歯の寿命を延ばしましょう|大分県別府市の矯正歯科

日本人の歯の寿命は先進国で最低クラス

日本人の歯の寿命は先進国で最低クラスなのはなぜ?

日本は世界一の長寿国ですが、日本人の歯の寿命は先進国で最低クラスなのです。この原因として歯に対する意識が低いことが挙げられています。歯科医療の先進国である欧米などでは、歯に対する意識が非常に高く、子供の頃から家庭や学校で、歯の大切さや、虫歯や歯周病の恐ろしさについての教育の文化が定着しており、対処方法などをしっかりと学んでいます。そのため、歯が痛くなってから治療をおこなうのではなく、普段から痛くならないための歯のメンテナンスに力を入れているのです。 アメリカでは、歯並びが整っている白くてきれいな歯は、ステータスの一つとされており、親は優先的に子供の矯正治療をおこなっています。何故ならば、仕事においても歯並びは重視されるため、将来的に就職や出世にも大きく関係するからなのです。アメリカの歯科治療は保険が適応できないというのも、歯に対する意識が高い理由の一つでもあります。

それに対し、日本人の歯に対する意識は低く、虫歯になってから歯科医院で治療するという考え方が、昔から定着してしまっています。また、日本の歯科治療は保険が適応されるため、こうした意識の違いが生じていることも考えられます。しかしこの意識が、歯の寿命を先進国で最低クラスにしてしまった理由でもあるのです。 歯を失う原因の約80%は虫歯と歯周病であり、高齢化に伴って歯周病で歯を失う割合も大幅に増え続けています。逆に虫歯と歯周病を治すことで、残存歯数も確実に増加していくのです。

8020運動

8020運動とは、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動で、1989年に当時の厚生省と日本歯科医師会が提唱して始まりました。20本以上の歯があれば、食生活をほぼ不自由することなく何でも食べることができるといわれています。そのため、生涯ご自身の歯で食べる楽しみを味わえるようにと、願いを込めてこの運動が始まったのです。

8020達成率は、運動開始当初は80歳~84歳の平均残存歯数4~5本で7%程度でしたが、28年後の2017年6月に厚生労働省が発表した歯科疾患実態調査(2016年調査)では、達成者が51.2%と大きく増えています。また、8020達成者は非達成者よりも生活の質(QOL)を良好に保つことができ、社会活動にも意欲があり、さらに残存歯数の数が多い方ほど寿命が長いという調査結果も出ています。 8020を達成するためには、歯に対する意識をしっかりと持ち、歯の大切さを理解することが大切です。歯磨きなど毎日のセルフケアや、定期的に歯科医院でクリーニングをおこなう「予防歯科」によって、虫歯や歯周病の予防にも繋がることから、未来の8020運動の達成に向けて、予防歯科は大きな役割を担っているのです。

歯列矯正治療で歯の寿命を伸ばしましょう

歯並びと歯の寿命は大きく関係しています。歯を失う最も大きな原因は、虫歯や歯周病ですが、この虫歯や歯周病を予防する方法のひとつとして効果的なのが、歯列矯正治療なのです。

不正咬合や悪い噛み合わせは歯の寿命を短くする

不正咬合(悪い歯並び)の場合、歯磨きの際に歯ブラシがうまく届かない箇所ができてしまうため、汚れを落としきれず、食べカスや歯垢などの細菌が溜まりやすくなってしまいます。そのため、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまうのです。また不正咬合の場合、噛み合わせも悪くなっていることが多く、食べ物をしっかりを噛み砕くことができないため、消化器官に負担をかけてしまいます。さらに、噛みやすい歯で噛むことが多くなるため、特定に歯に継続的に強い負担がかかってしまいます。それによって歯が磨り減ってしまったり、歯が欠けたり折れたりしてしまうだけでなく、歯周組織にも負担がかかるため、歯茎が炎症を起こしてしまったり、歯と歯茎に隙間ができてしまいます。そこに歯周病などの細菌が侵入することで、歯周炎になってしまい、最悪の場合、歯を失ってしまう危険性があるのです。結果、歯の寿命を短くしてしまうのです。

歯列矯正治療の重要性

歯列矯正治療をおこなうことで、不正咬合や悪い噛み合わせを整えることができます。整った歯並びは、歯全体をしっかりとブラッシングできるため、食べカスや歯垢も溜まりにくく、口腔内を清潔に保つことができるので、虫歯や歯周病になりにくくなります。また噛み合わせも整うことで、しっかりと食べ物を噛み砕くことができるため、消化器官への負担が軽減されます。さらに、歯にかかる噛む力が均等化されるので、特定の歯に負担をかけることもなくなり、歯周組織への負担もかかりません。歯列矯正治療によって、歯の健康を維持することができるため、歯の寿命を伸ばすことに繋がるのです。

まとめ

歯の健康は体の健康にも繋がります。快適な毎日を過ごすためにも、歯並びや噛み合わせは大切なのです。歯列矯正治療をお考えの方は、一度当院のカウンセリングを受けて頂くことをお勧めいたします。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング