金属アレルギーでも歯列矯正できる?|大分県別府市の矯正歯科

金属アレルギーでも歯列矯正できる?

金属アレルギーとは

過去に、金属製のネックレスなどのアクセサリーを身につけた際に、身につけている箇所が赤く腫れたり炎症を起こしたりする、「金属アレルギー」を引き起こしたことがある方は多くいらっしゃるかと思います。そもそも金属アレルギーとは、金属が身体に触れていることで、汗や唾液などで体内に金属のイオンが溶け出してしまい、それを異物と判断されることで体が腫れや炎症などを起こす症状のことをいいます。 金属イオンは体内に溶け出すことで、タンパク質と結合します。体はそれをウイルスなどと同じような異物と判断してしまい、体を守るために抗体が過剰に反応してアレルギー症状を起こしてしまうのです。口腔内でも、口内炎や舌炎、歯肉炎などの金属アレルギーの症状が出ることもあります。

歯科治療では金属を使用することがあるため、金属アレルギーを起こしてしまう危険性もあります。ですので、金属アレルギーの方は治療前に医師に伝えておくことが必要です。もしも金属アレルギーかどうか不安な方は、皮膚科や総合病院、一部の歯科医院でパッチテストを受けることが出来ます。パッチテストを受けることで、金属アレルギーかどうかが分かるので、事前に受けていただくことをお勧めいたします。

金属アレルギーでも歯列矯正できる?

矯正歯科治療の治療法は、一般的に歯の表か裏にブラケットという金属の器具を装着して、金属のワイヤーを通して歯を引っ張ることで歯を動かしていくマルチブラケット矯正治療と、透明なマウスピースを歯に装着して定期的に動いていく歯に合わせて新しいマウスピースに交換していくことで、徐々に歯を動かしていくマウスピース矯正に大きく分かれます。マルチブラケット矯正治療はメリットとして、どんな歯列にも適応する矯正力と、精度の高い歯の動きが期待できる点があるのですが、金属の器具を使用するため、金属アレルギーの方は注意が必要です。その際、金属アレルギーの方のためのマルチブラケット矯正装置もあります。

ブラケットにセラミックや硬質プラスチックなどを使用し、ワイヤーもバイオメタルワイヤーというニッケルやクロムといった金属を含まない素材を使った矯正装置です。費用は金属のものよりも高額になってしまいますが、器具が目立ちにくく、金属の器具よりも口腔内を傷つけるリスクも低くなるため、近年では、使用する方も多くいらっしゃいます。 ですが、矯正治療の中でも最も安心して使用できるのは、やはりマウスピース矯正だといえます。プラスチック製のマウスピースによる矯正方法で矯正治療をおこなえば、金属を使わずに矯正することが可能なため、重度の金属アレルギーの方でも矯正治療をおこなうことが可能です。その中でも、近年インビザライン矯正治療が多くの方に選ばれています。

インビザラインとは

インビザラインはマウスピース矯正の中でも普及率の高い治療法で、1997年、歯科矯正需要が非常に高いアメリカで誕生してから、現在90か国以上の国々で導入されており、全世界で400万人以上が治療をおこなっている治療方法で、インビザラインに関する研究は現在でも進んでいます。

インビザラインは、クリンチェックという術前のシミュレーションによって、治療開始から終了までの歯の動きを、治療前に3D画像で確認することができます。そのため、治療開始時におおよその治療期間を予測することができるので、患者さんの予定も立てやすくなります。クリンチェック後、3Dデータを元にオーダーメイドでマウスピースを設計します。アメリカの工場で専門技工士が、設計と治療計画に基づいてインビザライン治療の全過程のマウスピースを一度に製造します。 インビザラインの使用方法は、1日20時間以上装着することで歯を整えていきます。そして1週間ごとに新たなマウスピースに交換していくことで、徐々に歯を動かしていき歯並びをキレイにしていきます。

また、インビザラインはマウスピース型矯正装置であるため、取り外しが自由にできるので、食事の際や歯磨きの際は取り外すことで、今まで通りに食事を楽しめたり、歯磨きをおこなうことができます。さらに歯間ブラシ、デンタルフロスも使用することも可能です。また、インビザラインのマウスピースはご自身でのお手入れも可能です。流水で汚れを落とし専用の洗浄剤で殺菌できるため、衛生面においても安心してご使用いただけます。ただし取り外しが可能なため、ついつい長時間外してしまったり、外し癖がついたりする場合があります。その場合、マウスピースが歯に合わなくなってしまい、治療が計画通りに進まなくなることがありますので注意しましょう。

インビザラインには、年間の症例数に応じてランクが設定されています。当院はこのランクのダイヤモンドプロバイダーを獲得しております。2019年5月の時点で、九州でダイヤモンドステータスの医院は当院のみが認定されております。全国では、およそ20件ほど歯科医院が認定されているといわれています。

インビザライン、ブラックダイヤモンドドクターについて>>

Doctor’s コラム

2019/8/18
歯列矯正と不定愁訴の関係
不定愁訴とは、頭痛や体がだるいといった場合に、一般的に病院などで検査をおこなっても、特定の発症原因が分からず病名も特定できないような身体の起こる不調のことをいいますが、歯列矯正との関係はあるのでしょうか。
2019/8/15
インビザラインのメリット2
装着の違和感が少なく会話もしやすいインビザラインは矯正治療において様々な特徴があるのでご紹介いたします。
2019/8/12
インビザラインのメリット1
インビザラインは、マウスピース矯正治療の中で普及率の高い治療方法です。そんなインビザラインですが、矯正治療において様々なメリットがあります。
2019/8/10
矯正器具による口内炎の対処法は?
矯正歯科治療を受けている人の多くの悩みの一つとして、矯正器具が口の粘膜にあたってしまうことが原因として起こる口内炎があります。治療法や予防法などと共にご説明いたします。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング