矯正器具のメンテナンス|大分県の矯正歯科

矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法

歯列矯正治療は、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」がありますが、ブラケット矯正の場合、歯の表面にブラケットとワイヤーを装着しているので、装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。また、装置があることで歯磨きもしづらくなってしまい、通常よりも時間をかけて丁寧にお手入れをしないと汚れはさらに溜まってしまい、虫歯や歯周病のリスクを高くしてしまいます。

ブラケット矯正とは違い、マウスピース矯正は装置がマウスピース型であるため、食事や歯磨きの際に取り外すことで普段通りにおこなうことが可能です。しかし、マウスピースのお手入れを怠ってしまったり、口腔内に汚れが残っている状態で装着すると、虫歯や歯周病の原因となってしまいます。矯正治療期間中は、矯正装置の適切なケアやメンテナンスが重要なのです。

ブラケット矯正の装置のケア方法

矯正治療中は、矯正装置の位置や歯ブラシの動き、当たり具合をなどを確認するためにも、鏡を見ながら磨くことをお勧めいたします。

唇側矯正の装置の磨き方

矯正治療中には、通常よりも念入りにブラッシングすることが大切です。ブラケット矯正は、ご自身で装置を外すことができないことから、基本的にブラッシングによって装置のケアをおこないますが、装置の箇所によってブラッシングの仕方や清掃器具を変えながらケアします。そのため、普段使用する歯ブラシではなく、毛が1列になっている矯正専用歯ブラシを使用して、装置と歯の間など細かなところを磨いたり、毛先が山型になっているタイプの歯ブラシで装置の上下に上手く立てながら磨くことで、効果的に汚れを取り除くことができます。

矯正装置はブラケットを中心に、「斜め上」「真ん中」「斜め下」と分けて磨きましょう。その際、斜め上と斜め下部分はブラシの毛先を歯面に対して45度にして、毛先をきちんと当てながら1本ずつ小刻みに軽い力で磨き、ブラケットと歯の間やワイヤーと歯の間を汚れを取り除きましょう。真ん中を磨く場合は、歯ブラシを歯の正面から当てて磨きます。歯の全体を磨く場合は、歯ブラシを縦にしてブラシの先端部分で1本1本の歯の形に合わせながら、毛先の向きを変えて汚れを掻きだすように磨きましょう。裏側には装置がついていませんが、前歯の裏などはブラシを縦にして歯の裏に沿わせながら磨きましょう。また、歯と歯茎の境目や歯と装置との間などの磨きづらいところには、歯垢や歯石が溜まりやすくなるので、タフトブラシを使用します。タフトブラシは軽い力で持ち、歯と歯茎の境目に毛先を当てて、左右に細かく振動させながら汚れを取り除きましょう。

他にも、歯間ブラシやデンタルフロスなどをうまく併用して、歯と歯の間の食べカスや歯垢などの汚れを取り除きましょう。なお、歯間ブラシは歯間に合わせて、異なるサイズ使い分けることをお勧めいたします。

舌側矯正の装置の磨き方

舌側矯正は装置を歯の裏側に装着しているため、表から装置が見えにくく、普段よりもさらに磨きづらくなってしまうので、丁寧に時間をかけて磨くことが大切です。磨き方は、ブラシを横や縦にしながらワイヤーやブラケット周りを念入りに磨きましょう。また、歯と歯茎の境目や矯正装置の裏側はタフトブラシを使用して、軽い力で左右に細かく振動させながら磨きましょう。

マウスピース矯正の装置のケア方法

マウスピースのケアの方法は、歯科医院やマウスピースの種類によって異なりますが、基本的には歯ブラシを使用して優しく丁寧にお手入れすることで汚れを除去することができます。その際に力を加えながら歯ブラシで磨くと、マウスピースが破損してしまったり、細かい傷が付くことで雑菌の繁殖に繋がってしまう場合もあるので注意しましょう。また、マウスピース専用の洗浄液に浸けて汚れを除去する方法もあります。洗浄液には殺菌力があるので、雑菌の繁殖を効果的に抑えます。

歯科医院での定期的なメンテナンスをおこないましょう

ブラケット矯正は装置を取り外すことができないことで、ご自身での歯磨きなどのセルフケアもしづらく、装置の周辺に汚れが溜まりやすいことから、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。そのため、歯科医院でのメンテナンスを定期的におこない、汚れを取り除くことが大切です。歯科医院でのメンテナンスは、矯正装置の調整と歯のクリーニングをおこなう以外にも、口腔内を健診して虫歯や歯周病などの病気になっていないか確認をおこないます。

歯のクリーニングでは、歯科医師や歯科衛生士が専用の機器を使用しておこなう歯のクリーニング「PMTC」によって、歯茎の中の歯石や細菌の集合体である「バイオフィルム」もキレイに除去することが可能です。また、仕上げにフッ素塗布をおこない、歯質を強化する他に、ブラッシングの指導もおこないます。もしも矯正治療前にブラッシングの指導を受けたとしても、時間が経つと忘れていることがあるので、定期的にブラッシング指導を受けることで、装置を装着した状態での正しい歯磨きの仕方を身につけることができ、セルフケアの向上にも繋がります。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング