出っ歯について|大分県別府市の矯正歯科

上顎前突(出っ歯)の症状と治療法

上顎前突とは、上の前歯が前方に大きく突出している、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる不正咬合です。前歯が噛み合わないことで正常な咀嚼が困難になってしまったり、急な事故や激しいスポーツなどで衝突や転倒を起こした際に、前歯を損傷してしまう可能性も高く、さらに重度の上顎前突は顔の印象の影響も大きいことから、見た目をコンプレックスに感じてしまう方も多いです。

出っ歯

上顎前突の原因

遺伝によるもの

生まれつき上顎の骨が大きすぎる場合や、下顎の骨が小さすぎるといった、上下の顎の骨のバランスが悪いことが原因で上顎前突になることがあります。また、歯の大きさのバランスも関係しており、生まれつき上の前歯が通常よりも大きい場合も上顎前突になることが多いです。

口腔習癖や口呼吸

幼少期の指しゃぶりの癖や、舌を前に突き出す舌癖などが長期間続くことで、徐々に上の前歯が前方へと傾いてしまい、上顎前突を引き起こしてしまう場合があります。また、口呼吸の癖がある場合も、顎が開いたままで舌が正しい位置に収まらなくなり、口腔周囲筋のバランスが乱れてしまうため、上顎前突になるケースもあります。

上顎前突が引き起こす悪影響

出っ歯が引き起こす悪影響

虫歯や歯周病

上顎前突は、口をうまく閉じることができない場合が多く、口が開きがちになってしまうことで口腔内が乾燥してしまい、唾液の分泌量が減ってしまいます。唾液は自浄作用や殺菌作用、中和作用や再石灰化作用などの様々な働きを担っているのですが、分泌量が少なくなるとこれらの作用が効果的に発揮できなくなり、口腔内に細菌が繁殖したり、虫歯の原因菌であるミュータンス菌が出す酸によって歯のエナメル質が溶かされてしまうので、虫歯のリスクが高くなってしまいます。さらに、口腔内が不衛生になることで、歯周病菌に歯茎が感染する歯周病に罹患するリスクも高くなります。

歯牙破折

正常な歯並びに比べて、上の前歯が前方に大きく突出している上顎前突は、衝突や転倒などの外部からの衝撃によって前歯が破折してしまうリスクが高くなってしまいます。破折した場合、状態にもよりますが神経を取り除かなければならないケースや、抜歯の処置が必要になってしまう危険性もあります。

見た目のコンプレックス

上顎前突は、見た目の問題からコンプレックスを感じてしまう方も少なくありません。そのため、歯を見せて笑うことに抵抗を感じたり、話す際に手で口元を隠してしまうようになることもあります。また、精神的なストレスを感じてしまう場合もあります。

ドライマウス

前歯が前方に大きく突出してしまうことで唇が閉じづらくなるため、唾液の分泌量が減り、口腔内が継続的に乾燥状態になってしまうと、ドライマウスを引き起こしてしまう場合があります。

上顎前突の治療法

歯科矯正治療

歯列矯正治療

上顎前突の治療法として、歯列矯正治療をおこなうことで前歯を正しい位置に整えることが可能です。矯正治療方法は、主にブラケット矯正とマウスピース矯正による治療をおこないますが、前歯を引っ込めるための十分なスペースがない場合は、抜歯の処置をおこないスペースを確保してから装置を装着して歯を動かしていくケースもあります。

矯正地長の種類

矯正治療の中でも、ブラケットを歯の裏側に装着する「舌側矯正」は、上顎前突を効率よく移動させることができます。一般的なブラケット矯正の場合、前歯を後方に動かしていく際に動きにくい奥歯を固定源とするのですが、逆に奥歯が引っ張られて前方に傾いてしまう可能性もあります。しかし舌側矯正の場合は、装置を裏側に装着することで奥歯が前方に動きにくくなるので、前歯をしっかりと引っ込めることができるのです。 他にも、スクリュータイプのインプラントを歯茎に埋入して、支点として前歯を引っ張ることで歯列を大きく移動させる、インプラント矯正という治療法もあります。インプラント矯正は、埋入したインプラントを固定源にすることで奥歯を後方に動かすことができるので、抜歯が必要な矯正治療でも非抜歯での治療がおこなえる可能性があります。

新港イトセ歯科のインプラントサイト

外科手術による治療

上顎前突の原因が骨格異常の場合は、歯列矯正治療をおこなっても根本的な原因の解決ができないため、外科手術での治療をおこなうケースがあります。手術によって顎の骨を切って顎の位置を修正することにより、上顎前突を改善することを目的としておこないます。この場合、外科手術を伴うことで身体的負担が大きくなってしまいますし、保険適用外治療となることから、経済的負担も大きくなってしまいます。ただし、厚生労働大臣が定める疾患に起因する場合は、特定の条件を満たすことができれば保険適用での治療をおこなうことができるケースもあります。

Doctor’s コラム

2021/6/4
上顎前突(出っ歯)の症状と治療法
上顎前突とは、上の前歯が前方に大きく突出している、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる不正咬合です。重度の上顎前突は顔の印象の影響も大きいことから、見た目をコンプレックスに感じてしまう方も多いです。
2021/5/29
妊娠中に歯列矯正治療はできる?
歯列矯正治療を開始した後に、妊娠が判明する場合があります。この場合、妊娠中でも矯正治療をそのまま継続して良いのかどうか分からない方も多いかと思います。そんなお悩みにお答えします。
2021/5/8
虫歯があっても矯正治療はできる?
歯列矯正治療は、不正咬合や悪い噛み合わせを矯正装置によって動かすことで正しい位置に整える治療法ですが、悪い歯並びや噛み合わせは虫歯のリスクが高くなるため、治療前に虫歯がある方も少なくありません。
2021/4/28
歯石取りの重要性
食後の歯磨きなどのお手入れが十分でない場合、口腔内が不衛生になり、歯の表面に細菌の塊である歯垢(プラーク)が付着してしまいます。歯垢は粘着性が強いため、うがいをするだけでは取り除くことができません。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング