必要です。

誤嚥性肺炎とは

誤嚥とは、唾液や食べ物、胃液などが誤って気管に入ってしまうことをいい、その際に食べ物や唾液に含まれた細菌が気管から肺に入り込むことで、感染を起こしてしまうことを誤嚥性肺炎といいます。また、胃の逆流物を誤嚥することで、消化液や酸で気道粘膜が損傷してしまいます。傷ついた気道粘膜は治りにくく働きも鈍くなり、誤嚥しても咳などでなかなか異物を追い出せなくなるので、一度誤嚥性肺炎にかかるとまた繰り返してしまう危険性が高くなります。

誤嚥性肺炎は高齢者に多く発症し、菌が薬に対して耐性をもってしまうこともあるため、予防に努め、罹患した場合は完全に治すことが大切です。 治療には抗生物質を用いますが、ステロイド剤を用いることもあります。しかし、抗生物質やステロイド剤は誤嚥を防ぐ効果はないため、嚥下障害の治療をおこなうことが重要なのです。

Doctor’s コラム

2021/6/4
上顎前突(出っ歯)の症状と治療法
上顎前突とは、上の前歯が前方に大きく突出している、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる不正咬合です。重度の上顎前突は顔の印象の影響も大きいことから、見た目をコンプレックスに感じてしまう方も多いです。
2021/5/29
妊娠中に歯列矯正治療はできる?
歯列矯正治療を開始した後に、妊娠が判明する場合があります。この場合、妊娠中でも矯正治療をそのまま継続して良いのかどうか分からない方も多いかと思います。そんなお悩みにお答えします。
2021/5/8
虫歯があっても矯正治療はできる?
歯列矯正治療は、不正咬合や悪い噛み合わせを矯正装置によって動かすことで正しい位置に整える治療法ですが、悪い歯並びや噛み合わせは虫歯のリスクが高くなるため、治療前に虫歯がある方も少なくありません。
2021/4/28
歯石取りの重要性
食後の歯磨きなどのお手入れが十分でない場合、口腔内が不衛生になり、歯の表面に細菌の塊である歯垢(プラーク)が付着してしまいます。歯垢は粘着性が強いため、うがいをするだけでは取り除くことができません。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング