顎周りのバランスが崩れると顎関節症になることも|大分県の矯正歯科

顎周りのバランスが崩れると顎関節症になることも

顎関節症とは

私たちが食事をしたり、会話をしたりするときに連動して顎が動いています。顎は筋肉と関節と神経といった複雑な機能が集中しているため、顎の関節や顎周辺が何らかの原因で不調が起こってしまうと、痛みや不快感が出てしまうことがあります。このような症状を顎関節症と言います。主な症状として、物を噛むときに痛みを生じたり、口を大きく開けたり閉じたりしにくくなったり、顎の開閉時に関節部分がカックンと音がしたりすることがあります。顎関節症の症状は顎だけでなく、肩こりや頭痛、腕や指のしびれ、偏頭痛やめまい、耳鳴りといったものから、自律神経失調症といった精神的疾患も引き起こしてしまう場合があるのです。症状は軽い症状から重い症状まで、個人差が大きいのが特徴です。重い症状の場合、そのままにしてしまうと症状が進行してしまい、最悪の場合は顎が正常に機能しないなどの危険性もあります。顎関節症の症状に該当する症状がある場合は、早めに歯科医院での受診をして頂くことをお勧めいたします。

 

顎関節症の方が増えている原因

近年、顎が思い通りに動かない、食べ物が噛みづらい、顎を動かすと不快な音がするといった顎関節症の症状を訴える方が多くいらっしゃいます。時代の変化によって、柔らかい食べ物を食べることが増えてきたことで、咀嚼の回数が減ってしまい、顎が十分に発達しないため顎が小さい方が増えてきたことも、顎関節症に一つの要因であるといえます。また、顎が小さいことで歯が正しい位置に並ぶためのスペースが確保できなくなってしまうため、不正咬合になりやすくなってしまいます。不正咬合は噛み合わせを悪くするため、顎に過度の負担がかかってしまい、さらに顎周辺の骨や筋肉も過緊張を起こしてしまいます。そのため顎関節症を引き起こしてしまうのです。 過度のストレスも顎関節症の原因の一つです。情報が多様化している現代社会において、私たちは日々ストレスに晒されています。ストレスによる過度の緊張によって歯を食いしばったりすることで、顎に負担がかかったり、顎周辺の筋肉が緊張してしまい顎関節症を引き起こしてしまう場合もあるのです。

バランスよく顎を使いましょう

食事をする際に、片側だけで食べ物を噛んでしまう方も多いのですが、偏って噛み続けることで頭の軸が傾いてしまい、顎から肩に繋がる筋肉が過緊張を起こしてしまいます。それにより顎周りの左右の筋肉のバランスが悪くなってしまい、肩こりや頭痛、そして徐々に身体全体の歪みを引き起こしてしまいます。さらに顎関節症も引き起こしてしまう原因にもなるため、食事の際は意識して右側で噛んだら次は左側で噛むといったように、両側の歯をバランス良く使い、顎周りの筋肉もバランスよく使うようにしましょう。他には、奥歯か前歯のどちらかに噛む力が偏ってしまう場合も、頭の重心が変わってしまい、頚椎が歪んでしまう場合があります。それによって神経伝達障害を起こしてしまい、手足の痺れなどが起きてしまいます。 また、抜歯をした時や歯の治療の際の詰め物が取れた時などは、そのまま放置してしまうと噛みやすい方で噛んでしまう癖がついてしまいます。

それだけではなく、周囲の歯が移動したり傾いたりして噛み合わせを悪くしてしまいます。詰め物や被せ物などの補綴治療が必要な場合は噛み合わせの重要性をしっかりと理解した歯科医師の元で治療することをお勧めいたします。 その他にもうつ伏せ寝や、片頬を押し付けるように寝る癖がある場合も、顎周りのバランスが悪くなってしまうため、できるだけ仰向けで寝るように意識しましょう。また頬杖をついたりする悪い癖もバランスを悪くする原因になってしまうため、意識してやめるようにしましょう。

顎関節症の治療法

顎関節症の治療法は、噛み合わせを整えることが最も重要です。噛み合わせが悪くなってしまっている原因が不正咬合によって起きている場合は、歯列矯正治療をおこなうことで噛み合わせを整えることができます。歯が正しく噛み合うことで顎の筋肉や関節に負担がかかりにくくなるため顎関節症の改善が期待できます。 さらに顎関節症の方は、就寝時に歯ぎしりや食いしばりのくせがある場合が多いため、その場合はスプリントというマウスピースを上顎もしくは下顎に装着することで、上下の噛み合わせが均等になるように調整します。そうすることで、就寝時の歯ぎしりや食いしばりをしたときの顎の関節にかかる負担を最小限に抑えることが可能です。また顎も正しい位置に戻るため、顎周辺の筋肉の緊張もほぐれてくるため、顎関節症の症状の緩和にも繋がります。

Doctor’s コラム

2020/11/30
矯正治療における痛みの原因
矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法があり、症状や装置によって痛みの度合いが変わります。
2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング