矯正歯科治療の種類|大分県別府市の新港イトセ歯科

矯正治療の種類

歯並びがデコボコしていたり、前歯が大きく前に傾いている出っ歯といった不正咬合を、正しい位置に整える治療方法として、歯列矯正治療があります。歯列矯正治療には大きく分けて「ブラケット矯正治療」と「マウスピース型矯正治療」があり、症状や患者さんの希望によって選択することができます。

症例別の治療説明

ブラケット矯正治療

唇側矯正(表側矯正)

ブラケット矯正治療は、ブラケットという装置を歯の表面に装着し、ワイヤーを通して引っ張ることで、少しずつ力を加えながら歯を動かしていく治療法で、ブラケットを歯の表側に装着する「唇側矯正」が一般的です。唇側矯正は、症例や装置の種類が豊富にあり、患者さんの経済的負担も抑えることができる治療法です。しかし、金属の装置が目立ってしまうため、矯正治療をしていることが周囲に知られてしまうので、接客業や営業職などの人前に出る機会が多い方にはデメリットになってしまう場合があります。その場合は、ブラケットを目立たない透明なセラミックなどの素材にし、ワイヤーも白色のものを使用することで、従来のものと比較して目立たなくすることが可能です。ただし、金属のブラケットよりも費用はやや高額になってしまいます。

唇側矯正について詳しくこちら

舌側矯正(リンガル矯正)

歯の裏側にブラケットを装着する矯正方法で、装置が歯の裏側にあるため表からは見えないので、周囲に治療をしていることが気付かれにくいです。ブラケット矯正治療は、装置と歯の間などに食べ物が挟まってしまいやすいため、丁寧にケアをしないと虫歯のリスクが高くなってしまいます。舌側矯正は歯の裏側に装置があるため、ブラッシングがしづらく虫歯になりやすいと思われがちですが、歯の裏側はエナメル質が表側より約3倍厚く、殺菌作用のある唾液が常に循環しているため、虫歯になりにくいのです。しかし、装置が舌に当たってしまうため、慣れるまで多少の違和感があったり、発音がしにくくなったりする可能性があります。

当院では、従来の舌側矯正装置のブラケットよりも、薄くて小さな形態のものを使用しているため、装置による発音のしづらさなどが軽減され、さらにブラッシングがしやすくなることで、口腔内を清潔に保ちやすくなっています。また、舌触りも改善されており、ワイヤーの弱い力を持続的に作用させることで、痛みをほとんど感じることがありませんし、効率よく歯を移動できるため、治療期間を短縮することができます。

舌側矯正について詳しくこちら

マウスピース型矯正治療

透明なマウスピース型の装置を歯に装着して、定期的に動いた歯に合わせて新しいマウスピースと交換していくことで、徐々に歯を整えていく治療法です。マウスピース型矯正治療は、装置が透明で歯にフィットしているため、目立ちにくく、周囲に矯正治療をしていることが気付かれにくいです。また、ご自身で取り外すことができるため、食事や歯磨きの際に取り外すことで、普段と通りにおこなうことが可能です。さらに、装置による違和感や痛み、発音のしにくさが少ないこと、一般的なブラケット治療と違い装置に金属を使用しないため、金属アレルギーを引き起こすこと心配がないことが特徴です。しかし、指定された装着時間を守らなければ歯が動かないため、治療の結果にも影響が及びます。

インビザライン

近年、マウスピース型矯正治療の中でも「インビザライン」は、多くの方が治療をおこなっている、普及率のとても高い治療方法です。インビザラインは、10日から2週間ごとに「アライナー」というマウスピースを交換していくことで歯を動かしていきます。

その際、従来のマウスピース型矯正治療は、新しいマウスピースに交換するごとに印象材を用いて歯型取りをする必要があるのですが、インビザラインは専用の口腔内スキャナー「iTero element」を使用することで、快適で精密な口腔内のデータを得ることができ、一度の歯型取りで治療が終わるまでの全てのアライナーを作製することができます。また、「クリンチェック」というシミュレーションソフトを使用することで、口腔内スキャンやCT、X線撮影による精密検査によるデータや画像を基に、治療開始から終了までの歯の動く過程や治療後の歯並びを、3Dデジタルシミュレーションで確認することができます。その際、患者さんも一緒に確認できるため、納得した治療計画を立てることができるのです。これらは、他のマウスピース型矯正治療と大きく違うメリットであるといえます。しかし、治療計画通りに歯を動かすためには1日20時間以上の装着が必要であるため、外している時間が長かったり、着け外しを繰り返してしまい装着時間が20時間を下回ってしまった場合、計画通りに歯が動かないだけでなく、装置が歯に入らなくなってしまい治療が失敗してしまうこともあるため、必ず装着時間を守るようにしましょう。他にも、場合によっては、歯の移動に伴い何度かスキャンをおこなう必要があります。

インビザラインについて詳しくはこちら

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング