40代からでも遅くない歯列矯正|大分県別府市の矯正歯科

40代からでも遅くない歯列矯正のメリット

歯列矯正治療は、若いうちにおこなうといったイメージを持っている方も多いかと思います。しかし近年では、日常生活に支障のない矯正方法が増えてきたこともあり、大人の方の歯列矯正治療も多くなっており、40代から矯正治療をおこなうという方も珍しくないのです。

歯列矯正治療をおこなわずに大人になった場合、歯並びが悪いことが長年のコンプレックスになっている方が多くいらっしゃいます。歯並びが悪いことは、見た目だけでなく、口腔内さらには全身に様々な悪影響を及ぼします。歯列矯正治療は口腔機能の改善と、向上を伴うことを前提としておこなう治療法のため、40代になってから歯列矯正治療をおこない、歯並びや噛み合わせを整えることは多くのメリットがあるといえます。40代からおこなう矯正治療におけるメリットや、最適な矯正方法などについてご説明いたします。

40代からの歯列矯正のメリット

虫歯や歯周病になりにくくなる

不正咬合(悪い歯並び)の場合、歯ブラシが届かない箇所がでてきてしまうため、どうしても磨き残しが多くなってしまいます。そのため、食べカスや歯垢(プラーク)などの細菌が増えてしまうため、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。
しかし、矯正治療で歯並びが整うことによって、磨きにくい箇所もしっかりとブラッシングができるようになり、さらに歯がしっかりと噛み合うことによって、特定の歯にかかる負担もなくなると共に、唾液の分泌量も増えるため、自浄作用や殺菌作用が高まるので、虫歯や歯周病になりにくくなるのです。

コンプレックスが解消する

若い頃から歯並びがコンプレックスになっていた方も多いかと思います。そのため人前で話すときに歯が気になったり、笑うときに無意識に歯を手で隠してしまうなど、歯を見せることに引け目を感じてしまっている方もいらっしゃいます。しかし矯正治療をおこなうことで、長年のコンプレックスから開放され、人前でも気にすることなく歯を見せて笑えることができるようになります。さらに口元が改善することにより、見た目の印象も良くなり、人から明るく社交的なったと感じられることもあるようです。

しっかり噛むことができる

不正咬合の場合、噛み合わせも悪くなっていることが多く、食べ物をしっかりと噛み砕くことができないため、噛みやすいところばかりで噛んでしまう、偏った噛み癖がついてしまいます。その場合、特定の歯に偏った負担がかかってしまうため、歯や歯周組織を痛めてしまいます。さらに歯が擦り減ったり欠けたり、詰め物や被せ物が壊れてしまったり、知覚過敏も引き起こすことがあり、結果的に歯の寿命を短くしてしまうことにも繋がるのです。また食べ物をしっかりと噛み砕くことができないと、胃腸などの消化器官にも負担がかかってしまいます。

これらも矯正治療をおこない、噛み合わせを整えることで、しっかりと均等な力で噛み砕くことができるようになるため、特定の歯や歯周組織の負担は改善され、歯の寿命を長くすることに繋がりますし、消化器官の負担も軽減できます。その際、偏った噛み癖は、意識的に両側で噛むようにすることが改善のために重要です。

全身の健康にも良い効果が期待できる

歯並びや噛み合わせが悪い場合、顎の筋肉の発達に左右差が生じたり、顎や首まわりの筋肉が過緊張を起こしてしまうことが多いです。悪い噛み合わせは頭痛や肩凝りの原因になっているだけでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼしてしまう場合もあるのです。

矯正治療によって噛み合わせが整うことで、顎や首まわりの筋肉のバランスが整うため、頭痛や肩凝りなどの不調が良くなる場合があります。また、しっかりと咀嚼できることで唾液の分泌量も増えるため、消化器官の調子も良くなってきます。さらに、歯周病にもなりにくくなるため、歯周病が引き起こすといわれている全身疾患(糖尿病や高血圧症、心臓や血管系の病気、肺炎や消化器疾患など)も予防することができます。

人に好印象を与える

歯並びがきれいで整っていると、清潔感があり、相手に良い印象を与えます。海外の先進国などでは、歯並びが出世にも影響するなど、社会的にも歯並びの重要性は大きいのです。近年グローバル化が進んでいることからも、歯並びが良いことは大きなメリットといえるのです。

40代からの歯列矯正治療方法

40代から歯列矯正治療をおこなう場合、なるべく日常生活に支障のない矯正方法を選択する方が多くいらっしゃいます。見た目が気にならずに矯正治療をおこなえることが、40代からの矯正治療方法として良いといえるのです

舌側矯正

ブラケット矯正治療の一つで、歯の裏側にブラケットという装置を装着してワイヤーで歯を引っ張る矯正方法です。装置が歯の裏側にあるため、表からは装置が見えることはなく、ほとんど他の人に気づかれずに矯正治療を進めていくことができる矯正治療です。

マウスピース矯正

近年の矯正治療では、多くの方が「インビザライン」というマウスピース型の矯正治療をおこなっています。透明のマウスピース型の装置を歯に装着して、7日毎に動いた歯に合わせて新しいマウスピースと交換していきながら、徐々に歯を動かしていく矯正方法です。マウスピースが透明で歯にフィットしているため、ほとんど他の人に気づかれずに矯正治療を進めていくことができます。さらに、自由に取り外すことができるため、食事や歯磨きの際は取り外すことで、普段通りにおこなうことが可能です。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング