審美歯科治療|大分県別府市の矯正歯科

審美歯科治療とは

近年では、虫歯や歯周病を治療したり、噛み合わせを整えるといった歯の機能的な治療だけでなく、白くて形のキレイな歯や、整った歯並びといった歯の見た目の美しさを目的とした審美歯科治療をおこなう方も多くいらっしゃいます。白くてキレイに整った歯は、歯に対してコンプレックスを感じていた方にとって、悩みやストレスから解放され、心の健康を取り戻すことができるため、心身ともに健康で快適な毎日を過ごすことに繋がるのです。

歯のクリーニング

ご自身での毎日の歯磨きなどのセルフケアだけでは、どうしても汚れを全て取り除くことはできません。そのため、歯科医院での歯のクリーニングをおこなうことで、ご自身では取り除くことができない歯石などの汚れや、飲食物などによって付いた着色汚れ(ステイン)を取り除くことで、口腔内を清潔に保ち、さらに自然な歯の美しさを取り戻すことができるため、虫歯や歯周病の予防としても効果的です。クリーニングでは、スケーラーをいう器具を使用した歯石除去の「スケーリング」や、歯科医師や歯科衛生士が専門の機器を使用した歯のクリーニング「PMTC」によって、歯茎の中の歯石や細菌の集合体であるバイオフィルムまでもキレイに除去することができます。また、専用機器を使い、歯の表面の着色除去をおこない、歯の表面に歯を強くするフッ素を塗布します。

ホワイトニング

コービーや紅茶といった外的要因や、加齢に伴う歯の黄ばみといった内的要因によりエナメル質にまでしみ込んだ着色を、専用のホワイトニング剤を使用することで、歯に沈着した色素を分解させて化学変化によって白くします。ホワイトニングには、歯科医院でおこなう「オフィスホワイトニング」ご自身が自宅でおこなう「ホームホワイトニング」、そしてこの二つのホワイトニングを併用した「デュアルホワイトニング」という方法があります。

オフィスホワイトニング

歯科医院でおこなうホワイトニングで、高濃度のジェルやペースト状のホワイトニング剤と専用のレーザーを使用するため、1回の施術でも効果がでやすいといった特徴があります。また、歯科医師や歯科衛生士がおこなうため、歯の色にムラができる心配がほとんどありません。しかし、短期間で効果がでる反面、色の後戻りも早い場合があります。

ホームホワイトニング

ご自身が自宅でおこなうホワイトニングです。歯科医院でホワイトニング専用のマウスピースを作製してもらい、マウスピースに薬剤を入れて、決められた時間歯に装着することで歯を白くしていきます。時間と回数をかけることで徐々に歯を白くしていくため、歯や歯茎に対して刺激が少なく知覚過敏にもなりづらいです。効果が見られるまで個人差はありますが、数週間~2ヶ月くらいで効果が見られます。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したホワイトニングです。それぞれ単独のホワイトニングでは到達できない歯の白さを実現することが可能です。また、色の後戻りもしにくく、数年程度は効果が続くといわれています。しかし、他に比べると費用がかかってしまいます。さらに刺激も受けやすいため、痛みが起こる場合があります。

ガムピーリング

歯茎に沈着してしまった色素を、専用の薬剤やレーザーを照射することで色素が沈着してしまった薄皮を剥がしていく治療法です。回数を重ねることで新たな歯茎が作られていくため、キレイなピンク色になっていきます。歯茎がキレイになるだけで歯も白く見え、清潔感がある口元のように感じます。しかし、被せ物などの金属が溶け出してしまったことが原因の場合は、歯茎の内部まで着色が入り込んでいるため改善ができません。

セラミック治療

虫歯治療などで詰め物や被せ物をする際に、保険適用の素材で治療をおこなった場合、銀歯やレジンが使用されるため、時間が経つと歯や歯茎が変色したり、金属アレルギーを引き起こしてしまうことがあります。この場合に、セラミックなどを詰め物や被せ物に使用することで、白く美しい状態のまま治療することが可能です。セラミック以外にも、ハイブリッドセラミックやジルコニアなどの素材を選択することもできます。 他にも、不正咬合の場合に歯を削り、セラミックの被せ物をすることで短期間で歯並びを治療するとともに、歯を白くする「クイック矯正」(セラミック矯正)とい治療法もあります。

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削り、その部分に薄いセラミックを貼り付けることで歯を白くしたり、歯の形を美しくできる治療法で、基本的に前歯に対しておこなうことが多いです。3mm以下の隙間であれば、すきっ歯も治療することができます。セラミックを使用するため、美しく自然な仕上がりになります。また、歯を削る量も少ないので麻酔の必要もありませんし、短期間で治療が終わります。しかし、噛み合わせが悪い方や、歯ぎしりや食いしばりの癖がある方は、ラミネートベニアが取れやすいため注意が必要です。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、色や透明感はまるで天然歯のようなプラスチック素材を、歯に接着する治療法です。保険適用外の多種類のプラスチックから最適なものを選択して治療をおこなうため、保健適用の被せ物よりも美しい仕上がりになります。また、すきっ歯のような歯と歯の間の隙間を埋めたり、歯の欠けた部分を補うこともできるため、歯の形や色がキレイに整った見た目にすることができます。ただし、ダイレクトボンディングは強い力がかかると欠けてしまう可能性があり、さらに歯ぎしりや食いしばりの癖がある方は、奥歯には対応できないこともあります。そのため、事前に噛み合わせの調整をおこなったり、就寝時のナイトガードなどを作製することをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング