あなたはどのタイプ?不正咬合(悪い歯並び)の種類|大分県別府市の矯正歯科

あなたはどのタイプ?不正咬合(悪い歯並び)の種類 

不正咬合は、悪い歯並びの状態のことをいいます。不正咬合の場合、噛み合わせが悪いことも多く、食べ物をしっかりと噛むことができないことから、胃腸障害を起こしたり、噛み合わせが原因で身体全体が歪んでしまうことにも繋がり、身体の健康にも悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。不正咬合は見た目だけでなく、歯ブラシが届きにくかったり、磨きづらい箇所があることで、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。 この不正咬合は、いくつかの種類に分類することができます。

不正咬合の種類

叢生

歯がデコボコに生えていたり、歯と歯が重なって生えてしまっている状態のことをいいます。叢生は不正咬合の中でも最も多い症状で、犬歯が外側に生えてしまった「八重歯」も叢生の一種です。顎が小さいため、歯が生えるスペースが狭かったり、歯の大きさが通常よりも大きいために、歯が生えるスペースが狭くなってしまうことが主な原因です。叢生は歯磨きがしづらく、歯ブラシが届きにくいので、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。さらに、下顎の動きを制限してしまうケースもあるため、下顎に負担がかかってしまい、下顎のトラブルの原因になってしまいます。

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が強く前に傾いて生えていたり、上顎の歯列全体が前に出ている状態のことをいいます。前歯の角度の異常や、上顎の過成長、下顎の成長不足、指しゃぶりなどの癖などが原因として挙げられます。上の歯が出ている噛み合わせの状態のため、口が閉じづらく歯が乾きやすいので、虫歯や歯周病、ドライマウスのリスクが高くなります。また、上顎前突は見た目にコンプレックスを抱いてしまう方も多いことから、歯を見せて笑うことができなかったり、人前で話すときに口元を隠すような仕草をする癖がついてしまうこともあります。

下顎前突(受け口)

下顎が上顎より突出している、もしくは上顎が下顎より後退しているため、噛み合わせ逆になっている状態のことから、「反対咬合」ともいわれ、一般的には「受け口」と呼ばれます。下顎が大きかったり、上顎が小さいなどの骨格が原因であったり、口呼吸や舌癖などが、下顎前突の原因として挙げられています。下顎前突は噛み合わせが悪いため、咀嚼や嚥下などに悪影響を及ぼしてしまうことも多く、消化不良によって胃腸などに大きな負担をかけてしまい、胃腸障害を引き起こす場合もあります。また、サ行の発音がしづらくなり、舌っ足らずな喋り方になってしまうことがあります。さらに顎の動きが制限されてしまうので、将来的に顎やその周辺へのトラブルを引き起こす原因になってしまう場合があります。

開咬

奥歯は噛み合っていても前歯が噛み合っていないため、上下の前歯の間に隙間がある状態のことをいい、「オープンバイト」とも呼ばれます。舌の位置が悪くなる傾向があるため、舌が前歯を常に押し出す力の影響で、歯が開いてしまったり、指しゃぶりや、唇を噛んだりする癖、口呼吸などが原因で開咬になってしまう場合があります。開咬は、前歯で物を噛み切ることができないため、咀嚼がしっかりとできずに飲み込んでしまうことで、胃腸に負担がかかり、消化不良になるなどの胃腸障害を起こしてしまうだけでなく、舌の位置が正しくない場合が多いことから、嚥下障害を起こしてしまう可能性もあります。また、奥歯でしか噛み合わないため、歯列にかかる力を分散させることができなくなり、結果的に噛み合っていた奥歯に悪影響を与えてしまい、さらには顎の骨や関節にも負担をかけてしまいます。

過蓋咬合

上下の歯を閉じたときに噛み合わせが深く、上の歯が下の歯を覆って隠れてしまっている状態のことをいいます。原因として、上の前歯が大きすぎたり伸び過ぎている場合や、虫歯などで奥歯を失ってしまったまま放置したり、歯ぎしりや食いしばりなどによって、奥歯に十分な高さがない場合に、噛み合わせの負荷を奥歯でしっかりと受け止めることができないため、歯列全体のバランスが崩れてしまうことや、上顎が大きく下顎が小さいという、上下の顎のアンバランスなどが挙げられます。噛み合わせがあまりにも深いと、下の前歯が上の歯茎に食い込んでしまい傷つけてしまったり、前歯が深く噛み合ってしまうことで咀嚼しにくくなってしまうため、胃腸障害を起こしやすくなります。また、深い噛み合わせによって下顎が後方に圧迫されるため、顎を自由に動かすことができなくなるので、顎への負担が増してしまい、顎関節症などの原因になってしまうこともあります。

空隙歯列(すきっ歯)

生まれつき顎の大きさに比べて歯が小さかったり、生えてくる永久歯の数が少ないことが原因で、歯と歯の間に隙間ができてしまっている状態のことをいい、「すきっ歯」とも呼ばれます。他の原因として、指しゃぶりや舌で前歯を押す癖がある場合や、歯周病によって歯を支えている歯槽骨が溶かされてしまい、歯の動揺が起こることが挙げられます。空隙歯列を放置すると、歯と歯の間に食べカスが詰まりやすくなり、歯ブラシも届きづらいので、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。また、歯の隙間から空気が漏れてしまうため、サ行やタ行などの発音がしづらくなります。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング