矯正歯科の費用|大分県別府市の矯正歯科

矯正歯科の費用

不正咬合(悪い歯並び)の治療方法の歯列矯正治療ですが、費用がどのくらいかかるのか分からないという方も多いかと思います。矯正治療方法は大きく分けて、ブラケット矯正治療と、マウスピース型矯正治療がありますが、ブラケット矯正治療にはブラケットという装置を歯の表側(唇側)に装着する「唇側矯正」と、歯の裏側(唇側)に装着する「舌側矯正治療」があり、装置も金属と非金属のものがあります。マウスピース型矯正治療は、目立ちにくい矯正治療方法として近年多くの方が治療を受けています。マウスピース型の装置のため取り外しが自由にできるので、食事や歯磨きも外すことで普段どおりにおこなうことができるという大きなメリットがあります。

矯正歯科の費用

一般的に矯正歯科にかかる費用は、初診のカウンセリング、検査や診断、矯正装置の費用、通院の際の検査や装置の調整料、保定期間にかかる費用があります。他にも症状によっては、インプラント矯正や、コルチコトミー矯正などをおこなう場合は、別途費用がかかります。その際に、医院によっては初診のカウンセリングが無料であったり、毎月の検査・調整料、さらに保定期間が矯正治療の費用に含まれている場合もあるため、治療前に必ず確認するようにしましょう。

矯正治療は保険適用外治療(自由診療)となるため、医院によって費用は異なります。
以下の費用はあくまでも目安の料金となります。

当院の矯正歯科治療の費用はこちらです

  • ■初診相談/ 無料〜5,000円
  • ■検査・診断 / 10,000円〜70,000円
  • ■唇側矯正
    メタル(上下メタル+銀色ワイヤー)/ 400,000円〜800,000円
    セラミック(上下セラミック+白色ワイヤー) / 500,000円〜700,000円
    デーモンクリア(セルフライゲーションタイプ)/ 700,000円〜800,000円
  • ■舌側矯正
    上下舌側 / 900,000円〜1,350,000円
    ハーフリンガル(上顎舌側下顎唇側) / 800,000円〜1,180,000円
  • ■マウスピース矯正
    アクアシステム(上下) / 500,000円〜800,000円

    インビザライン
    インビザライン・i7(上下) / 200,000円~400,000円
    インビザライン・ライト(上下) / 400,000円~600,000円
    インビザライン(上下)(成人) / 800,000円~1,000,000円
  • ■その他
    コルチコトミー / 10,000円~300,000円
    その他装置 / 0,000円~50,000円
    ミニインプラント(1本) / 10,000円~35,000円
    毎月の検査・調整料 / 無料〜10,000円
    保定期間 / 30,000円〜50,000円

矯正歯科の治療内容

初診相談(カウンセリング)

初診では、問診やカウンセリングなどをおこない、どんな問題があるかを歯科医師が把握します。また視診などで問題を洗い出し、場合によっては矯正治療の前段階の本格的な検査もおこなうこともあります。医院によっては、カウンセリングの際に口腔内スキャンやレントゲンなどでの撮影をおこない、詳しく検査する場合もあります。

検査・診断

精密検査では、レントゲン撮影をしたり、口腔内の写真撮影などをおこないます。また、模型をつくるための歯型を取ったり、外科手術やインプラント治療が伴う場合は、CT撮影をおこなう場合もあり、検査内容によって費用が異なります。また、歯列矯正の診断料は別途かかりますが、初診相談と検査・診断を同時に進めて、かつ無料という歯科医院もありますし、有料の場合でも精密検査と診断を一括している医院もあるため、事前に医師に確認するようにしましょう。

唇側矯正

矯正治療方法として、もっとも一般的な治療方法です。ブラケットにワイヤーを通して、引っ張る力を調整しながら、少しずつ歯を動かす矯正方法です。1本1本の歯を的確に動かすことができるので、様々な不正咬合の症例に幅広く対応できます。ブラケットとワイヤーを非金属の素材にすることで、目立ちにくくなりますが、費用は高額になります。

唇側矯ついて詳しくはこちら

舌側矯正(リンガル矯正)

ブラケット矯正治療方法の一つで、ブラケットが歯の裏側にあるので、表から見えにくいというメリットがあります。高い技術力を要するため、費用は通常の唇側矯正よりも高額になります。また、上の歯列だけをリンガル矯正にする、ハーフリンガル矯正もあります。

舌側矯正ついて詳しくはこちら

デーモンクリア

デーモンクリアとは、ブラケット自体がワイヤーを固定するセルフライゲーションブラケットによる矯正治療で、従来の矯正治療に比べてわずか10分の1の力で歯を動かすことができる矯正治療方法です。従来の矯正装置では、ブラケットをワイヤーに固定するためにゴムやリングなどを取り付けて、「結紮」(けっさつ)する必要がありました。これに対して、セルフライゲーションブラケットは「自己結紮」矯正装置のため、ワイヤーとブラケットにかかる摩擦力を抑えることができ、従来の矯正装置に比べて歯にかける力を抑えながら矯正することができます。さらに、治療中の痛みも少なく、短期間での治療が可能となります。

アクアシステム

マウスピース矯正治療方法の一つです。「アクアフレーム」と呼ばれるマウスピース型の透明なフレームを、動いた歯に応じて新しいものに交換していくことで歯を動かしていきます。インビザラインよりも費用を抑えることができます。

