インプラントと差し歯の違い|大分県別府市の矯正歯科

インプラントと差し歯の違い

インプラントとは

歯を失ってしまった場合に、歯の見た目や機能を取り戻す治療法として、インプラント治療があります。インプラント治療は、失ってしまった歯の部分の顎の骨に、歯根の代わりとなるインプラント体を埋入する外科手術を伴います。インプラント治療は保険適用外治療(自由診療)となるため、費用は高額にはなりますが、患者さん一人ひとりの歯の色や形に合わせて人工歯を製作するため、見た目も天然の歯のように美しい仕上がりになります。さらに、インプラント体が歯根の代わりとなるため、しっかりと物を噛むことができるので、天然の歯とほとんど変わらない見た目や機能を取り戻すことができるのです。

差し歯とは

差し歯とは、虫歯や怪我などの外傷によって歯の大部分が失われた際に、歯根部分が残っているときにおこなうことができる治療法です。差し歯治療は、残っている歯根部分に金属の土台を立ててから、人工歯を被せます。差し歯治療は、保険適用治療が可能な治療ですが、保険適用の素材は銀歯などの金属を使用する場合があるため、金属アレルギーを引き起こしたり、レジン(プラスチック)は長年使用していくと黄色っぽく変色したり、歯磨きなどで徐々に削れてしまいますし、歯茎が黒っぽくなってしまう場合もあります。その場合、保険適用外になりますが、土台にはファイバーコア、人工歯にはセラミックなどの素材を使用することで改善できます。

インプラントと差し歯の違い

歯の有無

インプラントと差し歯の違いは、ご自身の歯根が残っているかいないかです。インプラントは、ご自身の歯根を含む歯の全てを失ってしまった場合に、人工歯根となるインプラント体を埋入して人工歯を被せる補填治療です。一方差し歯は、ご自身の歯の大部分を失ったとしても、歯根が残っている場合に歯根に土台を立てて人工歯を被せる補綴治療です。そのため、歯根を含む歯の全てを失ってしまった場合は、差し歯はおこなうことができないのです。反対にインプラントは、歯根がある歯でも抜歯をすることで治療をおこなうことが可能です。

治療期間

インプラントと差し歯は、治療期間が大きく異なります。 インプラントの場合は、治療前に歯科用CTでの撮影や診断をしっかりおこない、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術をおこないます。その際に、インプラント体を埋入するための十分な骨の量がない場合は、骨造成や骨移植によって骨を増やす手術が必要となるにため、治療期間が伸びてしまいます。インプラント体を埋入してから、骨としっかりと結合するために3ヶ月〜6ヶ月程度の治癒期間を設けます。

しっかりと骨と結合したのを確認してから、インプラント体にアバットメント(インプラント体と人工歯の連結部分)の取り付けをおこない、人工歯の型取りをして、完成した人工歯を被せます。治療の内容にもよりますが、治療終了まで約1年近くかかることもあります。 差し歯の場合、治療は根管治療から始まります。差し歯の治療で一番回数がかかるのは、根管治療といえます。個人差はありますが、根の状態がキレイな場合は2~3回、根が感染している場合はより多くの治療回数が必要です。根管治療が終わると、根の部分に土台を立てて、土台がしっかり接着したら形を整えて人工歯の型取りをおこない、人工歯が完成したら土台に被せて噛み合わせの調整をおこないます。治療期間は目安として1ヶ月~3ヵ月程度です。

費用

インプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)になるので、費用は全て自己負担となってしまうため、経済的負担が大きくなってしまいます。その点、差し歯は保険適用可能な素材を使用することができるので、費用は安く抑えることができます。しかし、見た目や金属アレルギーなどの問題もあるため、見た目や機能性の改善のために、保険適用外の素材を使用することもあります。その場合、費用は高額になります。

手術の有無

インプラントは、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術が必要となるため、身体的負担が大きくなってしまいます。また、糖尿病や骨粗鬆症などの全身疾患がある方や、高齢の方は場合によってはインプラント治療を受けることができません。さらに、衛生管理の徹底や、高度な設備の設置や機器の充実が、インプラント治療を安全におこなうことに繋がるため、医院選びも大切になってきます。その点、差し歯は手術の必要がない一般歯科治療の範囲内なので、安全性は高いです。

インプラントと差し歯はどちらがお勧め?

インプラントは、外科手術を伴い費用も高額にはなりますが、見た目はとても美しい仕上がりで、しっかりと噛むことができるため、何でも美味しく食べることができます。また、毎日の適切なセルフケアや、定期的な歯科医院でのメンテナンスをおこなうことで、半永久的に快適に使用することも可能です。差し歯は手術の必要もなく、保険適用で治療できますし、治療期間も短くて済むため、どちらがお勧めなのかは人それぞれで異なります。

一度失ってしまった歯は二度と元には戻りません。そのため治療を受ける際には、どの治療をおこなうことがご自身にとって適しているのかを、必ず歯科医師としっかりと相談することが大切です。

イトセ歯科インプラントサイトへ>>

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング