笑った時歯ぐきが見える症状|大分県の矯正歯科

笑った時歯ぐきが見えるガミースマイルとは

ガミースマイルとは、笑ったときや話しているときに上の歯の歯茎が大きく見え過ぎてしまう状態のことをいいます。一般的に、歯茎が3mm以上見えてしまうとガミースマイルといわれます。歯の健康などに悪影響を及ぼすことはありませんが、笑ったときや人前で話すときに歯茎が気になってしまい、歯をだして笑うことが嫌になったり、話すときに口元を隠してしまうなどと、口元にコンプレックスを感じている方が多い症状です。

ガミースマイルの原因

骨格や歯並びが原因

上顎の骨が縦に長い場合や、下顎と比べて上顎の骨や歯が前に出ている上顎前突(出っ歯)の場合に、歯茎部分が上唇を押し上げてしまい、歯茎が見えやすくなってしまうことが、ガミースマイルの原因として挙げられます。また、歯が低い位置に生えている場合は、歯と歯茎の境目の位置も下がってしまうため、上側の歯茎の大部分が見えてしまうので、笑ったときに歯茎が見えやすくなるのです。

上唇が原因

上唇自体の縦の幅が短く、薄い形状の唇であることもガミースマイルの原因として挙げられます。また、上唇を持ち上げる筋肉が発達しすぎている場合や、筋力が非常に強いことで唇が上に引き上げられてしまい、歯茎が見えすぎることも原因として挙げられます。

歯茎が原因

歯茎が発達しすぎている場合や、歯に歯茎が覆い被さっている場合にも、歯茎が見えやすくなります。歯茎が原因となる場合、歯が普通の位置から生えていたとしても、歯茎が深く覆い被さっているため、歯茎が目立ってしまうのです。歯よりも歯茎の比率が大きくなることで、少し笑っただけでも歯茎が見えてしまいます。しかし、歯茎だけが原因のガミースマイルは珍しく、多くの場合は骨格などの他の要因と併合されることで、ガミースマイルを引き起こしてしまうのです。

ガミースマイルの改善方法

骨格が原因の治療法

上顎の骨や歯の突出が軽度な場合は、歯列矯正治療によって改善できる場合があります。しかし、上顎の骨が大きく突出してしまい、上顎前突になっている場合は、上顎の骨を切る外科手術をおこなうこともあります。この場合、ガミースマイルが根本的に改善するだけでなく、横顔のシルエットも美しくなります。しかし、全身麻酔での手術をおこなうことから、身体的負担や費用が高額になるという経済的負担が大きくなります。また、歯と歯の間に隙間ができるリスクもあります。

歯並びが原因の治療法

歯の生え方によってガミースマイルとなっている場合は、主に「歯冠延長術」と呼ばれる歯列矯正治療をおこないます。歯冠延長術では、歯と歯茎の位置を上げる治療をおこなうことで、笑った時や話しているときに見える歯茎の幅を少なくします。また、見える範囲にセラミックの歯を被せる「セラミック法」をおこなうと、仕上がりがよりキレイになります。

上唇が原因の場合

上唇を持ち上げる筋肉が原因となるガミースマイルでは、ボトックス注射をおこなうことで改善が期待できます。ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種を、過度に緊張している筋肉に注射することで一時的に緊張をほぐす治療法です。ボトックスの作用は、注射を打った筋肉の働きを局所的に弱めることができるため、幅広い分野で用いられています。ボトックス注射によって、唇を過剰に持ち上げる筋肉の働きを抑制できることから、唇を引き上げる筋肉が原因となる場合のガミースマイルの治療法として使用されています。効果は約4~6ヶ月ほど続きますが、永久的ではなく、注入を中止すれば自然に元に戻ります。(※ボトックス注射とは、ボツリヌストキシン製剤の商品名です。)

歯茎が原因の場合

歯茎が原因の場合は、粘膜切除法や歯茎部切除法といった「歯茎整形」による治療をおこなうことで改善できます。歯茎整形とは、半導体レーザーを使って歯茎を切除し、歯茎の形を整える方法です。歯茎が発達しすぎていて目立っている場合に、歯茎の一部を切除したり、歯茎の周りの粘膜を切除する方法です。これによって歯茎が見える部分が小さくなるため、笑ったときでも目立ちにくくなります。ただし、あまり切除しすぎてしまうと歯根が見えてしまい、虫歯や知覚過敏のリスクが高くなってしまうこともあるため、適応症例の見極めが重要になります。

インプラント矯正治療

ブラケット矯正治療の際に、「インプラントアンカー」という歯科用の小さなチタン製のネジを口腔内に埋入し、歯を動かす際の支点として歯を効率的に引っ張って矯正する「インプラント矯正」という方法でガミースマイルを改善できる場合があります。一般的な矯正治療の場合、動きにくい奥歯を固定源として歯を動かすのですが、引っ張る力が強いと奥歯自体も引っ張られて動いてしまうため、歯を強い力で動かすことは容易ではありませんでした。しかし、インプラントアンカーを支点とすることで、強い力で歯を動かすことができるため、前歯の位置をあげて歯茎が見える部分を少なくすることで、ガミースマイルが改善する場合があるのです。症状によっては抜歯をおこなうことで、歯のスペースを確保し、歯の位置を少しずつ動かしていきながら、噛み合わせの調整をしていくことで、歯の機能面と審美面の双方の問題を解決していきます。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング