差し歯が多い人でも、歯列矯正は可能?|大分県別府市の矯正歯科

差し歯が多い人でも、歯列矯正は可能?

これから歯列矯正治療をしようと考えている方の中には、差し歯があるために矯正自体がおこなうことができるのか分からない、という方も多くいらっしゃいます。また差し歯にした後に不正咬合を整えるために、矯正をしたいという方も多いようです。差し歯があっても矯正治療をおこなうことは可能なのでしょうか。ご説明いたします。

差し歯とは

差し歯とは、急な事故や怪我、虫歯などによって歯の大部分を失ってしまい、歯の根だけが残っている状態のときに、代わりに人工歯を補填する治療のことをいいます。差し歯の治療方法は、まず歯の根の中に残っている神経を取り除き、根の先端に薬を充填しその上に歯を作っていきます。それから歯の根にコアと呼ばれる心棒を立てて、その上に人工歯を被せます。コアの素材は口腔内に入れるため、通常は保険で適応可能な詰め物などに使用される銀や銅、パラジウムなどの合金が使用されていますが、金属が体に溶け出してしまうことで金属アレルギーを引き起こす可能性もあるため、場合によっては樹脂状のファイバーコアなどの非金属の素材を使用することもあります。

差し歯は入れ歯とは違い、硬い食べ物や軟らかい食べ物を噛んだときにも食感を感じることができます。何故ならば、歯の根の周りには歯根膜というクッションのように歯が受ける衝撃を吸収して、骨に伝える感覚器官があります。この歯根膜は歯の根にコアを立て人工歯を被せた場合でも残っているため、食感を感じることができるからなのです。

差し歯が多い人でも歯列矯正は可能です

歯列矯正治療は、矯正装置をつけることで本来あるべき位置に歯を根から移動させる治療方法です。矯正治療で歯を動かす際に重要なのは、歯の周辺組織である歯根膜や骨が健康かどうかということです。歯の周辺組織が健康であれば、差し歯でも変わりなく治療することができるのです。その際、差し歯が1本だけではなく複数ある状態でも、矯正によって歯並びと噛み合わせを整えることは可能です。

差し歯の多い方の矯正治療の注意点

差し歯によってブラケットがつきにくい場合がある

ブラケット矯正治療の場合、ブラケットいう器具を専用の接着剤で歯の表面、もしくは裏側に接着するため、セラミックの人工歯の場合などは天然の歯に比べて接着力が弱いため、ブラケットがつきにくい傾向にあります。その場合は仮歯を利用したり、前歯なら差し歯に特殊な接着剤を使用することにより接着力を高めることができるといった対処も可能ですのでご安心ください。

矯正中に歯が欠けたり折れたりする場合がある

歯列矯正治療は歯に強い圧力がかかるため、差し歯の状態や種類によっては、圧力に耐えきれずに欠けてしまったり、割れてしまったりする場合もあります。その場合には、矯正治療終了後に新たな差し歯を入れることで解決できます。新しい差し歯でより良い歯並びをつくることができます。その際は、噛み合わせの調整もしっかりとおこなってもらうようにしましょう。

矯正治療の前に差し歯の撤去が必要な場合がある

隣同士の差し歯が連結されている場合や、抜けた歯の部分を挟んで複数の差し歯を橋のようにつなげるブリッジ治療をおこなっている場合には、矯正治療を始める前に連結部分を切断したり、差し歯を取り外して付け替えるといった処置が必要になる場合もあります。この場合、矯正治療後に差し歯の治療をする必要があります。

高額な費用がかかってしまう場合がある

矯正治療の際に差し歯の連結部分を切断したり、差し歯を取り外して付け替えるといった処置が必要になる場合は、再度新しい差し歯を作ることが必要な場合もあるため、その際にセラミックなどの保険適応外の素材を使用する場合は、費用が高額になってしまいます。トラブルを避けるためにも、治療をおこなう前のカウンセリングの際には、費用の面も含めてご相談いただくことをお勧めいたします。

場合によってはデンタルローンも使用できます

費用が高額になってしまうからという理由で、矯正治療をおこなうことをためらってしまう方もいらっしゃいます。その解決策の一つとして、デンタルローンがあります。近年、多くの歯科医院で利用することが出来るようになりました。分割の回数は、利用するクレジット会社や銀行によってさまざまですが、中には高額治療のため7年の84回払いでの分割もできるところもあります。デンタルローンを利用するには従来のクレジットカードと同じように審査が必要となります。お申込時の年齢が18歳または20歳以上〜70歳未満の方で、現在お仕事をしており、安定した収入のある方でしたらどなたでも申し込みをすることができます。パート・アルバイト勤務、または退職された年金生活の方でも、安定した収入のある方でしたら申し込み可能なデンタルローンもあります。デンタルローンは、歯科医院が提携している金融機関やローンの金額によっても利息や金利が変わるため、あらかじめ医院に確認しておくようにしましょう。

Doctor’s コラム

2021/2/27
ブラケット矯正とマウスピース矯正の違い
歯列矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法がありますが、矯正装置がそれぞれ異なるため、治療方法やメリット・デメリットも違います。
2021/1/13
矯正治療中に注意が必要な食べ物
一般的なブラケット矯正の場合、治療期間中は装置を外すことができないので、食事の際は注意が必要になります。
2020/12/27
侵襲性歯周炎とは??
10代や20代の若い年齢の方に発症して急速に進行して重症化すること歯周病があるのです。この歯周病を「侵襲性歯周炎」といい、別名「若年性歯周炎」とも呼ばれます。
2020/12/15
だらだらと時間をかける食事は虫歯の原因?
虫歯は、歯が虫歯菌に溶かされてしまうことで引き起こされるのですが、虫歯になる要因の一つとして、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられるのです。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング