妊娠中に歯列矯正治療はできる?|大分県別府市の矯正歯科

妊娠中に歯列矯正治療はできる?

歯列矯正治療を開始した後に、妊娠が判明する場合があります。この場合、妊娠中でも矯正治療をそのまま継続して良いのかどうか分からない方も多いかと思います。基本的に歯列矯正治療は妊娠中でもおこなうことができますが、妊娠中は体調が日々変化しやすく、胎児への影響を考慮すると避けた方がいい処置もあるため、注意が必要になります。 歯列矯正治療に必要な処置や、治療のタイミングなどをしっかりとご理解した上で、治療をおこなうことをお勧めいたします。

妊娠中の歯科矯正

妊娠中に避けた方が良い歯列矯正治療の処置

X線(レントゲン)やCTスキャン

歯列矯正治療では、歯や顎の骨の状態を調べるために、事前にX線撮影やCTスキャンによる精密検査をおこないますが、妊娠中の胎児への影響を懸念する方もいらっしゃいます。しかし、歯列矯正治療に必要なX線やCT撮影程度であれば、胎児にはほぼ影響がないと考えられています。ただし、放射線の影響は全く無いというわけではありませんし、妊娠中は気持ちも不安定になりがちなため、撮影をすることがストレスとなってしまう場合も考えられます。些細なことでもストレスが母体や胎児へ悪影響に及ぼしかねないため、妊娠中のX線撮影やCT撮影は極力控えた方が良いでしょう。

局所麻酔

歯列矯正治療をおこなうにあたり、歯を移動するスペースを確保するために抜歯の処置が必要になることがあり、その際には局所麻酔を用いての処置となります。現在、局所麻酔には主にリドカインが使用されますが、妊娠中期に通常の歯科治療で用いる麻酔の薬量であれば、妊婦や胎児には一般的に影響は少ないとされています。他にも、血管収縮薬として添加されているエピネフリンについても同様です。しかし、抜歯後には感染予防や痛みの緩和のために抗生剤や鎮痛剤を服用する場合があるため、これらを考慮すると妊娠中の抜歯は避けたほうが良いといえます。

抗生剤や鎮痛剤

歯列矯正治療で抜歯などの外科処置をおこなう場合、抗生剤や鎮痛剤を処方してもらう場合があります。一般的に妊婦の方には、胎児に対して比較的安全であるペニシリン系やマクロライド系の抗生剤が処方されることが多く、鎮痛剤にはアセトアミノフェンが処方されます。抗生剤や鎮痛剤が胎児へ影響を与えるのは、妊娠初期と妊娠後期であるといわれているため、安定期の数週間は服用しても良いとされていますが、絶対に安全といい切れるものではないことから、薬の服用はできるだけ控えた方が良いです。また、テトラサイクリン系やニューキノロン系といった、妊娠中は禁忌とされている抗生剤もあるので、服用が必要な場合は事前に歯科医師と産婦人科の医師に相談しましょう。

妊娠中の歯列矯正治療で注意が必要なこと

妊娠中に気を付ける事

虫歯や歯周病

一般的なブラケット矯正での歯列矯正治療の場合、治療期間中は矯正装置を歯に装着していることでブラッシングがしづらく、磨き残しが増えてしまいがちです。そのため、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。また、妊娠中は特にホルモンバランスが変化しやすく、口腔内に歯周病原菌が繁殖してしまうと、妊娠性歯肉炎のリスクも高くなります。妊娠中に歯周病になってしまった場合、早期低体重児出産のリスクが7倍も高まるという報告もされていることから、妊娠中の虫歯や歯周病を防ぎ、胎児の正常な発育のためにも普段よりも丁寧に口腔ケアをおこなうことが重要です。

しかし、人によってはつわりが酷く、吐き気から歯磨きをすることが困難になる方もいらっしゃいます。その場合は、一日のうちで体調のよい時間にリラックスした状態で歯磨きをするようにしましょう。ただし、食後すぐに歯磨きをおこなうことができないと口腔内を清潔に保てないので、歯科医院での定期的な歯のクリーニングをおこなうことも大切です。

矯正装置による不快感

妊娠中につわりがある場合、矯正装置の不快感からつわりが酷くなってしまう場合があります。そのまま我慢して矯正治療を続けることは、精神的にも負担になってしまうため、矯正治療を一時的に中断して、つわりが治まる時期になってから治療を再開せざるを得ない場合もあります。他にも、装置の違和感の少ないインビザラインなどのマウスピース矯正治療を選択することで、口腔内の不快感を軽減できる場合があります。

ストレス

妊娠中はホルモンバランスが変化しやすく、精神的にも敏感になってしまうことから、ストレスを感じやすくなります。そのため、歯列矯正治療中は装置の違和感や不具合などがあればすぐに調整してもらうなど、なるべくストレスのない生活を心がけることが重要です。また、歯科医院への通院がストレスに感じるようであれば、歯列矯正治療を一時中断することもストレス軽減のためにも必要な場合もあります。妊娠中は、心身ともに負担のないように歯科医師と相談しながら治療を進めていくことが大切なのです。

Doctor’s コラム

2021/6/4
上顎前突(出っ歯)の症状と治療法
上顎前突とは、上の前歯が前方に大きく突出している、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる不正咬合です。重度の上顎前突は顔の印象の影響も大きいことから、見た目をコンプレックスに感じてしまう方も多いです。
2021/5/29
妊娠中に歯列矯正治療はできる?
歯列矯正治療を開始した後に、妊娠が判明する場合があります。この場合、妊娠中でも矯正治療をそのまま継続して良いのかどうか分からない方も多いかと思います。そんなお悩みにお答えします。
2021/5/8
虫歯があっても矯正治療はできる?
歯列矯正治療は、不正咬合や悪い噛み合わせを矯正装置によって動かすことで正しい位置に整える治療法ですが、悪い歯並びや噛み合わせは虫歯のリスクが高くなるため、治療前に虫歯がある方も少なくありません。
2021/4/28
歯石取りの重要性
食後の歯磨きなどのお手入れが十分でない場合、口腔内が不衛生になり、歯の表面に細菌の塊である歯垢(プラーク)が付着してしまいます。歯垢は粘着性が強いため、うがいをするだけでは取り除くことができません。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

 

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング