インビザラインのメリット1|大分県別府市の矯正歯科

インビザラインのメリット1

インビザラインとは

インビザラインは、マウスピース矯正治療の中で普及率の高い治療方法です。アライナーという透明のマウスピースを1日20時間以上装着することで徐々に歯を整えていきます。アライナーは事前にデジタルスキャンによる3Dシミュレーションで治療による歯の動きの過程を作成します。そのデータをもとに患者さん一人一人オーダーメイドでアライナーを製造します。装着したアライナーを1〜2週間ごとに新しいものと交換していくことで歯並びをキレイにしていきます。インビザライン矯正治療の終了後は、動いた歯が後戻りを起こさないようにリテーナーという保定装置を使用して歯の位置を安定させます。保定期間はインビザライン治療期間と同じ期間を要します。 インビザライン治療に関する研究は現在も進んでおり、時代や患者さんの要求にあわせて進化を続けている治療として期待されています。そんなインビザラインですが、矯正治療において様々なメリットがあります。

インビザラインについて詳しくはこちら

インビザラインのメリット

インビザラインのメリット

取り外しが自由にできる

インビザライン矯正治療の最も大きなメリットの一つは、矯正装置を自由に取り外しができるということです。唇側矯正治療や舌側矯正治療などの矯正は、直接歯に器具を装着するため、ご自身では取り外すことができません。さらに歯磨きの際、歯と器具の間が磨きにくため磨き残しが多くなってしまうため、しっかり丁寧に磨かないと虫歯のリスクが高くなってしまいます。もしも虫歯になってしまった場合は一度治療を中断して、矯正装置を外さなければならない場合もあります。しかしインビザライン矯正治療はマウスピース型なので自由に取り外しができます。そのため歯磨きの際に外して普段通りに歯を磨くことができますし、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使ってお手入れすることも可能なため、矯正治療の中でも虫歯や歯周病になりにくいというメリットがあります。また、食事においても他の矯正治療では粘着性の強い食べ物やなどは装置に絡まってしまい装置の故障にも繋がることがあるため、治療中には食べ物に制限がありますが、インビザライン矯正治療は制限なく好きなものを食べることができます。

矯正装置が目立ちにくい

インビザライン矯正治療は透明なマウスピースを装着するため目立ちにくく、矯正治療中でも他の人に気づかれにくいというメリットがあります。唇側矯正治療での金属製のブラケット装置などの場合、どうしても目立ってしまうため矯正していることが人に知られてしまいます。そのため、営業職や接客業のような人前に出る仕事をしている方には良い矯正治療方法であるといえます。

他の矯正治療と比べて痛みが少ない

唇側矯正治療や舌側矯正治療などは、ワイヤーで歯を引っ張ることで歯を動かしていく治療方法のため、装置を装着した初日や月に一度の装置の調整の日などは特に歯に強い痛みがあります。しかし、インビザライン矯正治療は歯全体をマウスピースですっぽり覆いながら歯を移動させるため、歯に大きな負担をかけることがないため痛みが出にくいといわれています。しかし、新しいアライナーに交換したときや、取り外した直後などは痛みがでやすいため、その際に固いものを食べないなどの注意が必要です。

金属アレルギーをおこさない

人によっては金属のワイヤーを使用した矯正治療をおこなった場合に、金属アレルギーを起こしてしまうこともあります。金属アレルギーだと診断されたことがない方も、今までに金属のアクセサリーをつけた後にかぶれたり、かゆみが出たことがある方は注意は必要です。しかしインビザライン矯正治療は、透明な樹脂素材のマウスピースを使用するため金属アレルギーを引き起こすことはありませんので、安心して使用することができます。(以前までは金属の器具を使用していたため、金属アレルギーの方は治療ができなかった唇側矯正治療や舌側矯正治療も、近年では素材にセラミックや樹脂を使用することで矯正治療もおこなうことができるようになりました。) もしも金属アレルギーか不安のある方は、パッチテストというアレルギー反応を調べる検査を受けることをお勧めいたします。検査方法は、試料を直接皮膚に貼り、2日後、3日後、7日後の皮膚反応を国際接触皮膚炎学会の基準に従って判定します。

部分矯正にも対応している

インビザライン矯正治療は、歯全体の矯正だけではなく、前歯や八重歯などの部分的な矯正などの様々な歯並びに対応できます。また軽度の不正咬合の場合は矯正期間が短くてすみます。 インビザライン矯正治療において気をつけて頂きたいのですが、マウスピースが取り外しが自由にできるため、装着の期間や時間を守らなければ、治療計画通りにはが動かないことがあるため注意が必要です。また、歯の移動に伴い何度かスキャンをおこなう必要があります。

インビザラインのメリットその2はこちら

Doctor’s コラム

2021/6/4
上顎前突(出っ歯)の症状と治療法
上顎前突とは、上の前歯が前方に大きく突出している、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる不正咬合です。重度の上顎前突は顔の印象の影響も大きいことから、見た目をコンプレックスに感じてしまう方も多いです。
2021/5/29
妊娠中に歯列矯正治療はできる?
歯列矯正治療を開始した後に、妊娠が判明する場合があります。この場合、妊娠中でも矯正治療をそのまま継続して良いのかどうか分からない方も多いかと思います。そんなお悩みにお答えします。
2021/5/8
虫歯があっても矯正治療はできる?
歯列矯正治療は、不正咬合や悪い噛み合わせを矯正装置によって動かすことで正しい位置に整える治療法ですが、悪い歯並びや噛み合わせは虫歯のリスクが高くなるため、治療前に虫歯がある方も少なくありません。
2021/4/28
歯石取りの重要性
食後の歯磨きなどのお手入れが十分でない場合、口腔内が不衛生になり、歯の表面に細菌の塊である歯垢(プラーク)が付着してしまいます。歯垢は粘着性が強いため、うがいをするだけでは取り除くことができません。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング