舌癖と舌癖のトレーニング|大分県別府市の矯正歯科

インプラント治療に使われるパーツ

インプラント治療とは、歯を失ってしまった顎の骨に歯根の代わりとして、チタン製のインプラント体を埋入する外科手術によって、歯本来の見た目や機能性を取り戻すことができる治療方法です。チタンと骨がしっかりと結合する「骨結合」によって、天然の歯とほとんど同じくらいの力でしっかりと物を噛むことができ、人工歯も患者さん一人ひとりに合わせた歯の色や形に製作するため、見た目も美しい仕上がりになることから、「第二の永久歯」と呼ばれています。 インプラントは、基本的に「インプラント体(人工歯根)」、「アバットメント」、「人工歯(被せ物)」の三つのパーツからできています。

インプラント体

インプラント体の種類

インプラント体の種類には、ネジのような形をしており、回転させながら顎の骨に埋入するため、骨と接する面積が大きく初期固定が得られやすい「スクリュータイプ」と、円筒形であるため埋入は容易ですが、表面積が小さいため初期固定が弱いとされており、2回法(歯茎を切開する外科手術を2回おこなう治療方法)に適している「シリンダータイプ」、形状はスクリュータイプに似ており、中が空洞で側面にも複数の穴が空いているので、中まで骨が入り込むことで骨と接する面積が広くなり、高い結合力を持つ「バスケットタイプ」、板状で幅が狭く細いため、比較的骨幅の狭い部分に使用できる「ブレードタイプ」の4種類があります。しかし、バスケットタイプは、空洞部分に骨ができるように埋入する高い技術が必要なため、中に骨ができなかった場合は強度が弱く、インプラント体が破損折れてしまう危険性があり、ブレードタイプはインプラント体の一部に力が集中しやすく、破損や骨吸収が起こりやすいというデメリットがあるため、現在この2つのタイプはほとんど使用されておらず、スクリュータイプとシリンダータイプが主流となっています。

アバットメント

インプラント体と人工歯の連結部分のことをいいます。アバットメントは、専用のネジで埋入したインプラント体の位置や歯茎の厚みに合ったものを装着するため、既製品のアバットメントを用いる場合と、患者さんに合わせて作製したオーダーメイドのアバットメントを用いる場合があります。アバットメントの主な素材は、チタン合金やジルコニアなどがあり、専用ネジの素材はチタン合金であることが多いです。

人工歯(被せ物)

インプラントの上部で、人工の歯冠部分です。人工歯は種類も様々で、特性によって選ぶことが可能です。

オールセラミック

セラミックのみで作られている人工歯です。そのため、美しい透明感やツヤを持ち、長年使用しても劣化や変色もなく、天然の歯とほとんど変わらない自然な仕上がりが長く続きます。ただし、若干強度が弱いため、噛み合わせの調整不足で噛む力が強い方の場合は、欠けたり割れてしまう場合があります。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(プラスチック)の素材を混合させた人工歯です。美しい仕上がりで、費用が抑えられるのが大きなメリットです。ただし、劣化が早く、長く使用すると徐々に変色が起こったり、透明感が失われてしまいます。さらに柔らかい素材のため、他の歯を傷つけることはありませんが、耐久性に欠けてしまいます。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニア素材に、セラミックを焼きつけた素材です。そのため、天然の歯とほとんど変わらない自然な白さとツヤがあり、強度も優れているのが特徴です。ただし、人工歯の中でも費用が高くなる場合が多いです。

フルジルコニア

ジルコニア素材のみでできている人工歯です。特有のツヤや光沢感があるため、見た目ではジルコニアセラミックやオールセラミックに劣ってしまいますが、非常に高い耐久性と硬度を持っています。さらに、生体親和性が高く安全な点も特徴です。

メタルボンド

金属にセラミックを焼きつけた人工歯です。見た目の美しさと耐久性を兼ね備えているため、経年劣化はほとんどありませんが、金属フレームを含んでいるので、使用する金属によっては金属アレルギーを引き起こしてしまうこともあります。

当院では、ジルコニア製の人工歯をお勧めしております。当院が使用するジルコニア素材は、100%ピュアジルコニアで混ぜ物を使用しておりません。また、ジルコニアの欠点とされている白すぎる色調も見られず、天然の歯のような自然な透明感と美しい色合いの歯に仕上がります。

イトセ歯科インプラントサイトへ>>

Doctor’s コラム

2021/6/4
上顎前突(出っ歯)の症状と治療法
上顎前突とは、上の前歯が前方に大きく突出している、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる不正咬合です。重度の上顎前突は顔の印象の影響も大きいことから、見た目をコンプレックスに感じてしまう方も多いです。
2021/5/29
妊娠中に歯列矯正治療はできる?
歯列矯正治療を開始した後に、妊娠が判明する場合があります。この場合、妊娠中でも矯正治療をそのまま継続して良いのかどうか分からない方も多いかと思います。そんなお悩みにお答えします。
2021/5/8
虫歯があっても矯正治療はできる?
歯列矯正治療は、不正咬合や悪い噛み合わせを矯正装置によって動かすことで正しい位置に整える治療法ですが、悪い歯並びや噛み合わせは虫歯のリスクが高くなるため、治療前に虫歯がある方も少なくありません。
2021/4/28
歯石取りの重要性
食後の歯磨きなどのお手入れが十分でない場合、口腔内が不衛生になり、歯の表面に細菌の塊である歯垢(プラーク)が付着してしまいます。歯垢は粘着性が強いため、うがいをするだけでは取り除くことができません。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング