舌に関する疾患|大分県別府市の矯正歯科

矯正治療中の歯のクリーニングは必要か

矯正治療中の歯のクリーニング

歯列矯正治療には、主に唇側矯正や舌側矯正などの「ブラケット矯正」と、インビザラインなどの「マウスピース型矯正」があり、装置を歯に装着することで歯を正しい位置に整えていく治療方法です。ブラケット矯正の場合、装置の取り外しができないため、ブラケットと歯の間などに食べカスなどの汚れが残りやすく、さらに歯ブラシが届きづらい箇所ができてしまうため、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。

それに対して、ご自身で取り外すことができるマウスピース型矯正のインビザラインの場合、食事や歯磨きの際に取り外すことで普段と変わらずにおこなうことができます。ですが、ご自身でおこなうセルフケアだけでは、口腔内の汚れをすべて取り除くことはできないため、虫歯や歯周病のリスクはあります。インビザラインは、場合によってはアタッチメントなどを歯面に装着することがあり、その周辺に汚れや着色が付きやすくなります。特に、歯茎や歯と歯の間に歯石が付着してしまうと、マウスピースが合わなくなってしまうこともあります。その場合、歯科医院で定期的に歯のクリーニングをおこなうことで、虫歯や歯周病のリスクを減らすことができるため、矯正治療中に歯科医院での定期的な歯のクリーニングをおこなうことは重要なのです。

歯のクリーニングの頻度

歯のクリーニングの頻度は、患者さんの口腔内の状態によって異なります。毎日のセルフケアが適切におこなわれており、しっかりと汚れを取り除いていれば3ヶ月に1度などの頻度でも良い場合もありますが、口腔内の状態が悪いと、2ヶ月に1度や月に1度といった頻度でクリーニングが必要になることもあります。また、医院によっては矯正装置の調整の際に、歯のクリーニングをおこなう場合もあるため、クリーニングの頻度は歯科医師に相談をして、指示に従っておこなうようにしましょう。

矯正中にクリーニングをするメリット

虫歯や歯周病を予防する

矯正治療中に歯のクリーニングをおこなうことの最も大きなメリットは、虫歯や歯周病のリスクが低くなることです。ご自身の歯磨きなどのセルフケアでは、矯正器具があるため歯ブラシが届かない箇所が多くなってしまいますが、歯科医院でのクリーニングによってキレイに除去することができます。矯正治療の中でも、ブラケット矯正は歯が動いていく際に、どうしても痛みや違和感を感じてしまうので、それを和らげようとして普段のブラッシングよりも手を抜いてしまいがちです。そのため、しっかりと汚れを取り除くことができずに、虫歯や歯周病になりやすい環境を作ってしまうのです。口腔内を清潔な状態に保つためにも、歯科医院での歯のクリーニングは大切です。

色素沈着を防ぐ

ブラケット矯正治療中は、ホワイトニングをおこなうことができません。そのため、食べ物や飲み物による着色汚れ(ステイン)によって、歯の表面が色素沈着してしまいますが、定期的に歯科医院で歯のクリーニングをおこなうことで、着色汚れも取り除くことができます。

歯の質を強くする

歯のクリーニングの際にフッ素塗布をおこなうことで、食事などによって歯の表面のエナメル質が溶けだすのを防ぎ、さらに歯質を強くするため、虫歯になりにくいという効果が期待できます。

口臭の予防

ブラケット矯正は、装置と歯の間などに食べカスや歯垢などが溜まりやすく、口臭が強くなる場合があります。また、インビザラインも1日20時間以上装置が歯列全体を覆っているので、唾液が循環されない環境下にあることから、口臭が以前より気になってしまうことがあります。その際、歯科医院の歯のクリーニングでご自身では取り除くことができない口腔内の汚れをキレイに取り除くことで、口臭を抑えることができます。

口腔内の異変に気付きやすい

矯正装置の調整の際には、口腔内に異常がないかを確認するのですが、歯の隅々までクリーニングをおこなうことで、歯の細かい部分まで確認しやすくなります。それによって、初期の段階の虫歯や歯周病を発見できることもあり、早い段階で治療をおこなうことで治療も簡単に済みます。

矯正治療中の歯科医院での歯のクリーニング

歯や装置に付着した歯垢や歯石などの汚れや、食べ物などによる着色汚れは、歯科医院での歯のクリーニングでキレイに除去することができます。歯のクリーニングでは、スケーラーという器具を使用して歯石を取るスケーリングや、歯科医師や歯科衛生士が専用の機械を使用した歯のクリーニン(PMTC)によって、歯茎の中の歯石や細菌の集合体であるバイオフィルム、茶渋やヤニによる歯の着色汚れもキレイに除去することが可能です。さらに、トリートメントとフッ素塗布をおこなうことで、新しい汚れが付きにくい強い歯になるように仕上げます。 矯正治療中に、定期的な歯のクリーニングをおこなうことで、治療後はキレイに整った健康な歯で快適な毎日を過ごすことができます。

Doctor’s コラム

2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。
2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング