歯列矯正中の歯磨き|大分県別府市の矯正歯科

歯列矯正中の歯磨き

歯列矯正治療は、ブラケット矯正治療と、マウスピース矯正治療の二つに大きく分けることができますが、ブラケット矯正治療は、矯正装置を一度装着してしまうと、ご自身では取り外すことはできないため、歯磨きの際も矯正装置を付けたままおこなうことになります。また、歯と矯正装置の間には汚れがたまりやすく、矯正を始める前よりも虫歯や歯周病になりやすくなります。そのため歯の磨き方を工夫したり、磨くための道具を増やして、普段の歯磨きよりも時間をかけ、入念に磨く必要があります。初めのうちはなかなかうまく磨くことができない場合もありますが、治療が進んでいくにつれて歯並びも整ってくるため、しっかり磨き方を身に付けておくことで、装置が付いていても歯磨きが楽になります。歯列矯正中の正しい歯磨きをおこなうことで、口腔内を清潔に保つこともできるため、虫歯や歯周病予防にも繋がりますので、是非覚えるようにしましょう。

効果的な歯列矯正治療中の歯磨き

鏡を見ながら磨く

指や歯ブラシを使って、頬や唇を伸ばしたり広げたりして、歯のどの部分を磨いているのか、歯の汚れがしっかりと取れているかを確認しましょう。鏡を見ながら磨くことで、歯や装置に対する歯ブラシのあて方が分かりやすくなります。

磨く歯の順番を決める

何も考えずに好きなところを磨いていると、磨き残しがでてくる場合があるため、歯を磨く順番を決めましょう。同じ順番で磨くことで、磨き忘れや磨き残しが少なくなります。たとえば、上の歯の表側を右の奥歯から順に磨いていき、左の奥歯を磨いたら、今度はそのまま裏側を左の奥歯から順に磨いていき、右の奥歯を磨き終えたら、次は下の歯の表側を右の奥歯から上の歯と同様に磨いていく、というように磨く順番を決めると磨き残しが少なくなるのでお勧めです。

歯ブラシの持ち方は磨く場所に応じて変える

歯の汚れを効果的に落とすためには、歯ブラシの持ち方も重要です。歯ブラシの持ち方はペンのように持つ「ペングリップ」と、握り込むようにして持つ「パームグリップ」の2種類が一般的です。矯正装置を装着している歯は、パームグリップだと強く磨きすぎてしまい、装置に負担をかけてしまうことがあるため、ペングリップで力を抜いて小刻みに磨くようにしましょう。磨く場所に応じて握り方を変えることで、より効果的に歯を磨くことができるのです。

唇側矯正(歯の表側に矯正装置を装着する矯正方法)の歯の磨き方

唇側矯正の歯の磨き方は、矯正装置をつけている歯の部分は、装置を中心にして、斜め上、斜め下、正面の3方向に分けて磨きます。斜め上と斜め下を磨く際は、毛先を歯に対して45度の角度で歯ブラシをあてましょう。この時、毛先を装置に軽く押しこむようにして歯を1本ずつ磨くと効果的です。正面を磨く際は、歯ブラシを装置に対してほぼ直角に当てて、小刻みに装置の部分を磨きましょう。また装置が複雑な部分など、どうしても歯ブラシをあてにくい部分もあります。その場合は、ヘッドがコンパクトなワンタフトブラシを使用すると良いでしょう。歯と歯茎の境目にもワンタフトブラシは効果的です。歯と歯の隙間は、歯間ブラシを併用して磨くことで、汚れや歯垢(プラーク)を取り除くことができるためお勧めです。

 

舌側矯正(歯の裏側に矯正装置を装着する矯正方法)の歯の磨き方

舌側矯正は、矯正装置を歯の裏側に装着しているため、歯磨きの際に見えづらく、汚れが取れているかを確認することが困難です。そのため、舌側矯正の歯の磨く場合は、ワンタフトブラシを使って一本ずつ歯の裏側を丁寧に磨くようにしましょう。その際、歯ブラシ全体を使って磨くと、装置にあたった毛先が広がってしまい、磨きたい場所がしっかりと磨けなくなるため注意しましょう。普通の歯ブラシでも磨くことはできますが、その場合は歯ブラシの毛先部分を使い、小刻みに磨いてください。

舌側矯正は虫歯になりやすい?

矯正装置を裏側に装着する舌側矯正は、装置が見えにくく、周囲に矯正治療をしていることが気付かれにくい治療法です。しかし、唇側矯正よりも歯磨きが難しくなるため、虫歯のリスクが高くなります。ですが、歯の裏側はエナメル質の厚さが表側の約3倍ほどあり、虫歯の原因となる虫歯菌の出す酸に対しては、表側よりも強いのです。さらに、歯の裏側は常に唾液が循環しているため、乾燥しにくい環境でもあります。唾液には抗菌作用や自浄作用の効果があるため、口腔内の細菌の増殖を抑えたり、虫歯菌を洗い流す働きをします。この唾液が常に循環している歯の裏側は、表側よりも虫歯になりにくいといえるのです。とはいえ、舌側矯正は磨き残しが多くなりがちです。丁寧に歯磨きをおこない、口腔内を清潔に保つようにしましょう。

Doctor’s コラム

2020/6/1
歯周病は腫れや出血がおさまっても安心できない
歯周病は、歯茎などの歯周組織が歯周病菌に感染してしまうことによって引き起こされる炎症性疾患です。口腔内を清潔に保っていないことで、食べカスや細菌の塊である歯垢(プラーク)などの汚れが溜まってしまいます。
2020/5/22
矯正治療の抜歯と非抜歯
なぜ矯正治療において抜歯をおこなうのでしょうか。また、抜歯が必要な場合でも抜歯をせずに治療をおこなうと、どのようなリスクがあるのでしょうか。
2020/5/18
コルチコトミーとは
コルチコトミーは、歯を支えている歯槽骨の中で最も硬い部分である「皮質骨」の一部を切除して、歯が動く範囲を拡大したり、歯が動く際の抵抗を軽減することができます。
2020/5/11
インプラント矯正とは?
インプラント矯正は、短い期間で矯正できる「スピード矯正」の一つとして、近年注目が高まっている矯正治療方法です。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング