歯列矯正で改善する?歯並びと発音の関係|大分県別府市の矯正歯科

歯列矯正で改善する?歯並びと発音の関係

歯並びは見た目に大きな影響を与えます。そのため、不正咬合(悪い歯並び)の場合は見た目の印象が悪くなりがちです。さらに不正咬合は、見た目だけでなく発音にも影響を与えるのです。歯並びが悪いため、噛み合わせも悪くなってしまい、歯の隙間から息が漏れてしまうことによって、特定の発音がしづらくなってしまうのです。

発音に影響を与える不正咬合

叢生

デコボコした歯並びや、歯が重なって生える「叢生」は、上下の歯の噛み合わせが悪く隙間ができてしまうため、特定の発音がしづらくなります。

叢生の症例

出っ歯(上顎前突)

前歯が大きく前に傾いて出ている、いわゆる「出っ歯」も上下の前歯に隙間ができてしまうため、息が漏れてしまい発音に影響を与えます。

出っ歯の症例

受け口(下顎前突)

下顎が大きく前に出ている、いわゆる「受け口」も出っ歯と同様、上下の前歯に隙間ができてしまうため、発音に影響を与えます。

受け口の症例

開咬

噛んだときに、奥歯は噛み合っているのに上下の前歯が噛み合わずに開いてしまっている「開咬」も、上下の前歯に隙間ができてしまうため、発音に影響を与えます。

受け口の症例

すきっ歯(空隙歯列)

歯と歯の間に隙間ができてしまう、いわゆる「すきっ歯」も隙間から息が漏れてしまうため、特定の発音がしづらくなります。

すきっ歯の症例

発音しづらい音

不正咬合により、上下の歯の噛み合わせが悪く隙間ができてしまう際に、「サ行」の発音がしづらくなる場合があります。サ行は「歯擦音」といい、上下の歯を擦り合わせ、その隙間に息を通すことによって発音するため、上下の歯が噛み合わない状態では正確に発音することが難しいのです。サ行の他にも「タ行」、「ナ行」、「ラ行」も歯並びの影響を受けやすい音だといわれています。

さらに、日本語よりも英語の方が発音の区分けが細かいため、正確に発音ができないと言葉の意味も変わってくるので、伝えたいこともうまく伝わらないという場合も考えられます。不正咬合によって歯の隙間から空気が漏れてしまうので、特に英語の「s」と「th」の場合、前歯の間に舌を入れて発音する「th」も、ネイティブの方には正しく「th」の発音に聞こえないことがあるのです。

歯列矯正で発音は改善する?

不正咬合が原因となっている発音への悪影響を改善するためには、歯列矯正治療によって歯並びや噛み合わせを正しく整えることが大切です。歯並びや噛み合わせが整うことで、上下の歯の隙間もなくなるので、息が漏れなくなり徐々に発音が改善されていきます。また、歯のアーチが広がることによって、舌の位置がスムーズに動くようになり、滑舌も改善される場合もあります。しかし、歯列矯正治療で歯並びや噛み合わせが整えば必ず発音が良くなるかというと、一概にそうとはいえないのです。何故ならば、実際の発音は歯並びだけではなく、舌の動きとも深い関係があるからなのです。歯並びが悪い状態で発音し続けてきた結果、舌の動きに癖がついてしまっている場合があり、その場合は矯正治療をおこなっただけでは改善することはできません。そのため、矯正治療後に正しい発音の練習や、舌の動きの修正などをおこなう必要があります。

このような舌の使い方や発声の練習は、どの医院でも受けることができるというわけではなく、舌のトレーニングプログラムをおこなう専門のトレーナーがいる歯科医院などで受けることができます。

歯列矯正装置によっては発音しづらくなる?

歯列矯正治療には、主にブラケットという装置を歯の表面に装着し、ワイヤーを通して引っ張ることで歯を動かしていく「ブラケット矯正」と、マウスピース型の装置を歯に装着して、定期的に動いた歯に合わせて新しいマウスピースに交換していくことで歯を徐々に動かしていく「マウスピース矯正」がありますが、装置を歯の裏側に装着する「舌側矯正」や、マウスピース矯正は発音しづらくなる場合があります。 舌側矯正では装置が歯の裏側にあるため、治療開始からしばらくの間は舌に違和感を覚えるため、発音しづらいと感じる方が少なからずいらっしゃいます。特に、舌を上前歯の歯茎付近に付けて発音する「サ行」や「タ行」、「ラ行」の場合は、普段通りに発音ができず舌足らずな話し方になることがあります。しかし、その状態がずっと続くというわけではなく、2週間〜1ヶ月ほどでほとんどの方が装置に慣れてくるので、発音は改善されます。

マウスピース矯正の場合、舌がマウスピースに当たってしまい「タ行」の発音がしづらくなることがあります。しかし、これも舌側矯正と同様に一時的なものですので、使用していく内に改善されていきます。 矯正装置を付けた違和感は、必ずしも悪いことではありません。矯正装置があることで、舌が正しい位置や動かし方へと徐々に誘導されていくことで、舌の癖が改善されるというメリットもあるのです。

Doctor’s コラム

2020/10/14
歯周病と歯槽膿漏の違いとは
よく耳にする「歯肉炎」「歯槽膿漏」「歯周病」などの違いとは?
2020/10/03
歯列矯正で改善する?歯並びと発音の関係
不正咬合は、見た目だけでなく発音にも影響を与えるのです。歯並びが悪いため特定の発音がしづらくなってしまうのです。
2020/9/17
正しい歯の磨き方
正しい歯磨きをしないと、口腔内を不衛生にしてしまい、虫歯や歯周病のリスクを高くしてしまうだけでなく、歯や歯茎を傷つける場合もあるのです。
2020/9/3
親知らずは抜くべき?
親知らずとは、永久歯の中で一番最後に生えてくる歯です。親知らずが生えてくる時期は個人差がありますが、10代後半から20歳前後に生えるのが一般的といわれています。親知らずの影響についてご説明いたします。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング