歯を失う原因|大分県別府市の矯正歯科

歯を失う原因とは

歯を失う原因のほとんどは虫歯と歯周病です。しかし、虫歯と歯周病は予防することが可能です。歯を失ってしまうことは、口腔内だけでなく身体全身にも様々な悪影響を及ぼしてしまいます。虫歯や歯周病を予防することは、歯を守ることにも繋がるため、虫歯や歯周病にならないための「予防歯科」の徹底が重要なのです。

歯を失う原因

虫歯

虫歯はミュータンス菌という細菌が出す酸によって、歯の表層のエナメル質が浸蝕され、穴があいてしまった状態のことをいいます。ミュータンス菌は、食べ物に含まれる糖分を餌にして酸を出します。そのため、歯磨きなどのお手入れがしっかりおこなわれていない場合、磨き残しが多くなり口腔内に食べカスや歯垢(プラーク)が溜まってしまいます。細菌の塊である歯垢は、歯に付着すると、うがいだけでは取り除くことができなせん。また、歯垢はミュータンス菌の住みかとなってしまうので、ミュータンス菌がさらに増殖し、酸を出し続けます。この酸によって歯のエナメル質が溶かされることで、虫歯になってしまうのです。

初期の虫歯はほとんど痛みを感じませんが、進行するとエナメル質の内部の象牙質や歯髄にまで進行してしまい、次第に痛みを感じるようになります。さらに放置を続けてしまうと、神経が壊死して歯根の奥にまで進行が進んでしまいます。この時点で、歯科医院で治療をおこなったとしても歯を残すことが難しく、抜歯が必要になることが多いです。そのため、虫歯は早期発見・早期治療をおこなうようがとても大切なのです。

歯周病

歯周病は、歯垢の中の歯周病菌に感染することによって、歯茎が炎症を起こしてしまう病気です。初期の段階(歯肉炎)では、歯茎が腫れたり歯磨きの際に出血が見られる程度で、痛みなどの自覚症状がほとんどないため、ご自身で気付くことが難しく症状が進行してしまうことが多いです。歯周病は、進行すると歯を支える歯槽骨を溶かし始めます。さらに進行が進むと、歯がグラグラと揺れ始め、最終的に溶かされ続けた歯槽骨が歯を支えることができなくなってしまい、自然に歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は、歯を失った後も口腔内に留まり続けるため、治療をおこなわないと他の歯も歯周病になってしまいます。さらに、歯周病は歯を失うだけでなく、歯茎の毛細血管を通じて血液とともに全身に運ばれてしまいます。全身に運ばれた歯周病菌によって、糖尿病や心疾患、脳疾患などの全身疾患を発症・悪化させてしまう危険性もあるのです。そのため、虫歯同様に早期発見・早期治療できるよう、定期的に歯科医院で検診をおこなうようにしましょう。

事故や怪我などの外傷

ラグビーやレスリングなどといった激しいスポーツにおいて、選手同士の衝突などにより歯が欠けたり折れたりすることがあります。また、不慮の事故によって歯を失ってしまうこともあります。

歯根破折

虫歯や外傷によって、治療の際に歯の神経を抜く「根管治療」をおこなうことがあります。歯の神経と呼ばれる歯髄には、神経以外にも多くの毛細血管が走行しており、酸素や栄養を運ぶ役割を担っています。しかし神経を抜いてしまうと、歯に酸素や栄養が行き届かなくなるため、歯が弱くなった状態となります(失活歯)。根管治療をおこなった歯の歯根が割れてしまうことを「歯根破折」といい、神経を失った歯は神経のある歯に比べてもろくなってしまうため、硬いものを噛んだり、歯ぎしりや食いしばりといった強い力が歯にかかり続けることで、歯根が耐えられなくなり折れてしまうのです。

失った歯を放置した場合

歯を失ってしまっても処置をおこなわずに放置した場合、失った歯の部分に噛み合う歯が伸びてきたり、隣の歯が抜けたスペースに倒れ込んだりすることで、歯並びや噛み合わせが悪くなってしまいます。悪くなった歯並びや噛み合わせは、歯磨きなどのセルフケアがしづらくなるので、磨き残しが多くなります。そのため、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。また、噛み合わせは顎や身体にかかる力のバランスに大きく関係しており、噛み合わせが悪くなるとバランスが崩れてしまい、顎関節や全身に悪影響を及ぼしてしまいます。

歯が失った場合の処置

インプラント

舌インプラントは、歯を失ってしまった場合に歯の機能や見た目を回復する治療方です。 人工歯根であるチタン製のインプラント体を手術により顎の骨に埋入し、その上に人工歯を被せます。インプラントは、チタンと骨がしっかりと結合する「オッセオインテグレーション」の性質を利用することで、天然の歯とほとんど変わらない噛み心地を得ることができます。さらに、患者さん一人ひとりの歯の形や色に合わせて人工歯を作製するため、見た目も美しく仕上がります。しかし、基本的に保険適用外治療(自由診療)になるため、費用はすべて自己負担になってしまいます。

イトセ歯科のインプラントサイト

入れ歯

入れ歯は、歯の機能を回復するための補綴治療法です。失ってしまった歯の本数に応じて部分入れ歯や総入れ歯を作製します。入れ歯は保険適用での治療が可能で、外科的処置も必要ないため、経済的・身体的負担が軽減できます。しかし、噛む力は弱く、保険適用の場合は見た目も金属のバネが目立ってしまいます。

イトセ歯科の入れ歯サイト

ブリッジ

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を支柱にして、連結した人工歯を装着することで歯の機能を回復する治療法です。保険適用治療が可能ですが、見た目が天然の歯に比べ劣ってしまいます。その際に、高額になりますが保険適用外治療によって改善することも可能です。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング