目立ちにくい歯列矯正治療|大分県別府市の矯正歯科

目立ちにくい歯列矯正治療とは

歯並びが悪いため歯列矯正治療を受けたいけれど、装置が目立ってしまうことが原因で治療に踏み切れない方も多くいらっしゃいます。一般的な歯列矯正治療であるブラケット矯正(唇側矯正)は、金属製のブラケットという装置を歯の表側に装着し、ワイヤーを通して歯を引っ張ることで歯を動かしていく治療法ですが、どうしても金属製の装置が目立ってしまうので、周囲に矯正治療をしていることが知られてしまいます。そのため、接客業や営業職などの人前に出る機会が多い職業の方には、仕事に影響する可能性もあります。しかし、その場合に目立ちにくい矯正装置を使用した治療をおこなうことで、周囲に矯正治療をしていることが気づかれにくくなるため、口元を気にすることなく歯列を整えることができるのです。

セラミックを使用した唇側矯正(表側矯正)

セラミックを使用した唇側矯正(表側矯正)

一般的なブラケット矯正である唇側矯正の場合でも、セラミック製のブラケットを使用し、さらに金属のワイヤーの表面を白色でコーティングした装置を使用することで、目立ちにくい矯正治療をおこなうことが可能です。しかし、金属の装置を使用したものに比べて費用が高額になってしまいます。

表側矯正について

舌側矯正(リンガル矯正)

舌側矯正とは、ブラケットを歯の裏側に装着する矯正治療方法です。矯正装置が裏側にあるため、表からは装置が見えにくいので、周囲に矯正治療中と気付かれることなく治療をおこなうことができます。

舌側矯正のその他のメリットとして、矯正治療では歯を並べるスペースを作るために抜歯をおこない、そのスペースの分だけ前歯を後ろに移動させるという方法を取ることがあります。その際、一般的なブラケット矯正は、動きにくい奥歯を固定源として歯を引っ張るのですが、逆に奥歯が引っ張られて前に移動してしまうことがあります。しかし、舌側矯正は装置が固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をきちんと後ろに移動させることができ、前歯が引っ込みやすくなります。そのため、出っ歯の矯正治療をおこなう場合には、効果的に歯を動かすことができます。また、出っ歯などの不正咬合の方によく見られる癖として、舌で前歯を押す「舌癖」があります。この癖を放置しておくと、矯正治療で整った前歯が元の位置に後戻りしてしまうことがあるのですが、矯正装置が舌側にあることで舌癖の防止の役割も果たし、矯正治療後の後戻りを防ぐ効果もあります。

反対に、舌側矯正のデメリットとして、唇側矯正よりも費用が高額になってしまう点や、会話をする時に舌が装置に当たってしまい発音しにくい点、歯磨きがしづらいなどが挙げられますが、会話においては、現在の装置は以前より小さく丸みを帯びており、ほとんどの方が1週間〜2週間程度で慣れます。歯磨きの際は装置が見えないため、より丁寧に時間をかけて歯磨きをおこなうことが大切です。

舌側矯正について

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正は、ブラケットを上の歯列だけ舌側矯正にして、下の歯列は唇側矯正にする矯正治療方法です。下の歯列は表側に装置がついているので、舌が引っかからずに発音しやすいというメリットがあります。また、全ての歯列を舌側矯正にするよりも費用を抑えられるというメリットもあります。 デメリットとしては、唇側矯正と比べると治療期間が長くかかってしまう場合があり、さらに費用も高額になってしまいます。

マウスピース矯正

透明なマウスピース型の矯正装置を歯に装着して、定期的に動いた歯に合わせて新しいマウスピースに交換することで徐々に歯を動かしていく矯正治療方法です。透明なマウスピースが歯にフィットするため、装置が目立ちにくく、装置を自由に取り外すことができるので、食事や歯磨きの際に取り外すことで普段と同じようにおこなえることは、マウスピース矯正の大きなメリットです。また、ブラケット矯正と比べると、装着時の違和感や痛みが少ないこともメリットといえます。さらに、金属を使用しないので、金属アレルギーの心配もありません。 マウスピース矯正のデメリットとして、歯を計画通りに動かすためには、マウスピースを決められた時間装着する必要があり、装着時間を守らないと計画通りに歯が動かないだけでなく、装置が歯に入らなくなる場合もあります。

インビザラインとは

マウスピース矯正の中でも、近年多くの方が「インビザライン」による矯正治療をおこなっています。インビザラインは治療前に専用の口腔内スキャナー「iTero element」を使用することで、デジタル化した口腔内データを得ることができます。さらに、このデータとともにCT、X線撮影で得た画像を基にして、「クリンチェック」というコンピューターソフトを使用したコンピューターシミュレーションをおこなうことで、治療開始から終了までの歯の動く過程や、治療後の歯並びを事前に確認することが可能です。事前のシミュレーションは、患者さんも一緒に確認することができるため、より正確な治療計画を立案することができるのです。また、治療計画を基に作製した「アライナー」と呼ばれるマウスピースも、治療前に全て作製することが可能なので、歯形取りも治療前の1回で済みます。インビザラインは、1日20時間以上の装置の装着が必要で、アライナーを1〜2週間ごとに新しいものと交換していくことで歯を整えていきます。

インビザラインについて詳しく

Doctor’s コラム

2020/11/30
矯正治療における痛みの原因
矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法があり、症状や装置によって痛みの度合いが変わります。
2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング