歯肉退縮|大分県別府市の矯正歯科

歯肉退縮

歯がデコボコだったり、噛み合わせが悪い不正咬合をキレイな歯並びにする治療として歯科矯正治療という方法があります。歯科矯正治療は様々なメリットがあり、歯並びにコンプレックスを持っている方は、歯並びがキレイになることで人前で歯を見せて笑うことが出来るようになることで、コンプレックスも解消されると同時に、心の健康にも繋がります。また、噛み合わせが良くなることで食べ物をしっかりと噛むことができるため、胃腸への負担が軽減されます。さらに、噛み合わせと身体の健康も大きく関係していることから、身体の健康にも繋がります。また、歯磨きもしやすくなるため、虫歯や歯周病にもなりにくくなります。 このように様々なメリットがある歯科矯正治療ですが、同様にデメリットもあるのです。デメリットの中でも矯正治療の際に歯茎が下がってしまうという歯肉退縮についてご説明いたします。

歯肉退縮とは

歯肉退縮とは、歯肉が下がってしまい歯の根っこの表面が露出するようになった状態のことをいいます。歯肉退縮は、矯正治療の際に歯が並ぶためのスペースが足りない場合、抜歯をせずに拡大矯正装置によってキレイに並ぶまで顎を拡げ続けた場合、無理な力がかかり過ぎてしまうため、顎の骨が共用範囲を超えてしまい、歯槽骨の吸収を引き起こしてしまうことが原因で起こります。歯肉退縮によって、歯と歯の間の隙間が目立ってしまったり、歯が前よりも長く見えてしまいます。

さらに見た目だけではなく、歯の根っこの表面が露出してしまうことで、冷たい食べ物や飲み物がしみてしまう知覚過敏や、虫歯や歯周病になりやすくなるリスクも高くなります。下がってしまった歯茎は元に戻ることはなく 、さらに歯茎は年齢を重ねていくと自然に下がっていくため、放置していると歯茎がどんどん下がってしまい、いずれ歯を残すのが難しくなってしまいます。そのため、矯正治療は歯だけではなく周囲の骨や歯茎の状態も考えながら慎重に治療を進めていくことが重要なのです。

抜歯をおこなって矯正をすることに抵抗を感じている方も多くいらっしゃいます。確かに健康な歯は失うと二度と戻ってはこないため、抜くことに不安や抵抗を感じてしまうと思いますが、だからといって歯の並ぶスペースがないため、本来なら抜歯を必要とする治療だとしても、無理に抜歯せずに矯正をおこなうことで、歯を支える歯茎や骨が少なくなってしまい、歯の寿命が短くなることで、結果的に歯を失うことに繋がるのです。抜歯が必要な矯正治療の理由を、当院の医師からとしっかりと説明を受けて、ご理解していただいた上で、治療方針をご検討いただくことをお勧めいたします。

歯肉退縮が起こった際の対処法

歯肉退縮が一度起こってしまうと、元どおりに回復させるというのはかなり難しいといえます。矯正治療中に、ブラッシングが不十分だったり、強く磨きすぎたりといった間違った歯磨きの仕方で歯周病が進行してしまった場合、歯肉退縮のリスクは高くなるため、口腔内の衛生管理を十分におこなうことはとても重要です。もしも歯肉退縮が起こり始めた場合、矯正治療を一時中断し歯周外科などで診察をすることがあります。その際、頬側の歯と歯茎の境目が下がっている場合など、口腔内の状態によっては歯茎を移植する再生手術が必要になることがあります。

成人の矯正治療

成人が矯正治療をおこなう場合、歯茎が下がってしまうリスクが高くなります。さらに30代以降では、不正咬合が原因で歯の並びがずれてしまっている歯は、歯周組織の支えが少なくなってしまうため、歯茎が下がってきてしまい歯が長くなっている場合があります。 ですので、矯正治療を始める前にご自身の歯茎の状態をしっかりと確認し、リスクを把握してから、治療中や治療後に歯茎が下がらないように気をつける必要があります。 すでに歯肉退縮が起きている場合は、矯正治療後にさらに歯茎が下がってしまい、歯と歯の間の隙間が目立ってくるブラックトライアングルと呼ばれる状態になってしまうことがあります。ブラックトライアングルは、下の前歯に起こることが多く、歯の形が逆三角形型の方が目立ちやすくなってしまいます。

ブラックトライアングルの対処法として、ストリッピングと呼ばれる矯正治療の方法を用います。歯と歯の隙間にヤスリを入れて歯を削り、歯の形を逆三角形の型の歯の両隣の角を最大0.5mmほど減少させる事で、ブラックトライアングルの隙間が減るだけでなく、歯と歯が点で接触していた状態から面で接触できるようになるため歯列も安定します。ストリッピングはディスキングやIPRとも呼ばれます。 これ以外の対処法としては、歯の根元を樹脂性材料でカバーしてしまうという方法もありますが、優先順位は低く、30代以降の方のブラックトライアングルの対処法として、ほとんどの場合はストリッピングをおこないます。

Doctor’s コラム

2019/10/20
差し歯が多い人でも、歯列矯正は可能?
これから歯列矯正治療をしようと考えている方の中には、差し歯があるために矯正自体がおこなうことができるのか分からない、という方も多くいらっしゃいます。差し歯があっても矯正治療をおこなうことは可能なのでしょうか。
2019/10/16
出っ歯を改善すると若く見えるようになる?
見た目の印象が大きい不正咬合の一つとして、出っ歯と呼ばれる「上顎前突」という不正咬合があります。出っ歯を歯列矯正によって改善すると見た目も若く見えるようになることもあるのです。
2019/10/13
矯正中も食べやすい物とは
歯列矯正治療中の食事は痛みを伴うため、食欲がなくなってしまう方もいらっしゃいます。矯正治療中でも食べやすい食べ物や、食べ方を知っていただくことは大切です。
2019/10/9
歯列矯正とタバコの関係
歯列矯正治療中は禁煙をした方がいいのでしょうか。矯正治療をおこなう上で矯正内容と喫煙のリスクをご説明致します。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング