歯列矯正と不定愁訴の関係|大分県別府市の矯正歯科

歯列矯正と不定愁訴の関係

不定愁訴とは

不定愁訴とは、頭痛や体がだるいといった場合に、一般的に病院などで検査をおこなっても、特定の発症原因が分からず病名も特定できないような身体の起こる不調のことをいいます。この不定愁訴の原因は様々で、特定の原因が難しいとされており、身体に不調が出る場合と気分が落ち込んでしまうというような精神面に症状が現れることもあるため、精神的なものが原因と判断し、自律神経失調症であると診断されることがあります。

さらに歯列矯正が不定愁訴と関係しているという見解もありますが、自律神経失調症も確かな発症原因がわかっているわけではありませんし、歯列矯正から起こる不定愁訴も実は顎関節症が関係しているという場合があり、さらにすべての顎関節症が不定愁訴を引き起こすというわけでもないのです。 不定愁訴は、なんとなく体に起こる不調が日常的に出てしまうため、それが生活の中の悩みやストレスになってしまうことが多いのです。

顎関節症が不定愁訴の原因?

顎関節症は不正咬合のため、顎の位置が正しい位置になかった場合に体に様々な異常があらわられることをいいます。主な症状として口を開けた際や食事の際に顎に痛みがあったり、口が大きく開かなかったり、口を開く際に顎の関節がカックンと音がなったりすることがあります。さらに頭痛や肩こり、目眩や耳鳴り、手の痺れなどの身体的な異常や、イライラしたり気持ちが落ち込んだり、眠れないなどの精神的な異常といった不定愁訴のような症状も起こる場合があります。 実際、顎関節症になってしまうと顎の筋肉や骨格のバランスが崩れるため、全身へ悪影響を起こしてしまいます。さらに顎関節の近くの頭骨や気管、頚椎なども圧迫してしまう場合もあるため、自律神経にも悪影響を与えてしまいます。それが原因で不定愁訴の症状を起こしている可能性もあるのです。

歯列矯正と不定愁訴の関係

審美的な矯正治療に注意しましょう

歯列矯正をおこなう方の多くは、不正咬合や悪い噛み合わせを正しい位置に整えることで生活の質をあげることを目的におこなっているのですが、見た目の美しさを求めた審美的な面だけの矯正治療をおこなっている方も多くいらっしゃいます。しかし審美性を優先させてしまうことは、噛み合わせよりも見た目を重視してしまう治療となってしまうため、治療中や治療後に噛み合わせが悪くなることで、体に不調が出てしまう不定愁訴を起こしてしまう場合もあるのです。そのため歯列矯正をおこなう場合、見た目の美しさだけを求めるのではなく、噛み合わせなどの歯としての本来の機能面もしっかりと両立できる治療をおこなうようにしましょう。

抜歯が不定愁訴を引き起こす?

歯の治療の際の「抜歯」をおこなうことで不定愁訴を起こしてしまう場合があります。親知らずや小臼歯を抜歯すると、抜歯によって噛み合わせが変化することで、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまう場合があります。そのため就寝時に交感神経が優位になってしまい眠れなくなったり、活動時に副交感神経が優位になることでなんだか体がだるくなったといった、顎関節症の時に起こる不定愁訴と似たが症状が起こる場合があります。また、矯正治療においても事前に抜歯が必要な場合があります。その際は、必ず正しい噛み合わせに整えることを考慮した矯正治療をおこなうことが重要です。治療前のカウンセリングで、噛み合わせについての大切さを重視している歯科医院かどうか確認するようにしましょう。

舌の位置も不定愁訴の原因?

歯並びや噛み合わせに問題がない場合、舌の位置が原因で不定愁訴が起きている場合もあります。舌の位置が悪いことで口の中に充分な空気を取り込むことができず、酸素不足なります。酸素不足になることで身体に様々な影響が出てしまうため、不定愁訴の症状が起こる場合もあるのです。そのため舌の位置を整えることが大切です。舌の位置を整えることは、歯列矯正にも役立ちます。歯科医院で舌の位置を整えるトレーニングなども指導してもらえるため、不定愁訴の改善につながることもあります。

不定愁訴が続く場合は検査を受けましょう

原因の分からない不定愁訴を内科で検査をしてもらっても原因の特定ができなかった場合は、噛み合わせや顎関節症などが原因で不定愁訴が起きている可能性があるため、歯科医院で噛み合わせや顎関節症などの問題がないか調べてもらうことも大切です。さらに歯の詰め物が原因である可能性もあります。保険治療で適応できる詰め物に銀歯があります。この銀歯は銀ではなくパラジウム合金というものであり、この銀歯の詰め物が原因で疲れやイライラ、不眠等の不定愁訴の症状が起こる場合があります。 このように不定愁訴は様々な要因によって引き起こされます。中には歯列矯正をおこなうことで不定愁訴が起き始めたという方もいらっしゃいます。しかし、必ずしも歯列矯正治療と不定愁訴が関係しているということではありません。

当院は矯正治療の際、見た目の美しさだけでなく、噛み合わせが体の健康にとって重要だと考えております。矯正治療をお考えの方で不定愁訴の不安がある方は、まずは当院のカウンセリングを受けていただき、ご説明をさせていただければ幸いです。

Doctor’s コラム

2020/11/30
矯正治療における痛みの原因
矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法があり、症状や装置によって痛みの度合いが変わります。
2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング