子供の口腔習癖|大分県別府市の矯正歯科

子供の口腔習癖(指しゃぶりなど)

私たちが、無意識におこなっている癖が、歯並びや噛み合わせを悪くしてしまう原因になっていることがあります。矯正などによって歯を動かす原理は、歯に動かしたい方向に少しづつ力を加えていくことで、歯の動く性質を利用して歯を動かしているのですが、私たちが無意識におこなっている癖も、歯に少しづつ力を加えていくことになるため、歯が動く原因になるのです。特に子供の頃の悪い癖は、歯並び顎の発達に大きく影響を及ぼしてしまうために注意が必要です。このような無意識におこなっている口腔に関連した習慣行動の癖のことを口腔習癖と言います。

口腔習癖の種類

指しゃぶりや爪を噛む癖

乳児の時からの指しゃぶりを4、5歳になってもやめずにおこなっていると、少しずつ歯が動いてしまい、出っ歯や、受け口などの原因になってしまいます。そのため、保護者の方が子供に繰り返し注意をして、本人に指しゃぶりの癖をやめる意識をしっかり持たせるようにしましょう。爪を噛む癖も同様に、歯並びを悪くする原因になるためやめさせるようにしましょう。大人になってもやめていない方も多い癖なので注意してください。

舌を歯に押し当てる癖(舌癖)

舌を上下の前歯に押し当てる癖がある場合、前歯が徐々に噛み合わなくなってしまい、上下の隙間ができてしまいます。乳児は歯がないため、舌を前に出して食べ物を飲み込み込むのですが、乳歯が生えてもこの習慣が残っている場合があるため、しっかりと正しい飲み込み方ができているか確認するようにしましょう。また、舌で奥歯を押したりすることで、奥歯がグラついてしまう原因にもなります。

唇を吸ったり噛んだりする癖

上唇を吸ったり、噛んだりする癖があると、徐々に顎が前に出てしまう、受け口になってしまいます。逆に、下唇を吸ったり、噛んだりする癖がある場合、前歯が出でしまう、出っ歯になってしまいます。大人になっても直らずに見られる癖なので、しっかり意識して直すしましょう。

頬杖をつく

頬杖をつく癖があると、噛み合わせが深くなる過蓋咬合になってしまったり、顎が正しい位置からずれてしまうことで、歯並びが左右にずれてしまいます。子供の頬杖は顎の成長を抑えてしまう場合があるため、顎が成長しきれずに、骨格が小さくなってしまうことで歯の並ぶスペースが確保できず、歯並びが悪くなる危険性があるため注意が必要です。

歯ぎしり

歯ぎしりは、睡眠中にみられることが多いのですが、起きている時でも無意識に強く噛みしめているか、上下の歯を咬み合せて強く摩擦している場合があります。そのため、奥歯が磨り減ってしまい噛み合わせが悪くなってしまいます。

口腔習癖によって起こる不正咬合の矯正治療

マウスピース矯正治療

乳歯から永久歯に生え変わる時期を利用して、矯正をおこなう治療にマウスピース矯正治療があります。様々な症例に対して応用可能なことから子供の不正咬合に効果的です。取り外しが可能な器具で通常、日中30分~1時間または夜間就寝時の装着することで矯正できるため、固定式の装置などに比べると負担がかかりにくいです。マウスピースを使用することによって、鼻呼吸や正しく食べ物を飲み込むことができるようになるため、舌の位置やその機能も改善していきます。

床矯正

歯の内側にプレート状の器具を付け、顎の成長を利用して顎を広げ、上下の顎のバランスの取れた状態で成長を促す矯正方法です。顎を広げることで歯の並ぶスペースを確保することができます。床矯正装置は、1日に一定の時間付けていただくことで顎骨の成長に合わせて歯並びを良くしていくことが可能です。

ブラケット矯正

歯にブラケットという器具を装着し、ワイヤーで歯列を矯正する矯正方法です。大人の一般的な矯正法でもあります。多くの不正咬合の症例に適応できる矯正方法です。

MFT(口腔筋機能療法)

MFTとは、食べる、飲み込む、発音する、呼吸する、舌の位置や唇の位置などが口腔習癖によってうまく出来なくなった時の改善を、各種トレーニング法をおこなうことで口腔内や口腔周囲の筋肉のバランスを整える療法です。MFTをおこなうことで正しく筋肉が機能するようになり、不正咬合の原因となる舌癖の改善や予防、口呼吸の改善などをおこなうことができます。しかし、長年にわたってついた口腔習癖は、状態によっては2~3年以上かかることがあります。

口腔習癖をやめさせる最適な時期

子供には、不正咬合になってしまう様々な口腔習癖があります。しかし、これらは緊張やストレスを解消するためにおこなっているなどの良い理由もあるため、すぐにやめさせないといけないということも一概には言えません。そのため、かかりつけの矯正歯科医院の医師と相談しながら、改善していくことをお勧めいたします。3歳を超えてもなお、口腔習癖が残っている場合は、不正咬合に将来的に繋がる可能性が高くなるため、癖を直すようにしていきましょう。

また、口腔習癖には心の問題などが原因であることも多いため、保護者の方がそのサインを見落とないように注意してあげることもとても大切です。家族の協力が、子供の歯を将来的に健康でキレイな歯並びにするといえるのです。

Doctor’s コラム

2020/7/29
虫歯が痛くなくなった場合は要注意
基本的に虫歯は初期の虫歯の状態を除いて自然に治ることはありません。反対に虫歯が痛くなくなった場合は、虫歯がさらに悪化しているということなので注意が必要です。
2020/7/25
予防歯科の重要性
近年、歯科治療に対して、これまでの「虫歯や歯周病になってから歯科医院で治療する」という考え方ではなく、「虫歯や歯周病にならないように予防する」という「予防歯科」の考え方が重要視されています
2020/7/2
災害時には口内ケアが重要です
災害時の口腔ケアは命を守るためのケアの一つであり、とても重要です。断水などによって水不足になると、後回しにされがちになってしまいます。
2020/6/30
ホワイトニングとクリーニングの違い
近年、歯の美しさへの意識が高くなってきたこともあり、歯を白くする「ホワイトニング」をおこなう方が多くなっています。その際、「歯のクリーニング」と混同してしまう方も少なくありません。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング