矯正歯科とは|大分県別府市の矯正歯科

知覚過敏とは

知覚過敏とは、冷たい物を食べたり飲んだりした時や、歯磨きの際に歯ブラシの毛先が触れた時、風が歯にあたった時などに、歯がしみるといった歯に感じる一過性の痛みのことをいいます。歯の痛みには知覚過敏だけではなく、他にも様々な原因があるため、ご自身では判断が難しい場合もあります。痛みの原因が知覚過敏ではなく虫歯であった場合、症状が悪化してしまう危険性もあるため、歯がしみる症状がある場合は、なるべく早い段階で歯科医院での診察を受けるようにしましょう。

知覚過敏の原因

歯の表面は、エナメル質という体の中で最も硬い組織で覆われています。エナメル質は削っても痛みを感じることはありません。しかし、エナメル質が何らかの原因で痛んだり削れてしまうと、内側の組織である象牙質が露出してしまいます。この象牙質が温冷などの刺激を受けると、象牙細管から歯髄神経を通って刺激が脳に伝わり、歯がしみるといった痛みを感じるようになります。これが知覚過敏の痛みの特徴です。エナメル質から象牙質が露出してしまう原因は様々です。

過度な歯磨き

象牙質が露出する大きな原因の一つが、過度な歯磨きによるものだといわれています。毎日強い力で歯磨きをすることで、エナメル質が傷つき、徐々に擦り減ってしまうため、象牙質が露出してしまい、知覚過敏の症状を起こしてしまうのです。また、歯みがき粉には、歯の表面の汚れを落とすための研磨剤が含まれています。研磨剤の入った歯磨き粉で歯を磨くと、汚れが落ちると共に歯のエナメル質も削れてしまうため、付けすぎにも注意しましょう。研磨剤の入っていない歯磨き粉の販売もしているため、症状に応じて使用するのもお勧めです。

酸蝕歯 (さんしょくし)

普段から口にする食べ物や飲み物には、酸を含むものが多く、その酸によってエナメル質が徐々に摩耗していくことを酸蝕歯といいます。酸が歯に触れると、エナメル質の表面が一時的に軟らかくなり溶け出すため、その状態で歯磨きをすることでエナメル質が摩耗しやすくなるのです。

歯ぎしりや食いしばり

就寝時に無意識におこなう歯ぎしりや食いしばりも、エナメル質が摩耗してしまったり、歯が欠けたり割れたりして、象牙質が露出してしまう原因になります。過度な緊張やストレスを感じたときに、食いしばる癖がある方は、意識的にしないように心がけるのも大切です。就寝時の対策として、ナイトガードなどのマウスピースを装着することで、歯への負担を軽減させることができます。

歯周病

歯周病が進行すると徐々に歯茎が下がってしまうため、エナメル質の無い象牙質がむき出しになってしまうので、知覚過敏の症状が出やすくなります。歯周病が悪化すると、最悪の場合、歯を失ってしまうため、早い段階で治療をおこなうことが重要です。

加齢などによる歯茎の後退

加齢によって歯茎が下がってくると象牙質がむき出しになるため、知覚過敏の症状が出やすくなります。

知覚過敏に似た痛みの原因

虫歯

虫歯の痛みは知覚過敏の痛みに似ていますが、刺激がなくなると痛みもおさまる知覚過敏とは違い、痛みが数十秒から数分といった、痛みの間隔の違いや、歯の表面に黒いシミや穴や、歯が変色するといった、見た目の違いがあります。シミや穴がなくても痛みがある場合、歯の内部で虫歯が進行している場合もあるため、注意が必要です。痛みがある場合、その原因が知覚過敏か虫歯かを早い段階で診断するために、定期的な歯科医院での検診を受けることをお勧めいたします。

歯のホワイトニング

歯科医院でのホワイトニングの治療中や治療後に、歯がしみるといった痛みを感じる方が多くいらっしゃいます。この痛みは知覚過敏の症状とは違い、ホワイトニング治療で使用された薬剤が、エナメル質と象牙質に浸透することで歯髄にまで到達してしまい、炎症を起こしてしまうことによる一時的な痛みです。

歯科医での治療後

歯の治療後に、一時的に痛みを感じることがよくあります。しかし痛みが長く続く場合は、歯茎の炎症や、歯に何らかの損傷が生じていることがあるため、かかりつけの歯科医院にご相談ください。また場合によっては、歯のクリーニングで歯石除去をおこなうことで、今まで象牙質を覆っていた歯石がなくなり、知覚過敏の症状が出ることがあるため、クリーニング後に痛みが続く場合も注意が必要です。

知覚過敏の予防法

知覚過敏の確実な予防法はありませんが、歯周病の予防や過度の歯磨きをしないことで、象牙質の露出を防ぐことが可能です。また歯に歯垢が付着した状態が続くことで、歯の表面が酸により溶けて、知覚過敏が起きやすくなりますし、虫歯や歯周病の原因にもなります。そのため口腔内を清潔に保つために、ご自身での正しいセルフケアや、歯科医院でのクリーニングなどの予防歯科をおこなうことが、知覚過敏の予防に繋がるのです。

Doctor’s コラム

2019/11/21
舌に関する疾患
虫歯や歯周病などの病気以外にも、口腔内には様々なトラブルが起こります。その一つが舌に関する疾患です。舌が痛む場合、様々な原因が考えられます。
2019/11/16
口腔心身症とは
口腔心身症は,風邪や怪我などのように、医院で治療し、薬を服用しながら休養すれば、短期間にしっかりと治るといったような疾患ではなく、生活習慣病にも似た側面もあるため、患者さんがご自身の生活習慣や環境を改善するという努力も必要になります。
2019/11/13
口腔外科と歯科の違い
口腔外科と歯科の違いは、口腔外科は外科的処置を専門とし、顎や口腔内、顔やその周辺領域を扱う医科であり、歯科は、虫歯や歯周病などの歯の組織の治療をおこなう医科です。
2019/11/6
知覚過敏とは
知覚過敏とは、冷たい物を食べたり飲んだりした時や、歯磨きの際に歯ブラシの毛先が触れた時、風が歯にあたった時などに、歯がしみるといった歯に感じる一過性の痛みのことをいいます歯がしみる症状がある場合は、なるべく早い段階で歯科医院での診察を受けるようにしましょう。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング