矯正歯科治療後のメンテナンス|大分県別府市の矯正歯科

矯正歯科治療後のメンテナンスについて

矯正歯科治療とは、矯正装置を歯に装着することで歯に負荷をかけていくことで歯を動かし、少しずつ歯を正しい位置に整えていく治療のことをいいます。矯正治療をおこなうことでキレイな歯並びになったとしても、矯正治療は本当の意味では終わりではありません。歯が正しい位置に動き、矯正装置を外した後にも注意が必要です。それは、矯正治療完了後に装置を外した際、今まで歯にかかっていた負荷がなくなるため、歯が矯正前の位置に少しずつ戻ろうとする「後戻り」を起こしてしまうためです。後戻りを放置してしまうことで、徐々に元の歯並びに戻ってしまいます。長い時間や高額の費用をかけておこなった矯正治療が無駄になってしまわないためにも、矯正歯科治療は装置を外してからのメンテナンスやケアが重要となります。

後戻りを防ぐために

矯正治療後、半年から1年くらいはとても歯が動きやすい時期で歯が後戻りをしようとします。そのため、歯の後戻りを防ぐ保定期間を必要とします。一般的に保定期間は、矯正治療によって歯を動かした期間と同じくらいといわれています。その際、リテーナーと呼ばれる保定装置を歯に装着して歯の後戻りを防ぎます。リテーナーには、取り外し可能なものから歯の裏側に装着するものまで様々な種類がありますので、患者さんのご希望と口腔内の状態に合った装置を選択することも可能です。リテーナーを装着してから1年を過ぎた頃くらいから、歯の位置がだんだんと固定されていきます。

当院での定期的な経過観察を受けながら、徐々に装着時間は少なくなっていきます。保定装置の装着は、歯並びを美しく保つためには欠かせない処置です。矯正したキレイな歯並びを長続きさせるためにも、しっかり保定をおこないましょう。

医院での定期的メンテナンスを受けましょう

矯正治療によってキレイな歯並びを手に入れたのに、治療後のケアを怠ったことで虫歯や歯周病になってしまうことも多いです。虫歯や歯周病は、歯を失う原因になってしまいます。矯正治療しても歯を失ってしまっては意味がありません。ですので、保定期間が終わってからも正しい歯磨きなど、ご自身でしっかりと口腔内のケアをおこなうようにしましょう。しかし、ご自身でのセルフケアだけでは口腔内の汚れを全て取り除くことは難しいです。そのため、当院での定期的なメンテナンスを受けていただくことも重要なのです。定期的メンテナンスでは、医師による専門的な口腔内のチェックをおこなうことで適切な処置をすることができるため、虫歯や歯周病の予防につながります。

歯科医院での専門的な歯のクリーニングであるPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)をおこなうこともとても効果的です。専門的な器具を使い、歯と歯の間や歯と歯茎の間に残った歯垢や汚れ、細菌の集合体であるバイオフィルムなどを徹底的に除去することができます。病気の原因となる細菌類を取り除くことで、口腔内を清潔に保ち、トラブルも予防します。また、正しいブラッシングができていない方も多いため、正しいブラッシングの仕方を覚えることが重要です。矯正治療後は、歯並びがそれまでの歯並びと変化しているので、正しく磨くことができない場合が多いです。そのため歯科医師や歯科衛生士によるブラッシング指導を受けることで、正しいブラッシングができるため、虫歯や歯周病を予防することも可能なのです。

また、定期メンテナンスでおこなう、フッ素塗布も効果的です。フッ素には歯の再石灰化を促すだけではなく、歯そのものを強くする効果があります。定期的にフッ素を歯の表面に塗ることで、虫歯に強い歯にしていくことが可能です。また初期段階の虫歯であれば、フッ素塗布により歯を削らなくても治癒できる場合もあります。さらに、フッ素を配合したうがい液の使用も虫歯予防に効果的です。

口腔筋機能療法「MFT」

口腔筋機能療法MFT(Oral Myofunctional Therapy)とは、口の周りの筋肉の機能を高めるトレーニングのことをいいます。MFTは筋肉の機能を訓練によって改善し、正しい歯列の状態を維持するための環境作りをおこないます。口の周りの筋肉(唇、舌、頬の筋肉以外にも、咬むための筋肉や喉の筋肉など。食べたり、飲み込んだり、話したりする時に働く筋肉です。)のトレーニングに加えて、咀嚼や嚥下の訓練もおこなうことで、舌と口唇の正しい安静位を得ることができ、歯列に対する筋圧のバランスを整えます。さらに、歯並びや咬み合わせに悪影響な癖や、毎日の習慣を改善する効果があります。矯正治療と一緒におこなうことで、矯正治療にも良い結果が得られます。さらに、歯の後戻りも抑えることができます。

Doctor’s コラム

2020/11/30
矯正治療における痛みの原因
矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法があり、症状や装置によって痛みの度合いが変わります。
2020/11/25
キレイライン矯正とインビザライン矯正
透明のマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく「マウスピース型矯正」の治療法の一つで「キレイライン矯正」という言葉を目にしたり聞いたりする機会が増えてきています。
2020/11/12
下顎前突の症状と治療法
下顎前突とは、下顎が上顎より前に大きく出ている状態の歯並びのことをいい、見た目が目立ってしまうため、コンプレックスに感じている方も多い不正咬合の一種です。
2020/10/24
矯正器具(装置)のケアやメンテナンスの方法
歯列矯正は矯正装置の周辺に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすく、不衛生になってしまいがちです。適切なケアやメンテナンスが重要となってきます。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング