矯正後のリテーナーの期間と種類|大分県別府市の矯正歯科

矯正後のリテーナーの期間と種類

矯正治療後に重要なリテーナーとは

歯列矯正治療であるブラケット矯正やマウスピース型矯正は、歯に装置を装着して歯を正しい位置に動かしていくのですが、装置による治療期間が終わり、矯正装置を取り外した後のしばらくの間は、歯を支えている歯槽骨が十分に安定していないため動きやすく、元の位置に戻ろうとする「後戻り」を起こしてしまいます。そのため、矯正治療後の動いた歯の後戻りを防ぐために、「リテーナー」という装置を装着する「保定期間」が必要になります。リテーナーを使用することで、矯正治療で整った歯並びや噛み合わせを維持させるため、保定期間はとても重要なのです

後戻りの原因

矯正装置を使用することによって、歯列に一定の力をかけ続けると、歯を支えている歯槽骨が骨吸収と骨形成を起こす「骨代謝」を繰り返していくことで、少しずつ歯は動いていきます。そのため、歯列矯正治療が終わった後も、しばらくの間は歯槽骨が不安定な状態になっています。さらに、歯と歯茎を繋いでいる繊維組織は変化しにくく、矯正治療前の歯の位置を記憶しているため、矯正治療によって歯の位置が変わっても、周囲組織が以前の記憶を残しているため、矯正治療で歯並びを整えても治療前の歯の位置に戻ろうとする力が働きやすくなるので、後戻りが起きてしまうのです。周囲組織に新たな正しい位置を記憶させるには時間がかかってしまうため、矯正装置を外した後はリテーナーを使用した保定期間が必要なのです。

リテーナーを使用する期間

リテーナーの使用期間は、個人差がありますが、目安として矯正治療にかかった期間と同じだけの期間がかかります。矯正装置を外した直後の歯は動きやすいため、リテーナーの装置の種類によって異なりますが、使用始めは取り外しが可能なリテーナーの場合も含め、食事以外の24時間装着する必要があります。 半年~およそ1年半が経過した頃から、徐々に「夜だけ」、「就寝時」、「2日に一度」のように装着時間を短くしていきます。最終的に医師が検診をおこない、使用をしなくても問題がないと判断された場合、リテーナーの使用が終了し、歯列矯正治療の完了となるのです。その際、個人の判断で装着時間を短縮することはやめましょう。

リテーナの種類

リテーナーには、大きく「可撤式リテーナー」と「固定式リテーナー」の2つの種類があります。

可撤式リテーナー

可撤式のリテーナーは、取り外しができることが大きな特徴です。歯の表側に沿ったワイヤーで歯を抑えながら、裏側の透明なプラスチックのプレートで歯茎を覆う「ベッグタイプ」や、後戻りがしやすい前歯のみを抑えながら裏側のプラスチックプレートで歯茎を覆う「ホーレータイプ」、透明で目立ちにくいマウスピース型の装置で歯列全体を覆う「クリアリテーナー」があります。可撤式リテーナーは、ご自身での取り外しが可能なため、食事や歯磨きの際に外すことで普段通りにおこなうことができます。さらに、お手入れがしやすいので、装置を清潔な状態に保つこともできます

固定式リテーナー

固定式タイプのリテーナーは「フィックスタイプ」とも呼ばれ、歯の裏に約0.5mmの細い針金を接着して固定するため、取り外しはできませんが保定に優れているのが特徴です。歯の裏側に針金を固定するので、正面からは装置が見えないというメリットがありますが、歯の裏側に固定されているため歯磨きがしづらく、針金の周囲に歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすいです。虫歯や歯周病にならないよう、毎日の丁寧な歯磨きなどのセルフケアはもちろんですが、歯科医院での定期的な歯のクリーニングをおこなうことが大切です。

保定期間中の注意点

リテーナーは口腔内の違和感を少なくするために、歯の裏側のプレート部分が薄く作られているので、歯磨きの際や取り外したとき、装置の洗浄の際に力を入れすぎてしまうとリテーナーが破損してしまう場合があるため注意が必要です。取り外しが可能なリテーナーの洗浄の際には、必ず専用の洗浄剤を使用するようにしましょう。洗浄時間は、目安としておよそ30分ほど洗浄剤につけてください。長くつけすぎると金属部分が溶けだしてしまう場合もあるため、破損の原因となります。

さらに、一時的に取り外した後に装着するのを忘れてしまうことがあります。取り外している時間が長くなってしまうことで、後戻りを起こしてしまったり、歯が移動してしまい、最悪の場合リテーナーが歯に合わなくなってしまうので注意して下さい。また、ガムなどの粘着性のある食べ物を食べるとリテーナーに付着してしまい取れなくなってしまう場合があるため、リテーナーの装着中は粘着性のある食べ物は控えてください。

Doctor’s コラム

2021/2/27
ブラケット矯正とマウスピース矯正の違い
歯列矯正治療には、主に「ブラケット矯正」と「マウスピース矯正」の治療方法がありますが、矯正装置がそれぞれ異なるため、治療方法やメリット・デメリットも違います。
2021/1/13
矯正治療中に注意が必要な食べ物
一般的なブラケット矯正の場合、治療期間中は装置を外すことができないので、食事の際は注意が必要になります。
2020/12/27
侵襲性歯周炎とは??
10代や20代の若い年齢の方に発症して急速に進行して重症化すること歯周病があるのです。この歯周病を「侵襲性歯周炎」といい、別名「若年性歯周炎」とも呼ばれます。
2020/12/15
だらだらと時間をかける食事は虫歯の原因?
虫歯は、歯が虫歯菌に溶かされてしまうことで引き起こされるのですが、虫歯になる要因の一つとして、だらだらと時間をかけて食事をすることが挙げられるのです。

全ての矯正歯科コラムを読む>>

  • インプラント専門サイトへ
  • 入れ歯専門サイトへ

ページトップぺ戻る

無料カウンセリング