インビザライン

マウスピース矯正治療の中でも「インビザライン」は、近年多くの方が治療をおこなっている治療法です。口腔内スキャナー「iTero element」を使用して口腔内を3Dデータ化することができるため、事前の精密検査とデータを基に「クリンチェック」というシミュレーションソフトを使用することで、治療開始から終了までの歯が動いていく過程と治療後の歯並びを、コンピュータシミュレーションによって確認することができます。また、最初の歯形取りだけで、治療が終わるまでの全ての「アライナー」と呼ばれるマウスピースを作製することができます。

インビザラインついて詳しくはこちら

インビザライン・ライト

インビザライン・ライトは、部分的な箇所における軽度の不正咬合を改善するための治療方法で、矯正治療後の後戻りの治療にも効果的です。一般的なインビザライン矯正治療はインビザライン・フルと呼ばれ、製作できるアライナーの数や治療期間には制限がありませんが、インビザライン・ライトは14枚の限られたアライナーでの治療となるため、1ステージが1週間の14ステージ(治療期間約6ヶ月)程度に治療が完了する症例に限定されます。さらに治療計画の変更が出来ないという、治療に制約がかかってしまうといったデメリットはありますが、短期間で治療を終えることが可能になることや、治療費を安く抑えることが可能です。インビザライン・ライトの治療をおこなうことができるかどうかは、検査後の医師による判断が必要となります。インビザライン・ライトは、透明なマウスピースを使うため目立たないことや、治療中の痛みや違和感を軽減できること、ご自身で取り外せるということは、一般的なインビザラインのメリットと同じです。

インビザライン・i7

インビザライン・i7は、インビザライン矯正治療の中でもっとも手軽な治療法で、インビザライン・ライトよりもさらに軽い症例が対象となるため、7ステージ(治療期間約4ヶ月)以内に治療が完了する症例に限定されます。治療による歯の移動範囲も、前歯と第一小臼歯のみに限定さられますが、短期間で治療が終わることや治療費を安く抑えられることができることが大きなメリットです。

コルチコトミー

歯の土台となっている歯槽骨には、表層に特に固い層の「皮質骨」があります。この皮質骨の一部を切除することで、歯を動きやすくして矯正装置による外部からの力と、自然治癒力の作用を利用して矯正の効果を高くします。また、切除した部分のさらに下の骨に亀裂を入れ、より歯を動かしやすくする「ヘミオステオトミー・コルチコトミー法」もあります。

インプラント矯正

通常のブラケット矯正は、動きにくい奥歯を装置の固定源としてワイヤーを引っ張っているため、動かす力が強いと奥歯自体が引っ張られて動いてしまう場合があります。その際、ブラケット矯正の際に奥歯を固定源とせずに、口腔内にミニインプラントを埋入して支点として大きく歯を動かす矯正方法を、インプラント矯正といいます。強い矯正力があり、治療期間を短縮することができます。

毎月の検査・調整料

矯正治療中は定期的に通院して、矯正の経過を診てもらい、装置を調整する必要があります。毎月の検査・調整料の費用は医院によって異なりますが、最初にまとめて全ての費用を支払う場合や、治療の初期費用の総額に含まれている場合もあります。その際に、初期費用の中に通院処置費用が含まれている場合と含まれていない場合があるため、通院処置費用の有無や支払いのタイミングは、事前に医師に聞いておきましょう。

保定期間

矯正治療は、矯正装置を外してからの保定期間が重要となります。矯正装置によって動いた歯が、装置を外すことによって元の位置に戻ろうとする「後戻り」を起こしてしまうからです。そのため、矯正装置をつけていた期間と同じくらいの保定期間を要します。保定期間も、治療の初期費用の総額に含まれている場合もあるため、必ず事前に医師に聞くようにしましょう。

歯列矯正治療は医療費控除の対象になります。医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日の1年間に、ご自身や生計を共にするご家族が支払った医療費が、10万円以上(年収が200万円以下の場合は、所得の5%を超えた場合)の医療費を支払った場合に、申告することで支払った金額の一部が還付され、翌年度の住民税減額の対象となる制度です。還付金は所得の金額によって異なりますが、医療費控除の申請をおこなうことで、国からの補助を受けることができるため、経済的な負担を少しでも軽減することができるため、忘れずに申請しましょう。なお、医療費控除は過去5年前まで遡って申請することができます。

Doctor’s コラム

2020/2/18
失敗しない矯正歯科医院の選び方
歯並びが悪くて矯正治療を受けたいけれど、どの矯正歯科医院を選べばいいのか分からないと、お悩みの方も多いと思います。矯正歯科医院を選ぶ上で、目安となるポイントをご説明いたします。
2020/2/13
インプラント治療に使われるパーツ
インプラントは、基本的に「インプラント体(人工歯根)」、「アバットメント」、「人工歯(被せ物)」の三つのパーツからできています。
2020/2/6
矯正歯科の費用
不正咬合(悪い歯並び)の治療方法の歯列矯正治療ですが、費用がどのくらいかかるのか分からないという方も多いかと思います。こちらでは一般的な費用をご紹介いたします。
2020/1/31
インプラントと差し歯の違い
歯を失ってしまった場合に、歯の見た目や機能を取り戻す治療法としてインプラント治療があります。当院ではインプラント治療もおこなっております。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング