矯正中も食べやすい物とは|大分県別府市の矯正歯科

矯正中も食べやすい物とは

歯列矯正治療中は食事にも気をつけなければいけません。マウスピース矯正の場合は、取り外しが可能なため、普段通りの食事をおこなうことが出来ますが、ブラケット矯正の場合は食べ物によっては、歯が痛んでしまったり、矯正装置が壊れてしまう場合もあるため注意が必要です。特にワイヤーを調整した直後などは、何もしていなくても歯が痛むことがあるため、食事の際は痛みが増すかもしれません。なるべく歯の痛みを軽減するためにも、食べやすい物を食べることは大切です。歯列矯正治療中の食事は痛みを伴うため、食欲がなくなってしまう方もいらっしゃいますが、食べないのは健康にもよくありません。痛みの少ない食生活を送るためにも、矯正中でも食べやすい食べ物や、食べ方を知っていただくことは大切です。

矯正中も食べやすい食べ物

おかゆ、リゾット、煮込みうどん

おかゆは柔らかいため食べやすいですし、水分量によって柔らかさを変えることもできるのでお勧めです。歯で噛みきったりする必要もないため、主食代わりになります。糖質、タンパク質、脂質をバランスよく摂取しましょう。

スムージーやスープ類

野菜や果物をミキサーで細かくしてジュースにしたスムージーは、栄養素も豊富ですし、手軽に摂取しやすいためお勧めです。また、ポタージュスープや野菜スープなどのスープ類もお勧めです。野菜も煮込まれているため、噛み砕く必要も少なく食べやすいです。主食と共に摂ることで栄養価も高くなります。

豆腐料理

豆腐は柔らかいのでお勧めです。豆腐料理は冷ややっこから麻婆豆腐などとバリエーションも豊富なので、豆腐を常備しておくことで、痛みが強くある時の食事の時などに手軽に料理できますのでとても便利です。

ハンバーグなどのひき肉を使った料理

ひき肉を使ったハンバーグは、痛みを伴うような咀嚼をする必要がないためお勧めです。外食ではなくご自身で作る場合は、水分量を調整したりして固くならないハンバーグにするようにしてみましょう。その他にも、ひき肉を使った料理はミートボールやつみれなど、バリエーションも豊富ですのでお勧めです。

卵料理

オムレツやスクランブルエッグなどの卵料理は、咀嚼が少なくても簡単に食べられるためお勧めです。卵が身近な食材ということもありますので、普段の料理に一品追加することで栄養の補完にも効果的です。

マッシュポテトやポテトサラダ

マッシュポテトやポテトサラダは、咀嚼が少なくても食べやすいためお勧めです。特にマッシュポテトは、咀嚼が必要ないペースト状なので食べやすいです。ポテトサラダで注意することは、中身の具材がきゅうりなどの少し歯ごたえがあるものは咀嚼で痛みを起こすことがあるため、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

フルーツやプリンなどのデザート類

フルーツの中でもバナナなどの柔らかいものや、プリンやヨーグルトであれば、強く咀嚼しなくても良いためお勧めです。またフルーツの缶詰は長期間の保存が可能ですし、プリンやヨーグルトなどを常備しておくと、いざという時に助かります。栄養価の高いバナナなどを朝食のメニューとすることも、健康のためにもお勧めです。

矯正中の食べ方のコツ

食べ物によっては痛みを起こすだけでなく、装置を壊してしまう危険性もあります。しかし食べ方のコツを知ることで、矯正中の食生活も苦になることも少なくなります。食べ方のコツとしては、あらかじめ食べ物を一口サイズくらいの大きさに切って、ゆっくりと少しずつ食べることです。または食べ物をすりおろすことです。そうすることで、ほとんどどんな食べ物でも食べることができます。ただし比較的硬い食べ物はなるべく避けましょう。一口サイズにしても硬いため、痛みが出たり装置を壊す可能性があります。 また、咀嚼の際はなるべく奥歯付近で噛むようにしましょう。慣れてくれば、細い麺類でも食べやすくなってきます。こまめに飲み物を飲むことで、食べカスを飲み物と一緒に洗い流すことも効果的です。

矯正装置は時間が経つと次第に慣れてくるので、食べ物も工夫次第で痛みを感じることなく食べることも可能です。食べ物の種類や食べ方などの条件はあるものの、様々な食べ物を食べることもできるようになります。しかし装置に慣れるの期間は個人差もあるため、場合によっては栄養を確保するためにサプリメントなどで補うことも効果的な場合もあります。

Doctor’s コラム

2019/11/21
舌に関する疾患
虫歯や歯周病などの病気以外にも、口腔内には様々なトラブルが起こります。その一つが舌に関する疾患です。舌が痛む場合、様々な原因が考えられます。
2019/11/16
口腔心身症とは
口腔心身症は,風邪や怪我などのように、医院で治療し、薬を服用しながら休養すれば、短期間にしっかりと治るといったような疾患ではなく、生活習慣病にも似た側面もあるため、患者さんがご自身の生活習慣や環境を改善するという努力も必要になります。
2019/11/13
口腔外科と歯科の違い
口腔外科と歯科の違いは、口腔外科は外科的処置を専門とし、顎や口腔内、顔やその周辺領域を扱う医科であり、歯科は、虫歯や歯周病などの歯の組織の治療をおこなう医科です。
2019/11/6
知覚過敏とは
知覚過敏とは、冷たい物を食べたり飲んだりした時や、歯磨きの際に歯ブラシの毛先が触れた時、風が歯にあたった時などに、歯がしみるといった歯に感じる一過性の痛みのことをいいます歯がしみる症状がある場合は、なるべく早い段階で歯科医院での診察を受けるようにしましょう。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング